1922 – 8ミリ 『ドクトル・マブゼ』 第3巻 (フリッツ・ラング監督)

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」 & 「8ミリ 劇映画」より

この第3巻からマブゼ博士の宿敵フォン・ヴェンク検事が新キャラクターとして登場。

ヴェンクは富裕な老人になりすまし悪党団がたむろする賭博場へ足を運びます。催眠術を使ったマブゼを現行犯逮捕しようとしますが、悪党一味は辛くも脱出、ヴェンクは返り討ちにあい危うく命を落としかけます。

タクシーに仕掛けられた催眠ガス装置やナンバープレート交換など、人目を欺くギミックが司法と悪漢とのし烈なやりとりを彩っていきます。

[タイトル]
Dr. Mabuse: Gejagt vom Staatsanwalt

[原題]
Dr. Mabuse, der Spieler – Ein Bild der Zeit

[製作年]
1922年

[IMDB]
tt0013086

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
230

[フォーマット]
ノーマル8mm 60m(無声)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください