ベラ・ベレツカヤ (Bella Beletskaya / Белла Георгиевна Белецкая, 1903 – 1960?)烏

帝政ロシア/ソヴィエト初期映画史再訪 [13]

Bella Beletskaya 1927 Russian Postcard

1903年ウクライナのキーウ(キエフ)に生まれる。1920年頃からオデッサの劇場で舞台女優の下積みを重ねていく。

『公爵令嬢メリー』(1927年、ウラジミール・バルスキ―監督)

1920年代の中盤、グルジア国営活動会社に招聘されウラジミール・バルスキ―監督によるレールモントフ三部作(『公爵令嬢メリー』『ベラ』『マクシム・マクシームィチ』)に出演、主人公である「現代の英雄」ペチョーリンと古くから付きあいのある妖婦ベラを演じています。

『アゼルバイジャンの女(セヴィル)』(1929年、アモ=ベク・ナザリアン監督)

1929年にアモ=ベク・ナザリアン監督がアゼルバイジャンで撮った『アゼルバイジャンの女(セヴィル)』に出演。同作でヒロインの恋敵となる悪女を演じたのを最後に映画からは離れ、1930年代以降は舞台女優に専念。ジョージアのトビリシを拠点に戦後に至るまで息の長い活動を続けました。

一癖ある艶やかな悪女を演じきる映画女優は当時のソヴィエトでも珍しく、出演作数の少なさ(6作)にも関わらず印象に残る実力派でした。

[IMDb]
Bella Beletskaya

[Movie Walker]


[出身地]
ウクライナ(キーウ)

[生年月日]
3月2日

[データ]
14.9 × 10.5 cm, KINOPECHAT Serie 4 – #A-2400 – Tea-kino-pechat – total print 25000 – Moscow, 1927 (КИНОПЕЧАТЬ Серия 4 – #А-2400 – Чай-кино-печать – общий тираж 25000 – Москва 1927 г. )


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください