1917-22 忘れじの独り花(12) マリア・ミンツェンティ Maria Minzenti / Mindzenty (1898 – 1973) 墺

フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション より

Maria Minzenti (Mindzenty) c1920 Autographed Postcard
Maria Minzenti (Mindzenty) c1920 Autographed Postcard

オーストリア出身で1920年から映画への出演を始め、当初は母国オーストリアを中心に活動(オリンピア映画社、ライト映画社)、次いで24~25年ごろからドイツに活躍の場を広げていきます。この時期にエルンスト・ライヒャー監督によるウェッブス探偵物(『ウォリントン夫人の香水』)やフランツ・オステン監督作品(『ティアガルテン公園の一軒家』)で重要な役割を演じました。

Maria Minzenti in Die Villa im Tiergarten (1927)
Maria Minzenti in Die Villa im Tiergarten (1927)

1920年代半ばには英国でも名を知られており、ヒッチコックが1925年『快楽の園』を製作時、当初のヒロイン役はマリア・ミンツェンティを予定していたそうです。

30年前後にトーキーが到来すると共に映画界を引退。その直前、1933年に公開されたハンガリー映画『バラトン湖の裁き』でヒロインを演じました。湖岸地帯の漁村での人間ドラマを扱ったもので、独特の緊張感から戦前ハンガリー映画秀作の一つに数えられています。

Maria Minzenti in Ítél a Balaton (1933)
『バラトン湖の裁き』(1933年, Ítél a Balaton)より

[IMDb]
Maria Minzenti
Maria Mindzenty

[Movie Walker]
マリア・ミンツェンティ


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください