ドロテア・ヴィーク Dorothea Wieck (1908 – 1986) 独/スイス

「ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」より

Dorothea Wieck Autographed Postcard
Dorothea Wieck Autographed Postcard

独ワイマール共和期の最末期に残された美しい作品の一つが『制服の処女』でした。

Dorothea Wieck in Mädchen in Uniform (1931)
1931年『制服の処女』(Mädchen in Uniform)より

全寮制の寄宿舎に入寮した少女マヌエラが新たな環境に戸惑い、おそれおののきながら、次第に他の寮生たちに受け入れられていきます。この時にマヌエラが心の支えと頼ったのが若き教師のベルンブルク(ドロテア・ヴィーク)。賑やかで、時に反抗的な少女たちの姿を繊細なタッチで描いた作品は日本でも大きな話題となりました。

[IMDB]
nm0927236

[Movie Walker]
ドロテア・ヴィーク(Dorothea Wieck)

[誕生日]
1月3日

[出身]
スイス(ダボス)

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Filma, 323


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください