1920年代後半 仏パテ社モトカメラ用 ポートレート・レンズ・アタッチメントセット

Late 1920s Portrait Lens & Filter Attachment Set For Pathé Baby Camera

Mid-Late 1920s Pathé Portrait Lens Attachment Set for Pathé Baby Camera and Motorix

初代のパテベビー撮影機とその発展形モトリクスに対応した接写用のレンズ&フィルターアタッチメントセット。

最初期のパテベビー撮影機はレンズが単焦点でした。「ピントをあわせる」という発想がなく、普通に撮影すると狙っていた対象に上手く焦点があっていなかったりします。

「森の精」(1920年代中盤)背景の木々に ピントがあってしまっている例

接写も苦手。パテ社は補正用のレンズを用意しました。25センチ、50センチ、1メートル、1.5メートル、2メートル用のポートレート・レンズと、コントラスト調整用のシャープカットフィルター(黄色)の6つをセットにしたのがこちら。

手持ちのモトカメラで装着してみたサンプル。

被写体との距離にあわせてその都度取り替えなくてはいけないものの、9.5ミリの撮影でクローズアップ~ミドルショットを行いたいというユーザーの希望を叶えたアイテムです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください