松井 潤子 [Matsui Junko]



蒲田のスター松井千枝子の妹で明治三十九年淺草の駒形に生まる。舞臺協會を振り出しに新しい劇團にも一寸覗きキネマ熱高潮に達するや機に乗じて松竹の蒲田スタヂオに日ある。時代劇の『敵討走馬燈』を主演して好評を博し花形女優の一人となる。趣味は姉千枝子とは反對に西洋のハイカラを好む。將來活劇もので大に賣り出すと力んでゐる。

『玉麗佳集』(1928年)