仏パテ社 パテ・キッド F-PB型 9.5mm映写機

児童向けトイプロジェクター(玩具映写機)の先駆けとなった映写機。後の多くのトイプロジェクターがフィルムを傷つけやすく、動作も不安定だったのに対し、パテ・キッドは最低限の部品で本格的な画面を楽しめるのが売りのひとつでした。

ハンドクランクの左上にスロットから突き出したレバーが見えています。字幕部になるとパチンとこのレバーが跳ね上がり、画面が一時停止します。指先でクランクをつまんだまま、親指の付け根あたりでレバーを下に押すとフィルムの走行が再開します。レンズもしっかりしており仏パテ社の創意が伝わってくる良い映写機です。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください