タチアナ・トカルスカヤ   (Tatyana Tokarskaya/Татьяна ТОКАРСКАЯ、1906–1984)  ウクライナ

帝政ロシア/ソヴィエト初期映画史再訪 [17] & 絵葉書館・ロシア/ソ連/旧ソ連構成国 より

Tatyana Tokarskaya Late 1920s Ukrainian Postcard

vufku.orgのウクライナ映画人名鑑では「テチアナ・トカルスカ (Тетяна Токарська)」で登録されている女優さん。1906年ウクライナのポルタバ生まれ、オデッサで演技を学んだ後1926年に映画デビュー。シリアスな役柄と喜劇のどちらもこなせる演技派として重宝され、ウラジミール・マヤコフスキーが脚本を手掛けた風刺劇『デカブリュホフとオクタブリュホフ』(Декабрюхов и Октябрюхов、1928年)にも出演していました。

1930年には『五人の花嫁』(Пять невест/П’ять наречених)に出演。反革命側の軍隊に駐留されたユダヤの村で「兵士のために五人の美しい乙女を差し出せ」の命令が下り、虐殺を恐れた村人がその命に従う物語。タチアナさんは花嫁の一人として登場しています。

『五人の花嫁』より

女優として大成したとは言い難く、ソ連にトーキーが普及し始めた1930年代初頭に役者業から離れます。二次大戦が本格化した1930年代末から裏方に回り、キーウ撮影所の助監督として活動を続けていきました。

[IMDb]
Tatyana Tokarskaya

[Movie Walker]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください