アリス・ヘシー Alice Hechy (1893 – 1973) 独

オッフェンバック未完の遺作として知られる『ホフマン物語』は奇想と呼ぶに相応しいエピソードから成り立っていて、その一つが自動人形オランピアとの恋物語を扱っていました。

1916年に同作が最初に映画化された際、自動人形オランピアを演じたのがアリス・ヘシーでした。

両手を「前にならえ」よろしくちょこんと突き出しながらパタパタ小走りでやってくるコミカルな動きはインパクトがあります。さかのぼって前年の『ピッコロ嬢』ではルビッチとも共演、ドイツ初期映画に小気味の良さをもたらしていた女優さんでした。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください