メアリー・サーマン Mary Thurman (1895 – 1925) 米

mary_thurman01

1920年代初頭、ロスコー・アーバックルのスキャンダルで上映禁止になった作品が幾つかありました。そのひとつが『結婚年』(Leap Year, 1921年)。アーバックル初の長編コメディで新境地を切り開く作品として期待されましたが事件の余波でお蔵入り、合衆国で正式に公開されたのは1981年でした。

Mary Thurman in Leap Year
『結婚年』(Leap Year, 1921年)より

同作でヒロインの看護婦を演じたのがメアリー・サーマン。セネットの「水着美女団」の一員としてデビューし喜劇女優としてとしてキャリアを積み重ねていきます。『結婚年』はシリアスな役柄で、持ち味の弾けた感が出ていなかったのが残念ではありました。アーバックルの醜聞がなければ現在の知名度ももっと高かった可能性はあります。

[IMDB]
nm0862197

[誕生日]
4月27日

[出身]
米国

[コンディション]
A-

[メーカー]
Evans L.A.

[サイズ]
19.0 × 24.0cm


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください