「神戸発掘映画祭2021」が始まりました

Kobe Descovery Film Festival 2021

すでにご存じの方もおられるでしょうが10月16日より2021年度「神戸発掘映画祭」が始まりました。昨年はコロナ禍で中止となっていたもので2年ぶりの開催となります。

好企画が目白押しのラインナップには「9ミリ半フィルム特集」も含まれており、目玉作品の一つである『海の宮殿』(1927年、政岡憲三)を筆頭に歌右衛門の『浄魂』、高木新平の『怪傑鬼』、廣瀬恒美&夏川静江主演『漕艇王』など1920年代の重要作が上映予定となっています。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください