浜口 富士子 (1909 – 1935)

「日本 [Japan]」より

Hamaguchi Fuijiko Autographed Postcard
Hamaguchi Fuijiko Autographed Postcard

美人投票に當選したのがキツカケで日活に入社、幸運と云ふべく、余りに幸運にも「蒼白きバラ」に一躍主演級に据ゑられて大カツ躍。古くは澤正一座に加はるて居り、多少の舞台度胸もあつた事とて、第一回主演に失敗もせず、續いて「一番目の女」や「摩天樓」にも現はれて、日活映畫に一脈の若さとモダーン味を加へてゐる。年も廿二歳なら、之からはしつかりした藝を見せ樣し、とまれ若手新進中では、皆から目を付けられてゐる人。

『日本映画年鑑 昭和四年昭和五年 第五年版』
(朝日出版社、1930年4月)

私が書くよりその記事の主要な部分を抜き書きしますから読んでいただきましょう。

— 富士子は九月に入って全く重態に陥った。富士子の実母がかけつけた時には、手のつけられないほどだった。もう注射と酸素吸入だけでようやく命をつないでいるだけだった。それなのに俊二はもちろん、可愛いい誠之助もいない。富士子危篤の報にようやく二十九日の朝、俊二は生母杉山ふきと誠之助を連れて病院にきた。百日目に見舞う妻は全く明日をもしれない容体なのだ。

「ホウこれならまだ大丈夫だ。それぢァまたくるよ」

と慰めの言葉一つかけるでもなくさっさと帰るのだった。無情、冷酷、富士子の母はその翌日警視庁人事相談課に出頭して泣いて訴えた。しかしそれも富士子の死は時間の問題だった。華やかなスタート、きらびやかな映画スター、彼女は夫を心から憎み、愛児の名を呼びつつ二日後哀れにも悲惨な人生の終末を告げたのでああった。

『髪と女優』 伊奈もと著(1954年)

『髪と女優』からは筆者伊奈もとさんの穏やかで人懐っこい性格が伝わってきます。それでも例外的に調子の異なった章がひとつあってそれが浜口富士子さんを扱ったものでした。「仕事の上で二、三年ばかりのおつき合い」で「二人の恋愛ざた以外これという印象はありません」と前置きしつつ、無責任な夫から見捨てられた死の様子に「深い義憤を感ぜずにはおられません」と添えてありました。

一方ではあまりにもあっけなく辿りついてしまったスターダムに安住し、肝心の芸事の修練を怠っていた慢心を批判する文章もちらほら差し挟まれています。単純な夫婦問題のもつれではなく、安易にシンデレラを量産し消費するようになっていた当時の邦画界への自戒が含まれているようにも思えます。

[JMDb]
浜口富士子

[IMDb]
Fujiko Hamaguchi

[出身地]
日本(東京市神田)

[誕生日]
9月

[データ]
8.2 × 13.3cm

Répondre

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l'aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s

Ce site utilise Akismet pour réduire les indésirables. En savoir plus sur la façon dont les données de vos commentaires sont traitées.