パテベビー映写機・解体新書 [簡易版]

anigif

5月末にジャンク扱いのパテベビー映写機を3台入手しました。どれも欠品や破損が目立ち実写には使えませんでしたがパーツ取りして一台分の組立てに挑戦。写真撮影を含めて1時間半くらいかかっています。

こちらの記事は簡易版で、個々のパーツの役割や組立て時の注意点は別項にまとめていきます。


1)背面部を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-01-back-plate-02

鉤爪の機構を含んだ背面部を取りつけていきます。スプリングを正しく装着しないと映写できなくなるデリケートな部分です。

2)シャッター羽根を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-02-shutter-wheel-02

円形のシャッター羽根(3Dプリンタでの自作代用品)と、おにぎり型の変形ギアを噛みあわせていきます。1)と並んでパテベビー映写機の組み立てでは一番難易度が高い作業です。

3)正面部を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-03-front-piece-01

4)ランプハウスを取りつける [詳細版]

pathebaby-process-04-lamp-house-01

5)ギアカバーを取りつける [詳細版]

pathebaby-process-05-gear-cover-03

6)土台部を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-06-base-01

7)蓋部分を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-07-top-piece-02

8)フィルム保護用のガラスパーツを取りつける [詳細版]

pathebaby-process-08-glass-cover-02


以上で基本的な流れは完了します。それ以外にもパテベビー映写機の実使用で役に立つノウハウは色々あります。折角ですのでこの機会にまとめてみることにしました。

補足1)ノッチ機構の仕組みを理解する [詳細版]

pathebaby-process-sup-notch-03b

補足2)レンズの分解とパテクソール・クラウス f=25mmの話 [詳細版]

pathebaby-process-sup-lens-01

補足3)鉤爪によるフィルム送りの仕組み [詳細版]

pathebaby-process-sup-03-04b

補足4)コンセントの形状と電圧の問題 [詳細版]

pathebaby-process-sup-power--supply-01

補足5)ベビー映写機専用ランプについて [詳細版]

pathebaby-process-sup-lamps-01

補足6)カタログとマニュアル類


] 映画の郷 [ 電子工作部:パテベビー映写機のシャッター羽根を自作する

pathe-baby-projector-replacement-shutter19

1920年代に設計・市販されたパテベビー映写機は、本体のほとんどが金属製となっています。樹脂パーツを使っていないため寿命が非常に長く、一世紀近く経った今でも現役の機体も少なくありません。

そんなパテベビー映写機の最大の弱点として知られているのが円形のシャッターです。

元々の材質は金属なのですが、遠心力で回りやすくするため重さを確保する必要があって他のパーツと異なった材質が使われています。この素材が曲者で、早くからひび割れを起こしたり膨張して映写機内一杯に広がってギアを動かなくしたり多くの問題を引き起こしています。

手元の4台のパテベビー映写機で、1台がシャッター羽根を外した状態になっていました。この個体用に3Dプリンタでシャッターを自作してみました。

Replacement Shutter for Pathe Baby Projector

pathe-baby-projector-replacement-shutter05

Tinkercadでデザインしたデータを印刷し、塗装までしたのがこちら。

まずは六角レンチを使って映写機正面のナット(大、銀色)を外していきます。ナットとワッシャーを外すと本体のケース部分を取り外すことができます。

続いてシャッター羽根と軸を受ける板を外していきます。ナット(小、金色)2個を外し、横長の長方形の板をそっと手前に引き抜いていきます。軸の先端が見えますので、シャッター羽根をギザギザの滑り止めが付いた部分に差しこんでいきます。

pathe-baby-projector-replacement-shutter17

分解した手順を逆に戻って組み立て直していきます。金色のナットを固定する際、緩すぎたり逆に固定しすぎたりすると羽根が回らなくなりますので、クランクを回して動作確認しながら組み立てを行っていきます。

pathe-baby-projector-replacement-shutter18

2020030-flywheel-shutter-testb

ケース部分と蓋の部分を戻して作業完了。一時間ほどかかりました。パテベビー映写機の分解・組立ては何度か経験があるためそこまで時間はかかりませんでしたが、久しぶりだったため作業の手順を一部忘れて居たところもあって途中何度かヒヤッとしました。

1960年代 ベル&ハウエル社 Filmosound 7302 16mm映写機と真空管ギターアンプ

Filmosound 7302 16mm sound projector 01

1950年代後半に合衆国で発売されたフィルモサウンド302型を日本が60年代にライセンス契約して発売した一台。型名の先頭についた「7」で区別されます。パーツは日本製とアメリカ製が混ざっていて組み立てを日本で行っています。1960年代にベル&ハウエルはキャノンと業務提携しカメラを発売していましたが、やや先立って大沢商会とも資本・技術提携して日本映画機械株式会社(後の日本べルハウエル)を設立しており、後者が製造したメイドインジャパンの映写機が「ベル&ハウエル」として国内発売されていた、という形の様です。

映写機の流れで言うならば、フィルモサウンド7302型はB&H社の戦前の名機「129型」の血を受け継いでいます。

B&H Filmo 129D silent projector (late 1930s)
ベル&ハウエル社 129型 16ミリ映写機(1930年代後半)

1930年代後半に発売された129型はひっくり返した「凹」字型の土台に湾曲した一対のアームを配した美しいデザインの映写機でした。「凹」の字の左側の突き出した部分にスイッチが置かれています。

戦後、箱型の映写機が主流になるに従い、デザインのコンセプトはそのままに矩形のケースに収め、アームを外付けにし、光学/磁気サウンド双方に対応したアンプシステムを土台に組みこんでいきます。

弱点はケース内部に貼ってあるスポンジが経年劣化でボロボロになりやすい所。今回入手した一台もその状態で機体を外して掃除機で取り除く作業が必要でした。

bell-and-howell-filmosound-7302-16
映写機ケースの内側全体がこんな感じ

本体やレンズのフレームの傷以外はまずまずのコンディション。手持ちのコリーン・ムーアで試写、真昼間に壁に向かって映してこの解像度はなかなか。モーター音が結構大きいです。

また、戦後のフィルモサウンドはギターアンプへの転用で知られています。特にフィルモサウンド385型のアンプは有名で、米ウォーラス社のオーバードライブ「385」の名前の由来になっています。

bell-and-howell-filmosound-7302-amplifier06bell-and-howell-filmosound-7302-amplifier07

映写機の底板を外していくとマイナスのネジが4つ見えます。これを外すとアンプを取り外すことができます。ベル&ハウエル社の真空管アンプとしては最後期のもので、この後トランジスタアンプに移行していきます。

7本の真空管を使用。
プリアンプ管12AX7 × 2
プリアンプ管12AY7 × 1
パワー管6V6 × 2
パワー管6AR5 × 1
整流管6CA4 × 1

この辺の話はあまり詳しくないのですが、ギターアンプ自作派垂涎のシステムになっているようです。

302/7302型のアンプは光学/磁気サウンド両方に対応した特殊モデルだったため385のアンプと構成が違います。385型アンプでは本体左上に変圧器が置かれていましたが、302型ではスペースがなかったため映写機ケースの内側に固定されています。また整流管用に6CA4真空管を採用していますが。385型アンプでは5Y3gtが使用されていました。ギターアンプとして使用する際に音の違いが出てくるようです。トレブルとベースのつまみが独立して動くのも個性になっている模様。

ユーチューブの実演を聞いてみるとあら素敵な歪み。普段無声フィルムしか扱っていない人間は「映写機にこのスペックのアンプ必要!?」と驚かされ通しでした。

] 映画の郷 [ 電子工作部:戦前9.5mmアルマ映写機のパーツを3Dプリンターで自作する

1月から3Dプリンターを使い始めていて、ようやく何ができて何ができないか分かるようになってきました。そこで先日、国産のアルマ9.5ミリ映写機のランプハウスのフード自作に挑戦。ふたつのパーツを別々に印刷して接着剤で貼りつける形になっています。

alma-projector-lamp-house-hood-02

成形が完了したのが上の写真。傾斜の部分に凸凹が見られます。

alma-projector-lamp-house-hood-03

パテで穴埋めした後に黒で塗装。左がデザインの下になったオリジナルのフード。右が今回自作したものです。オリジナルは一部に金属が使われています。

alma-projector-lamp-house-hood-04

完成品をランプハウスに乗せてみました。

alma-projector-lamp-house-hood-05

裏側から見るとこんな感じ。

alma-projector-lamp-house-hood-06

元々フードがあったアルマB型(手前)と今回自作パーツで補完したアルマA型(奥)。思った以上にデザインが複雑だったため完全コピーとはいきませんでした。違和感はそこまでないかな、と。戦前映写機のパーツを自作できるとリストアがはかどりそうです。

◇◇◇

合間に9.5mmフィルム用ホルダーも作ってみました。

フィルムが増えてくると管理が難しくなってきて、時に行方不明者も出てくる事態に。紐を通してまとめることが多いのですが、それだと真っ直ぐに並ばずに今度はケースの中でごちゃごちゃしてしまうのです。タグをつけて内容が分かるようにしつつ、整理しやすいようにとこの形になりました。フィルムケース穴に棒を通して端を円形パーツで留めるだけですがとても便利です。

1920年代後半 パテベビー × ツァイス・イコン「ディアフォト」(消失型露出計)

pathe baby zeiss ikon diaphot
Diaphot (lates 1920s extinction light meter , Pathé Baby × Zeiss Ikon)
1920年代後半にパテベビーブランドと独ツァイス・イコン社のコラボアイテムとして発売された露出計。1920年代前半に独Ica社とコラボした同名機器の後継で、パテ社&ツァイス社のコラボとして確認できている唯一のものです。
pathe-baby-zeiss-ikon-diaphot-02

円形の硝子の縁に細い金属製のフレームがあり、裏側ののぞき窓を覗きながらフレームを回していくとどこかの段階で風景が見えなくなります。その時に表面に書かれている数値を露出として撮影していく形です。「Extinction Light Meter(消失型露出計)」と呼ばれるタイプで目視による精度は低く、より高性能な露出計がカメラに内蔵されていく流れで使われなくなっていきました。

革ケースには説明書が入っていました。使用時のイメージ図などが掲載されています。

1920年代 仏パテ社「パテオラマ」(携帯用35ミリフィルムビューワー、小型幻灯機)

1920s-patheorama-bakelite01 1920年代に市販されていたハンディサイズの35ミリフィルムビューワー。ポータブル式の幻灯機と見ることもできます。
1920s-patheorama-bakelite051920s-patheorama-bakelite08
側面の蓋を開いてフィルムを装着。正面の大きなレンズを見ながら光にかざすと拡大した静止画を見ることができます。パテ社はこのパテオラマ自体を組みこめる幻灯機「ココリコ」を同時発売していました。アダプターにパテオラマを置いて幻灯機に火を灯すと壁に画像が投影できるシステムでした。

パテオラマはベークライト製で、黒いフラットなデザインの廉価版が多く普及していました。手元にある機種はエンボス処理が施された上位機。デザインや色遣いに19世紀末アールヌーボー的な要素を見てとることができます。

フィルムは6本セットで売られていたようです。

1932年 仏パテ社 映写機・撮影機および周辺機器カタログ&定価表

pathe-baby-tarif-general-france01pathe-baby-tarif-general-france02左列にカタログナンバー、中央列に商品名と簡易スペック、右列に旧フランでの価格。

1ページ目に映写機とスクリーン、2ページ目に周辺機器、3~4ページ目に自家現像用の商品と続いていきます。当時のパテベビー映写機の価格は約600旧フランでした。これは現在の金額に換算すると5万2千円強(400ユーロ弱)に相当するそうです。

金額だけ見るとそんなものかとも思いますが、労働者の平均時給が3.19旧フラン(280円程度)、朝刊を0.3旧フラン(約26円)で買えた時代の話ですのでやはり高価なものだった様子がうかがえます。