パテベビー映写機・解体新書 [簡易版]

anigif

5月末にジャンク扱いのパテベビー映写機を3台入手しました。どれも欠品や破損が目立ち実写には使えませんでしたがパーツ取りして一台分の組立てに挑戦。写真撮影を含めて1時間半くらいかかっています。

こちらの記事は簡易版で、個々のパーツの役割や組立て時の注意点は別項にまとめていきます。


1)背面部を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-01-back-plate-02

鉤爪の機構を含んだ背面部を取りつけていきます。スプリングを正しく装着しないと映写できなくなるデリケートな部分です。

2)シャッター羽根を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-02-shutter-wheel-02

円形のシャッター羽根(3Dプリンタでの自作代用品)と、おにぎり型の変形ギアを噛みあわせていきます。1)と並んでパテベビー映写機の組み立てでは一番難易度が高い作業です。

3)正面部を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-03-front-piece-01

4)ランプハウスを取りつける [詳細版]

pathebaby-process-04-lamp-house-01

5)ギアカバーを取りつける [詳細版]

pathebaby-process-05-gear-cover-03

6)土台部を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-06-base-01

7)蓋部分を取りつける [詳細版]

pathebaby-process-07-top-piece-02

8)フィルム保護用のガラスパーツを取りつける [詳細版]

pathebaby-process-08-glass-cover-02


以上で基本的な流れは完了します。それ以外にもパテベビー映写機の実使用で役に立つノウハウは色々あります。折角ですのでこの機会にまとめてみることにしました。

補足1)ノッチ機構の仕組みを理解する [詳細版]

pathebaby-process-sup-notch-03b

補足2)レンズの分解とパテクソール・クラウス f=25mmの話 [詳細版]

pathebaby-process-sup-lens-01

補足3)鉤爪によるフィルム送りの仕組み [詳細版]

pathebaby-process-sup-03-04b

補足4)コンセントの形状と電圧の問題 [詳細版]

pathebaby-process-sup-power--supply-01

補足5)ベビー映写機専用ランプについて [詳細版]

pathebaby-process-sup-lamps-01

補足6)カタログとマニュアル類


] 映画の郷 [ 電子工作部:パテベビー映写機のシャッター羽根を自作する

pathe-baby-projector-replacement-shutter19

1920年代に設計・市販されたパテベビー映写機は、本体のほとんどが金属製となっています。樹脂パーツを使っていないため寿命が非常に長く、一世紀近く経った今でも現役の機体も少なくありません。

そんなパテベビー映写機の最大の弱点として知られているのが円形のシャッターです。

元々の材質は金属なのですが、遠心力で回りやすくするため重さを確保する必要があって他のパーツと異なった材質が使われています。この素材が曲者で、早くからひび割れを起こしたり膨張して映写機内一杯に広がってギアを動かなくしたり多くの問題を引き起こしています。

手元の4台のパテベビー映写機で、1台がシャッター羽根を外した状態になっていました。この個体用に3Dプリンタでシャッターを自作してみました。

Replacement Shutter for Pathe Baby Projector

pathe-baby-projector-replacement-shutter05

Tinkercadでデザインしたデータを印刷し、塗装までしたのがこちら。

まずは六角レンチを使って映写機正面のナット(大、銀色)を外していきます。ナットとワッシャーを外すと本体のケース部分を取り外すことができます。

続いてシャッター羽根と軸を受ける板を外していきます。ナット(小、金色)2個を外し、横長の長方形の板をそっと手前に引き抜いていきます。軸の先端が見えますので、シャッター羽根をギザギザの滑り止めが付いた部分に差しこんでいきます。

pathe-baby-projector-replacement-shutter17

分解した手順を逆に戻って組み立て直していきます。金色のナットを固定する際、緩すぎたり逆に固定しすぎたりすると羽根が回らなくなりますので、クランクを回して動作確認しながら組み立てを行っていきます。

pathe-baby-projector-replacement-shutter18

2020030-flywheel-shutter-testb

ケース部分と蓋の部分を戻して作業完了。一時間ほどかかりました。パテベビー映写機の分解・組立ては何度か経験があるためそこまで時間はかかりませんでしたが、久しぶりだったため作業の手順を一部忘れて居たところもあって途中何度かヒヤッとしました。

] 映画の郷 [ 電子工作部:戦前9.5mmアルマ映写機のパーツを3Dプリンターで自作する

1月から3Dプリンターを使い始めていて、ようやく何ができて何ができないか分かるようになってきました。そこで先日、国産のアルマ9.5ミリ映写機のランプハウスのフード自作に挑戦。ふたつのパーツを別々に印刷して接着剤で貼りつける形になっています。

alma-projector-lamp-house-hood-02

成形が完了したのが上の写真。傾斜の部分に凸凹が見られます。

alma-projector-lamp-house-hood-03

パテで穴埋めした後に黒で塗装。左がデザインの下になったオリジナルのフード。右が今回自作したものです。オリジナルは一部に金属が使われています。

alma-projector-lamp-house-hood-04

完成品をランプハウスに乗せてみました。

alma-projector-lamp-house-hood-05

裏側から見るとこんな感じ。

alma-projector-lamp-house-hood-06

元々フードがあったアルマB型(手前)と今回自作パーツで補完したアルマA型(奥)。思った以上にデザインが複雑だったため完全コピーとはいきませんでした。違和感はそこまでないかな、と。戦前映写機のパーツを自作できるとリストアがはかどりそうです。

◇◇◇

合間に9.5mmフィルム用ホルダーも作ってみました。

フィルムが増えてくると管理が難しくなってきて、時に行方不明者も出てくる事態に。紐を通してまとめることが多いのですが、それだと真っ直ぐに並ばずに今度はケースの中でごちゃごちゃしてしまうのです。タグをつけて内容が分かるようにしつつ、整理しやすいようにとこの形になりました。フィルムケース穴に棒を通して端を円形パーツで留めるだけですがとても便利です。

1932年 仏パテ社 映写機・撮影機および周辺機器カタログ&定価表

pathe-baby-tarif-general-france01pathe-baby-tarif-general-france02左列にカタログナンバー、中央列に商品名と簡易スペック、右列に旧フランでの価格。

1ページ目に映写機とスクリーン、2ページ目に周辺機器、3~4ページ目に自家現像用の商品と続いていきます。当時のパテベビー映写機の価格は約600旧フランでした。これは現在の金額に換算すると5万2千円強(400ユーロ弱)に相当するそうです。

金額だけ見るとそんなものかとも思いますが、労働者の平均時給が3.19旧フラン(280円程度)、朝刊を0.3旧フラン(約26円)で買えた時代の話ですのでやはり高価なものだった様子がうかがえます。

1930年代初頭 日本 パテベビー映写機 チラシ

二つ折り見開き4ページ、出版社名明記なし。パテベビー映写機、キッド、リュクスの3台を中心としたラインナップで1932年前後と思われます。ベビー映写機75円、キッド映写機が29円、リュクス映写機が165円、手回し式カメラ(レンズF=3.5)45円、モトカメラ115円の価格設定となっています。

仏パテ社 パテベビー映写機 メンテナンスキット

1920s - Pathé Baby nécessaire d'entretien
1920年代 パテベビー映写機メンテナンスキット
パテベビー映写機のクリーニングやメンテナンスに必要な道具一式をまとめたもの。

1)マイナスドライバー
2)埃を除去ための筆
3)シャモア革のクロス
4)真鍮製のオイル差し
5)象牙製と思われるヘラ

5つの道具が含まれています(クロスは箱にしまったまま)。当初は紙製の箱入りで後に金属製の缶入りに変更されました。パテ社の製品カタログではカタログ番号F20が振られています(価格は15旧フラン)。

仏パテ社製 金属製スプライサー

Pathe 9.5mm film colleuse
仏パテ社製 金属製フィルムスプライサー
木製の土台を持つ純正スプライサーよりやや後年のもの。スプライシングの際、フィルムのずれを防ぐため3か所で固定する仕様になっています。 40年代になると角ばったデザインの後継機が使われるようになりました。

米パテックス社 9.5mmフィルム専用リペア・パッチ

repair_pathes01古いフィルムを映写していると、何かのきっかけで映写機の鉤爪でフィルムの穴を傷つけてしまうことがあります。

他形式ではフィルム脇に穴が並んでいるため影響は軽微ですが、9.5mmフィルムでは直接画面に反映されてしまいます。さらに穴が広がると上映時に映像が上下にがたつきます。

この弱点に対応するため発売されたのがリペア・パッチです。透明で円いパッチをダメージのある穴に貼りつけて使用。パッチの円い輪郭が画面に写りこむため絵面は良くないものの、がたつきを抑える一定の効果があります。

米パテックス社 9.5mmフィルム専用スプライサー(ジョイニング・プレス)

french-pahte-film-repair-kit1french-pathe-film-repair-kit2その材質上フィルムはどうしても切れやすいものです。またダメージのある齣を取り除くため意図的に切ってつなげる作業を行ったりもします。

ある時期からフィルムを「つなぐ/継ぐ」ための機器をスプライサーと呼ぶようになりましたが、1920年代半ば~30年代にはこの呼称は存在していませんでした。米パテックス社が9.5ミリ用の「ジョイニング・プレス」として発売していたのがこちらです。

木製の土台にフィルム幅のゲージが置かれ、ロック機能付きのノブでフィルムを押さえつけることが出来るようになっています。切れたフィルムをつなげるだけでなく、ダメージを受けた穴にパッチを当てる際に使うこともできます。

1930年代 墺オイミッヒ社 9.5mm専用フィルムリワインダー

eumig-9-5mm-film-rewinder1映写や修繕を終えたフィルムを元のリールに巻き取るための道具。オーストリアの光学機器メーカー・オイミッヒ製で、土台部分は木製。1930~40年頃のものでしょうか。

パテ・ベビー映写機 A型(1922~23年)

「映写機」より


これまでに登録したパテ・ベビー映写機はいずれも1920年代後半の後期型モデルでした。今回手に入れたのは最初期のA型。大正期末に製造されていたモデルです。シリアルが「013544」ですので1923年に市販された一台でしょうか。

後期型との違いとして
1) 彩色されたロゴが正面のレンズ穴下にある
2) 手回し用のノブが球形をしている
3) フィルムの受け側に巻き取り用の仕組みがない
4) 10m用カートリッジしか装填できない(後期型は20m用も映写可能)
5) フィルムを送る鉤爪が1つしかない(後期型は2つ)などの特徴を持っています。

実用に使う予定はないのですが、初期の小型映写機をこよなく愛する者として、こちらの一台がコレクションに加わったのは嬉しい限りです。

本体シリアルナンバー: 013544
対応フィルム: 9.5mm (10メートルカートリッジ専用)
対応電圧:90~110v
製造国:フランス
製造時期: 1923年頃

パイヤール・ボレックス社 DA-37型 9.5mm/16mm両用 サイレント映写機(1937年)

「映写機」より

別に紹介している1933年のDA型のアップデート版として1937年に発売されたのがこちらの通称DA-37です。

外観が一部変更され、筒型のランプハウスの横に半円状のせり出しが見られます。内部に羽が格納されていて、映写中に回転しながら光源のオン/オフを繰り返すのですが羽の大型化に伴ってこのようなデザインとなっています。その他スイッチなどに細かな仕様変更有り。

レンズは1:1.9のF=45mm、フレームのデザインが簡素化されています。最も大きな変更点は、ランプが以前の250Wから400Wに変更されたことです。

スペック、デザイン的な変更があるためDA IIとして売り出しても良さそうなものですが、実際には当時DAとして発売されており、シリアルも以前からの連番を踏襲しています。現在メーカーの公式ページではDA-37の名前で紹介されています。

シリアルナンバー: 12398
対応フィルム: 9.6/16mm
製造国:スイス
製造時期: 1937年~
レンズ: Hermagis Magister F=40mm 1:1.9 (シリアル無)
対応電圧: 110-125v
ランプ: 400w

1928 – ラトビア語版 パテ・ベビー映写機 フィルム・カタログ

20世紀前半、ラトビアの首都リガに店を構えたアーノルズ・カリティス写真店で9.5mmフィルム用カメラや映写機が売られていました。カリティス氏はラトビアの初期映画製作に功績の多かった人物でもあります。

2015年にリガでアーノルズ・カリティス写真店展という企画が開催され、同氏の功績が再確認されています。カリティス夫妻のポートーレート写真や当時の店の様子はこちら。窓ガラスにパテベビー映写機のポスターも貼ってありますね。

arnolds-calitis
紹介記事(jaunagaita.net)のスクリーンショット

こちらは同店が当時発売していたフィルムのカタログです。ラトビアは1940年にソ連に併合されますが、併合以前の独立期(1918~40年)の独自文化の現れとして貴重な資料ではないかと思われます。

スイス パイヤール・ボレックス社 G916型 9.5mm/16mm両用映写機

イギリス仕様でレンズも英国製。バーミンガム在住のシネ・エキップメンツ有限会社が販売していた一台で同社ステッカーが貼られている。220Vから110V用の変圧器付属、元木箱付き。

製造: スイス
対応フィルム: 9.5mm/16mm 両用
対応電源:110~125V
コンセント:欧州仕様
レンズ: Dallmeyer Projection Lens F=50mm 181139
ランプ: 120V 750W (DDB)

[履歴]
2014年12月26日購入

仏サダル ハンディー(アンディ) 9.5mm映写機

1947年頃に市販されていた記録が残っており9.5mm用の映写機としては後期のモデルとなります。ベークライト製の土台と本体で軽量化を実現しながらもデザインは戦前に良く見られた背後にアームがなびく形式を採用していました。

「サダル」はおそらくは人名で、同氏が立ち上げた会社の映写機になるのではないかと思われます。8mm型と9.5mm型の二種類が確認されていますが後継機は見当たらず、同社唯一の映写機のようです。

エントリーレベルよりやや上のスペックで本格的な実写には向きませんがフィルム装填が容易で動作も安定しています。

シリアルナンバー: –
対応フィルム: 9.5mm
製造国:フランス
製造時期: 1940年代後半
レンズ:Elumix F=35mm
対応電圧: 250v
ランプ: 220V 60W

2016年5月購入

アルマB型 9.5mm映写機

戦前に伴野商会が開発した初期国産9.5mm映写機、アルマB型。

英パテスコープ社による200B映写機のコピー機。速度調整用のツマミ、ランプハウスの装飾、アームやフィルム送りの金具に至るまで徹底ぶりが伝わってきます。

モーター用のスイッチが壊れていて、速度調整のレバーも効かないためリストアが必要。

シリアルナンバー: 8392
対応フィルム: 9.6mm
製造国:日本
レンズ: 無銘
対応電圧: 80-110v
モーター: 日立(シリアル953894)
ランプ: 200w

2016年4月購入

独アレフ ビルシン 9.5mm映写機

独アレフの9.5mm映写機で普及版の位置付けをされていた一台。オーストリアのウィーンで販売された機体で、土台部分に取扱業者フェリクス・ノイマンの銘が入っています。

写真は200フィート用の延長アームを付けた状態。右手前に見えるように、旧所有者がカスタマイズを行いパテベビー用のモーターを取り付け自動化しています。奥に見える縦長の筒は可変抵抗器でモーターにつながっています。入手した段階で配線がバラバラになっていたためモーターを仮接続して動作を確認しました。

シリアルナンバー:なし
対応フィルム:9.5mm
製造国: ドイツ
製造時期: 1920年代後半
ランプ: OSRAM 8203 25V 1A(Ushio 8000281, SM-8203, Philips 392N)

パイヤール・ボレックス社 DA型 9.5mm/16mm両用 サイレント映写機(1933年)

1933年にスイスのパイヤール・ボレックス社から発売されたのがこちらのDA型映写機です。

本体はやや扁平で、緑がかった灰色をしています。後方からフィルムを流しこみ、ゲージを通じてまた後方へと送り返す構造。実際にモーターのスイッチを入れてみると、その静かでなめらかな立ち上がりにおどろかされます。

普段とは異なるルートを使ってスペインから取り寄せた一台。注意書きのプレートがスペイン語表記になっています。

シリアルナンバー:5643
対応フィルム:9.6/16mm
製造国:スイス
製造時期:1933~37年
レンズ:Hermagis Magister F=40mm 1:1.9 (シリアル:274845)
対応電圧:110-125v
ランプ:250w

独アレフ アレスコープ 9.5mmサイレント映写機(1920年代後半)

「アレフ」はドイツの小さな玩具屋さんが製造していた映写機のブランド名です。入門機~中級者向けの映写機(9.5/16/35mm)は主にドイツ国内で流通していました。他の高級映写機メーカーが本体にシリアルナンバーを付していたり、レンズのメーカー名やスペックなどを明記していたのに対し、アレフ映写機には「アレフ」のロゴ以外何も書かれていません。

数少ない例外が、同ブランドの最上機として位置づけられたアレフスコープでした。レンズには中堅レンズメーカーLaack社の名が入っています。

ランプがこの時期としては暗め(25w)。動画を途中で止めてもフィルムにダメージがない熱量なので、静止画で詳細を確認したい人には丁度よい明るさです。また、パテ社製以外では数少ないノッチ(フィルム脇の切れこみで自動停止が起こる仕組み)対応機のため、映写できるフィルムの幅が非常に広い隠れた名機だったりします。

シリアルナンバー:なし
対応フィルム:9.5mm
製造国: ドイツ
製造時期:1929年頃
ランプ: OSRAM 8203 25V 1A 25W(Ushio 8000281, SM-8203, Philips 392N)