歌川 八重子 (1903 – 1943)

歌川八重子01

帝国キネマを拠点としその人気は栗島すみ子と並び称されるほどだった、と紹介されています。以前から気になっていたのが代表作を挙げている文章がひとつもないこと。

筈見恒夫氏の『写真映画百年史』(昭和29年)は「主演映画は『酒中日記』『城ヶ島』『乳姉妹』『金色夜叉』『マダム・ニッポン』と百余を算したが特筆すべきものはない」と一刀両断。

戦後になっての評価が厳しいのかというと、現役時に出版されていた『裸にした映画女優』(大正14年)でも「死んでも実演はやって呉れるな」の一文が挟みこまれています。

果たして単なるアイドル女優だったのでしょうか。『酒中日記』(大正13年版)は伊藤大輔の監督デビュー作品でもありました。一度この目で確認したいものです。

[JMDb]
p0056840

[IMDb]
nm0882485

[誕生日]
8月22日

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

w

Connexion à %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.