パウリーネ・ブルニウス Pauline Brunius (1881 -1954) スウェーデン

Pauline Brunius

ジョルジュ・サドゥールは『映画史』の「スウェーデン映画の衰退」でヨン・W・ブルニウスを「シェストレムとスティッレル以後の最良の映画監督」と形容していました。

Pauline Brunius 02
ヨン・W・ブルニウスの1923年作品『Kärlekens ögon』より
Pauline Brunius 01
『グンナール・ヘデ物語』より

ヨン・W・ブルニウスの妻であり、劇場の舞台監督を務めながら夫の作品によく登場していたのがパウリーネ・ブルニウスです。スティッレルの『グンナール・ヘデ物語(Gunnar Hedes saga)』(1923年)でも主人公の母親を演じ、恋愛ドラマに奥行きを与えていました。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください