「綺乃 九五式」開発記録 00 – 第5回試運転(ユーザーインターフェイス動作確認)『百萬長者の娘ッ子』 [失敗]

vlcsnap-2019-10-06-14h29m49s350vlcsnap-2019-10-06-14h30m34s548
10月5日のテストを元にユーザーインターフェイスにコードを書き足して動作確認を実施しました。

結果としては失敗、でした。

当初はQTというツールを使用し、パソコン上で動作する操作用のインターフェイスを作る予定でした。パソコンからラズベリーパイ&Arduinoに指示を出しつつ、スキャンされた画像を受け取って保存していく形になるため1)ソケット通信と2)マルチスレッドという二つの技術が必要となってきます。

シングルスレッドのソケット通信は問題なく行えたのですが、マルチスレッド化しつつ様々な要素(カメラ、モーター、通信など)を遠隔コントロールする作業は難易度が高く、相当の時間が必要だと感じました。そのため、ラズベリーパイ上でそのまま起動するシンプルな操作UIを作る方が先決、と舵を切り替えたところです。上の写真はその第一回目のテストとなります。

幾つかあるボタンの中で、「静止画確認」と「スキャン開始」の二つにコードを貼ってあります。

「静止画確認」を押すと単発でスキャンが行われ画面に反映されます。このボタンは機能しました。問題は「スキャン開始」の方。このボタンを押すと自動連続スキャンが始まり画像が外付けハードディスクに保存されます。同時にその画像がやや遅れる形でモニターに反映される形になっています。

実際に試してみたところ、結構な頻度でスキャンが行われず「コマが落ちる」結果になりました。挙動を見ていた感じではラズベリーパイの処理能力が追い付いていないようです。外付けハードディスクに毎秒1枚、1MBを超える画像を保存しているだけでギリギリだったようで、さらにディスプレイへの表示プロセスが加わると処理が追いつかずトリガーを見逃すようです。


ラズパイへの負担軽減に画質は落としていた(640×480)のですが全然十分かなと思います。女優さんの左側、ほぼ黒くなっている辺りにも本来は「何か」が映っていて、以前紹介した「Enfuse」の機能を使うと「見える」ようになります。ちなみに今回テストに使用したのは1919年のジョージ・アーチェインバウド監督作品、『百萬長者の娘ッ子』(A Damsel in Distress)。フィルムがほとんど現存していない女優、ジューン・キャプリスをデジタルの質感で観れたのはなかなか得難い体験でした。

Répondre

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l'aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s

Ce site utilise Akismet pour réduire les indésirables. En savoir plus sur la façon dont les données de vos commentaires sont traitées.