岡田 嘉子 (1902 – 1992)

Okada Yoshiko

「越境」や「亡命」、「ロシア収容所送り」、「銃殺された恋人」など、大戦を考慮しても異様な単語が並ぶ彼女の略歴。1920年代に人気を誇った日本の女優さんではもっとも壮絶な人生を送った一人です。

『椿姫』撮影時に起こした駆落ちスキャンダルで大手から締め出しを食らい、一度は松竹に拾われ小津作品(『東京の女』『東京の宿』)で輝きを放ちながら、1938年に亡命事件を引き起こしていくのです。

教養から云って芸から云って、容貌から云って日本映画界にダン然光っている存在なのだが、彼女が今の世に容れられないとは淋しい事だ。

「映画界エロ双子」、『デカメロン』1931年9月号所収

入手しできたのはモダンなボブ姿の一枚。1927年12月、『椿姫』駆落ち事件から半年後のサインのようです。

Okada Yoshiko in Tokyo no Yado (1935)
『東京の宿』(1935年)から。様々な思いやあいまいさを包みこんだ優れた作品です。

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s

Ce site utilise Akismet pour réduire les indésirables. En savoir plus sur la façon dont les données de vos commentaires sont traitées.