エルンスト・ルビッチ(Ernst Lubtsch)、大正9年のサイン入り絵葉書

「国別サインリスト ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」より

Ernst_Lubitsch01-m

エルンスト・ルビッチ監督が1920年に残したと思われるサイン入りの絵葉書。時期的には『カルメン』(1918年)、『パッション』(1919年)、『寵姫ズムルン』(1920年)などコスチュームやモブシーンに贅を凝らした大作を発表、名実ともにドイツを代表する監督になっていった頃です。

Ernst Lubitsch 1920s Autographed Postcard 02

メッセージ欄を見ると様々な書きこみと消しこみがあります。1920年7月16日付の消印、アルフレート・ノエ氏宛の宛名書きが鉛筆で消されています。また「アルヒーフ・フォト(写真アーカイヴス)」というスタンプが押され、こちらはマジックで消されています。長旅を経て手元に辿りついたようです。

[IMDB]
nm0523932

[誕生日]
1月29日

[出身]
ドイツ

[コンディション]
B+

[サイズ]
13.5 × 8.5 cm


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください