パウリーネ・ブルニウス Pauline Brunius (1881 -1954) スウェーデン

Pauline Brunius

ジョルジュ・サドゥールは『映画史』の「スウェーデン映画の衰退」でヨン・W・ブルニウスを「シェストレムとスティッレル以後の最良の映画監督」と形容していました。

Pauline Brunius 02

ヨン・W・ブルニウスの1923年作品『Kärlekens ögon』より

Pauline Brunius 01

『グンナール・ヘデ物語』より

ヨン・W・ブルニウスの妻であり、劇場の舞台監督を務めながら夫の作品によく登場していたのがパウリーネ・ブルニウスです。スティッレルの『グンナール・ヘデ物語(Gunnar Hedes saga)』(1923年)でも主人公の母親を演じ、恋愛ドラマに奥行きを与えていました。

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.