宮部 静子 (1896 – ?)

Miyabe_Shizuko

淫婦或は毒婦に扮して、毎時成功を収めてゐる。現代女優中、稀に見る智的な美を、その大寫しに見る。明治卅年東京に生る。文藝協會第二期卒業生。『本牧夜話』の彌生はその當り役である。

『世界のキネマスター』(大正14年)

舞台女優の修業を積み、文芸協会から新劇へと移ってそこで松井須磨子らと共演、当時大ヒットとなった『復活』にも出演しています。1924年に日活で女優デビューを果たし、翌年の帝国ホテルでの披露会にも参加。しかし監督との恋愛沙汰で立場を落とし1926年には同社を離れました。

こちらの絵葉書は大正14年(1925年)1月13日の日付が入っていて、翌日盛岡宛に投函されたもの。写真面にダメージが多いのですがサインにかかっていないのが幸運でした。

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.