04e – レンズの違いがもたらす画質の差異について

Metropolis 9.5mm Trailer Sample (Tamron50mm)
タムロン21H 50mm + 15mm接写リング F=4、0.43倍での撮影)
ランプはLED10Wで6000K、ディフューザーは光源寄り
明るさとコントラストをやや強めに加工
2019年9月14日
Metropolis 9.5mm Trailer Sample (VS-MC35)
ヴァイタル・ヴィジョン VS-MC35 35mm
(0.26x~0.65xマクロレンズ、絞りは開放固定、約0.4倍での撮影)
ランプはLED10Wで6000K、ディフューザーはフィルム寄り
2019年9月3日

カメラ及びレンズの設定についても幾つかテストをしてみました。

上の写真が9月14日のタムロン50mm+接写リングでの試写。絞りを変えたりLED電球を換えたり(6000k/3000k)しながら撮った一枚です。下は9月3日にヴァイタル・ヴィジョン社の35mmマクロレンズで撮ったもの。同一フレームではありませんが表現の個性は出ています。

【タムロン21H 50mm + 15mm接写リング(F=8)】
・シャープな画像(文字の輪郭もはっきり出ている)
・粒子感が強く、またフィルム表面のゴミや傷を拾いやすい
・これ以上絞りを開くとピントの合わない部分が出てくる。またこれ以上絞ると解像度が落ちてピンボケした感じになる

【ヴァイタル・ヴィジョンVS-MC35(F=開放)】
・ソフトな画像
・白がやや強めで、細かな陰影が飛んでいる
・ピンボケと滲み感あり(絞りは開放固定でこれ以上絞れない)

プリクラやスマホアプリの美白加工に馴れた目にはソフトなVS-MC35が綺麗に見えるかも。でもこれは8ミリ白黒の質感ですよね。モノクロ9.5ミリの細密さに忠実なのはタムロン21Hだと思います。

VS-MC35も決して悪い訳ではないので次回連続撮影~動画作成までテストをした時にもう一度比べてみます。