フェボ・マリ Febo Mari (1881 – 1939) 伊

フェボ・マリの監督した『灰(セネーレ)』は評価に揺れのある作品です。主演でもある名舞台女優、エレオノーラ・ドゥーゼ自身があまり気に入っていなかったためでもあります。

『灰』はサルデーニャ島民たちの喜怒哀楽から紡ぎだされるメロドラマを中心に据えたもので、ドゥーゼだけに焦点を当てたものではありませんでした。

それでもサドゥールが書いたように「ドゥーゼが片手を挙げるだけで見ている者の心はざわめきを覚える」のであり、地中海の眩い光、風と土ぼこりの合間に浮き上がる彼女の姿が記録されただけでも感謝したくなってきます。

Febo Mari 1926 Autographed Postcard

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください