戦前・戦中期の9.5ミリ動画カメラを使ってみた [03] 現像篇 その3 現像結果とその反省

戦前の9.5ミリ動画カメラとフィルムを使った実写を試みたのが10月後半。現像まで2カ月かかりました。

今回使用するロモタンクは本来9.5ミリに対応した機器ではないため調整用に「厚さ2ミリ程度のワッシャー」を挟むと良いとされています。穴径12ミリのワッシャーがなかったので同サイズのスペーサーを3Dプリンタで出力し噛ませることにしました。

午後一で煮沸した水道水(水温20℃)を準備、薬品の調合開始。折角の正月休みにゴーグル+マスク+ゴム手袋+エプロン姿で何をしているのか…鏡に映った自分の姿が笑えます。

必要な薬剤の調合が完了。実際の現像に入っていきます(作業中の写真を撮っている余裕はありませんでした)。現像した結果がこちら。

ぼんやりと何か映っていると面白かったのですが…第二現像に入る前、感光材の層が黄色に残るはずがすでに完全に流れ落ちてしまっている状態でした(下側の縁に黒い線が残っているのはリールの溝にはまって薬品が触れなかった個所)。ベース部は生きても感光乳剤の寿命がきていたのだと思われます。85年前のフィルムなのでしょうがないか…その他の反省事項として:

1)ダークバッグはもっと大きな方が良い(今回使用した中型のバッグだと手狭)

2)ロモタンクは容量が約1.5リットルなので薬品もその量を目安に作る。また薬品保存用ボトルも1リットル用ではなく2リットル用を使う

3)作業の流れをスムーズにするため使用済道具の置き場所も決めておいた方が良い

4) パソコンでタイマーを使おうとしたところ濡れた指先に画面が反応しなかった。濡れたゴム手袋で触る必要があるので防水仕様のアナログタイマーの方が良さそうでした

5)リールに巻きつけた状態だと第二露出での光を満遍なく当てにくい

あとは薬品の温度調整(20±0.5℃)かな。工夫とアイデア次第でもう少し楽になりそう。

今回は初めての経験だったこともあって流れを実体験できればOK程度の緩い感じで進めていきました。実はもう一本、こちらは戦後(といっても1950年代製造)の未開封フィルムが手元にあるのでやり方を見直して年明けに再チャレンジしてみます。

戦前・戦中期の9.5ミリ動画カメラを使ってみた [03] 現像篇 その2 ロモタンクの巻取り練習/薬品を揃える

先日入手した現像用ロモタンクで9.5ミリフィルムを巻き取る練習をしてみました。使用したのは5~6メートル程の何も映っていない透明フィルム。

リールの上部を外してから本体中央部の「く」の字型窪みにフィルムを押しこみ、フィルムの端を折りこんで固定します。

リールの上部を戻してつまみ付きの軸で固定していきます。きつく締めすぎるとフィルムが挟まった状態となり巻けなくなってしまうので若干遊ばせる位が良いようです。ワッシャーを噛ませようとしたところ穴が大きすぎて断念。厚みの微調整もあるため3Dプリンタで補助部品を自作した方が早そう。

軽く斜めに倒したフィルムの張りを確認しながら独楽のようにつまみをクルクル回していきます。

9.5ミリフィルムが溝に収まり、等間隔の螺旋を描いているのが分かります。

本番ではこの一連の作業を完全な暗室(またはダークバック内)で行わなければいけません。一発で成功させる自信はないので慣れるまで練習を繰り返してみます。


一方で薬品類一式が揃いました。

今回現像に挑戦する9.5ミリ動画フィルムは「ネガ」が存在せず、フィルムそのものが現像後にポジとして仕上がってくる「白黒リバーサルフィルム」です。9.5ミリ形式だからと言って、あるいはパテ社製だからといって特別な配合や処理が必要な訳ではなく、現在でも行われている標準の白黒リバーサルフィルム現像法で対応することができます。

とはいえ標準の白黒リバーサルフィルム現像そのものに特殊な薬剤や流れが含まれています。『シネ・ハンドブック』『パテーの自家現像』(いずれも1930年刊)を元にしつつ、オンライン情報を参考にしながら次の手順で処理していくことに決めました。

1)第一現像 [7〜10分] 20±0.5℃
2)停止浴 [3分]

3)漂白 [3〜4分] 20±0.5℃
4)水洗 [2分]
5)洗浄 [3分]
6)水洗 [2分]
7)第二露光 [100wの白色灯で1分]
8)第二現像 [5分] 20±0.5℃
9)水洗[2分]

10)定着 [3分]
11)水洗 [10〜15分]
12)水切りと乾燥


使用する薬品は以下のとおり:

1)第一現像液(first developer)

ハイドロキノン、亜硫酸ソーダ、炭酸ソーダ、ブロムカリをベースとした自家配合

  • A液
    • ハイドロキノン 25g
    • 亜硫酸ソーダ 100g
    • 炭酸ソーダ 25g
    • 水 1000cc
  • B液
    • ブロムカリ 25g
    • 水 1000cc

※ A液150g + b液150gを使用

2)停止浴用(stop bath)

醋酸をベースとした自家配合

  • 酢酸 5ml
  • 水 1000ml

3)漂白液(bleach)

  • 二クロム酸カリウム 5.0g
  • 硫酸 10ml
  • 水 1000ml

5)洗浄液(clearing bath)

  • ピロ亜硫酸カリウム 50g
  • 水 1000ml

8)第二現像液(second developer)

第一現像液と共通

10)定着液(fixer)

  • チオ硫酸ナトリウム五水和物 250g
  • ピロ亜硫酸カリウム 25g
  • 水 1000ml

12)水切り材

ドライウェル希釈


ヨドバシカメラで購入できる薬品で対応できるだろうと考えていたところ3)漂白液と5)洗浄液でつまづきました。結局チェコFoma社のR100現像キットを手配。ところが輸送途中に行方不明になり到着まで一ヶ月要しました。

ツールは揃ったので巻取りの練習を何回か行ってから先日撮影したフィルム現像を行ってみます。

1930 – 『パテーの自家現像』(吉川新形式寫眞叢書・第一篇、吉川速男著、アルス社)

今回9.5ミリ動画カメラを実使用するに当たってまず参考にしたのは歸山教正氏の『シネ・ハンドブック』(1930年)でした。もう一冊9.5ミリ専用の書籍が欲しいな…と見つけ出したのがこちらの『パテーの自家現像』。某古書店ブログで触れられているように直線をベースにした素敵なデザイン(フォントやその配列を含む)にはバウハウス等の影響を見ることができます。

第五章と第七章だけを御覧下さるだけでも、獨りで容易に好結果を擧げる事が出來ます。

冒頭にある通り現像の具体的な流れを詳述したのが第5章(薬品の配合)と第7章(現像の手順)。吉川氏本人の自筆イラストが多くあしらわれ9.5ミリフィルム現像の実際を視覚的に追うことができます。

現像用薬品(現像液/反転液)の配合については『シネ・ハンドブック』とほぼ同じ。ただし『パテーの自家現像』には9.5ミリ用の作業時間配分の一覧が掲載されていて参考になりました。

1930年頃に撮影された9.5ミリの個人撮影動画では時々画面に液体が流れたような跡を見ることができます。長期保管による褪色や変色だと思っていたのですが、現像液や反転液の洗浄不足による現像ムラなのだと気づきました。撮影者・現像者視点からフィルムを見てみるとまた違った発見があるものですね。

自家現像時の現像ムラの一例
(『池掃除』、1929年頃、個人コレクションより)

[出版年]
1930年

[発行所]
アルス

[定価]
壹円

[ページ数]
150

[フォーマット]
13.0 × 19.5 cm、函入

戦前・戦中期の9.5ミリ動画カメラを使ってみた [03] 現像篇 その1 道具を探す

1920年代にパテベビー映写機・撮影機が市販された折に、仏パテ社から現像用具の一式も発売されていました。現存数が極端に少なく、一般公開されているものとしてはパリのフォンダシオン・ジェローム・セドゥ=パテが唯一と思われます。

フォンダシオン・ジェローム・セドゥ=パテ所有の9.5ミリ現像機
(同組織所属のPaolo Bernardiniさん撮影)
https://www.instagram.com/p/BAYFaSQI-Of/

上下に歯のついた平枠に9.5ミリフィルムを巻きつけて左の箱に収め、台になっている四角い箱にセットし現像液を注入する仕掛けになっています。

『シネ・ハンドブック』(歸山教正著、1930年)より

歸山教正氏の著書『シネ・ハンドブック』(1930年)でも同種の現像用ツールが紹介されていました。同氏は平枠を木材で自作する手法も公開。複雑な構造ではないため今回は3Dプリンタで自作しようと考えていました。

ところが別な手法で9.5ミリフィルムを現像している人を発見!

『ロモ・タンクで9.5ミリフィルムを現像してみた』
https://www.filmkorn.org/develop-9-5mm-film-in-a-lomo-tank/?lang=en

ドイツの方で、9.5ミリのカラーリバーサルフィルム現像に成功しています。

数日前にサンクトペテルブルクから届いた実物。

ロモ社の8ミリ映写機やロモグラフィーは知っていますがロモ・タンクは初耳。8ミリ愛好家の一部では割とよく知られた方法なんですね。内側にらせん状の溝が刻まれたリールがあってフィルムを立てていく形をとります。リールを円形タンクに収めてホースから薬剤を注入。上部のつまみを回すとリールが回転し撹拌される仕組みとなっています。元々8ミリ用なので9.5ミリではリールの厚みが変わりますが、2ミリほどのワッシャーを噛ませると上手くいくそうです。

戦前・戦中期の9.5ミリ動画カメラを使ってみた [02] 撮影篇

という訳で9.5ミリ撮影機を持って町をフラフラしてきました。

10月19日の新潟市。天気はあいにくの曇り空でしたが、雲は薄く光量はそこそこでした。アーケード街を入ってすぐの一角、デューク・エリントンの壁画を制作するイベントが開催中。今日はその完成記念で制作者の挨拶と地元のちびっこジャズ団(新潟ジュニアジャズオーケストラ)の演奏会が行われていました。素敵なスウィング感のある演奏ありがとう。

制作過程を記録したブログがありました。

生れて初めての9.5ミリ動画撮影は「A列車で行こう」や「Cジャム・ブルース」を奏でる子供たちの姿になりました。

正直、80年近く前のフィルムなので全く映っていないんだろうなと思います。それでもいいかな、と。太陽の位置や光量を気にしつつ気になった対象にレンズを向け、構図を決めてシャッターを押し続け、ゼンマイを巻き直す…そういった一連の行為を実体験してみるのが楽しかったです。

モトカメラH型は手のひらに収まるサイズ感で使いやすかったです。絞りは2.8/3.5/5.6/8/11の5段階。やや暗めの場所では2.8に設定しそれ以外は3.5か5.6を使用。接写用のアタッチメントのセットも持っていきましたが使っている余裕はありませんでした。

その後も市内を歩き回りながら撮影を続けていきます。デジカメの充電池が切れてしまったため途中からはモトカメラのみで撮影。例年ハロウィンの企画で盛り上がる時期ながら今年はコロナ禍のあおりを受け多くのお店が休業中。万代橋橋詰の公共スペースをカフェスタンドとして商用利用する企画にお邪魔してのんびりした日曜の午後を過ごしました

「BANDAIBASHI coffee stand」プロジェクト
https://www.week.co.jp/postpic/1007821/

さて、ここからが本番。生まれて初めての9.5ミリフィルム自家現像に挑戦です。

戦前・戦中期の9.5ミリ動画カメラを使ってみた [01] フィルム装填篇

21世紀になっても8ミリ撮影機はまだまだ現役。愛好家がリアルやヴァーチャルで繋がっています。9.5ミリの伝統は途切れてしまっているので正直羨ましいな、と思います。

手元に未使用・未開封のフィルムが幾種類かあるので今回ひとつ封を切ってみました。ドイツのパテックス社が大戦中に市販していた一本で使用期限は1943年8月。

外箱の外観です。フィルム価格に現像料が含まれており、外箱をそのままパテックスに送ると現像されて戻ってくる仕組みになっていました。箱の裏面にはデュッセルドルフのパテックス社住所が印刷されています。

フィルムの種類は「Pathex Moto Kassette « H »」で、1930年代に発売されたパテ社モトカメラH型に対応したパンクロマチック・フィルムです。

まず外箱を開けていきます。「こちら側から開封してください(Hier öffnen)」の指示に従うと郵送時の注意書きが見えます。緩衝材として段ボール素材が使われていて、フィルムカートリッジが銀紙でくるまれていました。銀紙の内側は黄緑色でした。

ここから実際の装填作業に入っていきます。メーカーや機種によって手順は若干異なるものの、9.5ミリカメラでそこまで難しい作業が要求されることはありません。モトカメラH型ではフィルムを押さえつけるゲージ部分が可動式になっている(写真黄色の円)ので、そこをスライドさせて隙間を作りフィルムを押しこみます。その後スライドさせて元の位置に戻すだけで装填が完了します。

装填完了後、カメラの蓋を閉め撮影ボタンを押してフィルムを数センチ進めて張りを調整しておきます。いざ、撮影!です。

1938 – 『パテータイムス 第三巻第二號』 「救國の乙女ジャンヌ・ダーク(『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』)」紹介

『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』より

Pathe Times 1938 February Issue
« Presents La Merveilleuse Vie de Jeanne D’Arc »

戦前に9.5ミリ小型映画の愛好家向けに発売されていた冊子では『パテベビー月報』、『ベビーシネマ』、『日本パテーシネ』、『パテータイムス』などが知られています。このうち『パテータイムス』昭和13年(1938年)の2月号で、「救國の乙女ジヤンヌ・ダーク」が取り上げられていました。

本文中に「パテスコープ提供」「特大二巻」「タイトル [間字幕] は英文」とあるように、英パテスコープ社が『聖ジャンヌ(St Joan the Maid)』として発売していた2巻物の英縮約版を輸入販売したものです。

齢二十に満たぬ一介の乙女が祖國フランスを救ひ世界の奇蹟として今尚人口に膾炙する聖少女ジヤンヌ・ダルクの悲壮な行為を史實に依り、叙事詩的に描いた雄篇。しかも九ミリ半愛好者に手頃な特大2巻に壓縮され乍ら些かも無理な感じのない近来の傑作です。學校用としては歴史科、修身科教材として應用でき、御家庭、アマチユアの集會には觀賞用として洋畫飢饉の昨今必ずや皆様を堪能せしめませう。

時は今純戦時状態に入り國民精神總動員愈々徹底されて居りますが、斯る崇高な祖國愛の事蹟に接するは絶對必要ではありますまいか。その意味に於ても本映畫を御觀賞されることを敢えてお奨めいたします。

以上の2段落の紹介文があった後、フィルム前半に当たる第一巻の字幕の日本語訳が丸々掲載されています。

『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』は日本で劇場公開されておらず、戦前に日本語で言及された文章を見たことはありませんでした。戦時下の「祖國愛」を鼓舞する形ではあるものの、9.5ミリフィルム経由で紹介が行われていたのを確認できたのは収穫でした。

また今年のNHK連続テレビ小説『エール』にパテベビー撮影機が登場した話は御存じかと思われます。本号のパテータイムスでは古関裕而氏を「この天才作曲家古關氏が熱心を通り越したとも評さるべき九ミリ半アマチユアであることを御承知の人はあまり多くはない。氏はコンテスト等には殆ど出品せぬが默々として素晴らしい九ミリ半映畫をつくつてゐる」と紹介しています。

時は1938年。戦時下となった緊張感や不安感が見え隠れする一冊でもあります。それでもまだ「供給に餘裕ある九ミリ半フヰルム」の見通しが述べられていました。いかに楽観的だったかを翌年思い知らされるわけで、日本における9.5ミリ文化が潰えようとするギリギリの瞬間が記録されています。

1931 ‐ 『活動寫眞撮影術』(歸山教正&原田三夫共著、日本教材映画 [小型映画講座1])

Katsudou Shashin Satsueijutsu [Filming Moving Pictures] – Kaeriyama Norimasa (1931)

初期日本映画の発展に大きな影響を与えた映画理論家、歸山教正氏の残した概説書シリーズの一冊。「小型映画講座」の枠組みで、9.5ミリと16ミリを中心に動画カメラの原理、フィルムの種類、映画光学の基礎、照明、間字幕の作り方などについてまとめています。

技術面に特化した書籍ながら、巻頭に置かれた48頁の写真群は歸山氏の趣味やこだわり、人脈が反映されたものとなっています。洋画では現在でも無声映画の代表作とされる諸作(『裁かるるジャンヌ』『ニーベルンゲン』『戦艦ポチョムキン』)のスチルを収録。他にも独ウーファ社の作品が目立ちます。

国産映画の珍しい画像(撮影中のショット含む)が多く含まれていました。

「或映畫場面のコンポジション(映畫藝術協會)」と題された一枚。さらっと紛れこんでいますがもしかして『深山の乙女』(歸山教正監督、花柳はるみ主演)ではないですか。

「「撮影と照明(1)松竹蒲田映畫」と題された一枚。八雲恵美子さんの姿が見えます。

「實物の室内撮影と照明(日活映畫)」。写真上、左から峰吟子、夏川静江、一人置いて中央に村田實監督でしょうか。そうだとすると『この太陽』(1930年)の撮影風景になります。

初期の日活向島が有していたグラスハウス型スタジオ。

『活動寫眞撮影術』は「小型映画講座」と題された6冊物の第1巻に当たります。他の巻も歸山氏が絡んでおり共著に村田實、夏川静江、徳川夢聲氏の名が挙がっています。

1930年頃 米パテックス社・モトカメラ 9.5mm動画カメラ(テッサー f:2.7 F=20mm)ターレット型フィルター付

US Pathex 9.5mm Motocamera with Filter Turret (c1930)

1920年代中盤の手回し式パテベビーカメラ〜「モトリクス」の後継機として27年頃から市販開始され、30年代を通じて9.5ミリ撮影のスタンダードとなっていった機種。高級機仕様「ド・リュクス」や廉価版「モンディアルB」など様々なヴァリエーションが展開されていました。

当初ドイツ製レンズ(ツァイスのテッサーf:2.7)を採用。その後仏エルマジ社製に変更されています。今回入手したのは初期型のテッサー付。シリアル番号からすると1930年に製造されたレンズです。

普及機で中古市場(日本含む)にも多く出回っており、カメラ自体を見つけるのは難しくないと思います。この機体が面白いのはターレット型のフィルターアタッチメントが付いている所。メーカー名の記載はなく、1930年頃のパテ社カタログに該当商品がないことから日本で独自開発されたオプション製品と思われます。

[メーカー]
米パテックス社(英語仕様)

[シリアル番号]
V50274

[レンズ]
カール・ツァイス社 テッサー f1:2.7 F=20mm
シリアル:1040858

昭和11年(1936年)-『パテーベビー月報 第73号』

Pathé Baby Monthly No.73 (1936 March Issue)

大阪(南区安堂寺橋通り)に拠点を置いていたパテーベビー月報社が発行していた9.5ミリ小型映画専門冊子。16頁で年間購読料は24銭となっています。

以前に紹介した同年5月第75号は『メトロポリス』や『ハンガリー狂想曲』を中心とした構成でドイツ映画色が強い内容でした。紙面で触れられているように本号は3月10日の陸軍記念日を意識した軍事色の濃いものとなっています。

メイン企画は寶塚キネマ製作の『孝子五郎正宗』(S-403、特大鑵4巻)。紹介1頁に次いで3頁を費やして全字幕を掲載しています。

第二特集は「三月十日の陸軍記念日には」。
・『日露戰争回顧錄』(S-420、特大鑵3巻)
・『草に祈る』(G-256、特大鑵3巻)
・『戰友』(S-389、特大鑵1巻)
・『吉岡大佐』 (S-444、特大鑵1巻)
・『橘中佐』(S-446、特大鑵1巻)

それ以外の紙面は広告となっています。アルマ映写機、エクラA型映写機、コロネット撮影機など1936年のトレンドが伝わってくるラインナップでした。

1920年代後半 パテベビー × ツァイス・イコン「ディアフォト」(消失型露出計)

pathe baby zeiss ikon diaphot
Diaphot (lates 1920s extinction light meter , Pathé Baby × Zeiss Ikon)
1920年代後半にパテベビーブランドと独ツァイス・イコン社のコラボアイテムとして発売された露出計。1920年代前半に独Ica社とコラボした同名機器の後継で、パテ社&ツァイス社のコラボとして確認できている唯一のものです。
pathe-baby-zeiss-ikon-diaphot-02

円形の硝子の縁に細い金属製のフレームがあり、裏側ののぞき窓を覗きながらフレームを回していくとどこかの段階で風景が見えなくなります。その時に表面に書かれている数値を露出として撮影していく形です。「Extinction Light Meter(消失型露出計)」と呼ばれるタイプで目視による精度は低く、より高性能な露出計がカメラに内蔵されていく流れで使われなくなっていきました。

革ケースには説明書が入っていました。使用時のイメージ図などが掲載されています。

1930年代初頭 日本 パテベビー映写機 チラシ

二つ折り見開き4ページ、出版社名明記なし。パテベビー映写機、キッド、リュクスの3台を中心としたラインナップで1932年前後と思われます。ベビー映写機75円、キッド映写機が29円、リュクス映写機が165円、手回し式カメラ(レンズF=3.5)45円、モトカメラ115円の価格設定となっています。

1950年代末 仏パテ社 パテ・ウェボ M型9.5mm 動画カメラ(アンジェ二ュー/ベルティオ)

1940年代末、動画カメラの大型化とハイスペック化が進んでいく中で本家仏パテ社が発表したのがターレット型の本機でした。

今回入手したのは「9236」のシリアル番号が付された一台です。1950年代が4桁、60年代に5桁シリアルとなっているようで、レンズの組みあわせ等を含め1950年代末頃に市販/使用されていたものとおもわれます。

本体は灰色仕上げのダイキャスト。ファインダーを二種類搭載(下側がリフレックス型でレンズの捉えている像をリアルタイムで確認できます)、撮影速度は毎秒8~80コマまでの6速対応。30メートル(100フィート)のフィルムまで装填可能な仕様でした。

対応レンズの多さが売りでもあり、ソン・ベルティオ社とアンジェニユー社の広角、標準、望遠、ズームレンズを様々に組みあわせユーザーのニーズに対応できる態勢を取っていました。本機は:

・アンジェニユー R4 (F12.5 1:2.2)
・ベルティオ Cinor (F20 1:1.9) フィルター付
・ベルティオ Cinor (F50 1:3.5)

の3本が付属していました。

実使用されていたと思われ細かなペイントロスや傷、ファインダー内への埃の入りこみが見られます。メカニズム的には良好で、フィルムさえ入れたら今すぐにでも撮影できそうな感じでした。

昭和11年(1936年) – 『パテベビー月報 第75号』(『メトロポリス』『ハンガリー狂想曲』『撃滅』)

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」より

Pathé Baby Monthly No.75 (1936 May Issue)
Pathé Baby Monthly No.75 (1936 May Issue)

[内容]
1)表紙:『メトロポリス』より
2)9.5mm版 『撃滅』(小笠原明峰監督、山本嘉一主演。120メートル2巻、定価48円)
4)9.5mm版 『メトロポリス』(フリッツ・ラング監督。120メートル5巻、定価60円)
5)9.5mm版 『ハンガリー狂想曲』(ハンス・シュヴァルツ監督。120メートル4巻、定価48円)
6)新型電燈點滅機 広告
7)ゲバルト社 広告
8)裏表紙:パテ社モトーカメラ広告

[発行者]
パテベビー月報社(大阪市南區安堂寺橋通)

[サイズ]
13.1 × 18.2cm

[定価]
年間購読料24銭

1940年代末~50年代前半 仏GIC社 9.5ミリ動画カメラ

「9.5ミリ動画カメラ」より

GIC 9.5mm Movie Camera
GIC 9.5mm Movie Camera
(w/ Som Berthiot Cinor B 1:1.19 F=20 C Mount)

戦前にパテ社動画カメラなどを手掛けたマルセル・ボリュー氏は戦後ETM(エレクトロ・テクニーク・メカニーク)社に籍を移し動画カメラ開発に関わっていました。市場での成功を収めた後、同社の筆頭株主となったボリュー氏は1949年に社名をGIC(グループマン・アンデュストリエル・シネマトグラフィーク)に変更、同社の第一弾商品として8/9.5/16ミリ動画カメラを発売しました。こちらは9.5ミリ用で一般的に「GIC 9.5」と呼ばれています。

ボリュー氏はやがてGIC社を離れ、自身の名を冠した会社を設立。同社が展開した8ミリ/16ミリカメラは現在の日本でも多くの愛好家から評価されています。

GIC9.5は堅牢な造りが特徴です。本体に栗色のシボ加工を施されており、レンズはソン・ベルティオ社のシノールBを標準搭載。速度は毎秒16フレーム固定で静止画撮影などの機能はありません。本機はシリアルナンバー21132で、側面にルーアンの写真機店ヌヴー社のシールが貼られています。

20190418-som-berthiot-test01
ミラーレスでの試写

[メーカー]
仏GIC社

[シリアルナンバー]
21132

[時期]
1949~1953年

[レンズ]
ソン・ベルティオ シノールB 1:1.19 F=20 Cマウント

[本体]
5.4 × 10.0 × 15.5cm (レンズ、持ち手含まず)

1930年代後半 日本映画機社 エクセルL型 9.5ミリ動画カメラ

「9.5ミリ動画カメラ」より

late 1930s Nippon Eigaki & Co. Excel 9.5mm Movie Camera Model-L
late 1930s Nippon Eigaki & Co. Excel 9.5mm Movie Camera Model-L (with Excel Anastigmat f3.5 Lens)

1930年代の中盤~末に日本映画機社が発売していた9.5ミリ動画カメラ。

戦前の国産映写機は欧米(米英独墺仏)のコピーから始まっています。動画カメラも同様でエクセルは英コロネット社B型を参考にした外観となっています。手持ちのモトカメラ・アッシュと比較すると分かるように、高さと幅はほぼ同じながら奥行きが短くコンパクトな縦長デザインです。

独製モトカメラ・アッシュ(左)とのサイズ比較

上部に革製の持ち手がついており、少し上げると機種名とシリアルナンバー(9258)が見て取れます。正面部にスタートボタン、回りこむように金属製のプレートが留められています。レンズはエクセル・アナスティグマート。絞りはF3.5迄ですが、「f=20mm 2.9」の一段明るいレンズを備えた機体も見つかっています。

手巻きのスプリングを一杯に巻いてスタートボタンを押すと最初の十数秒勢いよく回ります。でもすぐに息切れして速度が落ちてしまいます。一分ほど回しても速度が落ちないモトカメラ・アッシュと比べると連続撮影の能力不足は否めません。

ただ、海外のカメラになかった機能で、エクセルの独自性が出ている部分が二か所あります。1)フィルムカートリッジと連動し、フィルム使用量の見える化が行われている。2)スタートボタンを押した状態で十数度回転させるとロックがかかり、力をかけなくても押した状態が持続する。実使用時にはどちらも便利な機能です。

excel-model-l-9-5-movie-camera-07

Excel Model-L Film Meter
蓋部に設置されたフィルム使用量メーター(上)とカートリッジの対応パーツ

光学系、革の質、モーターの安定性など、スペック的に海外動画カメラにはまだ追いついていないものの、片手の手のひらサイズに実用的な能力を詰めこんだ優良機種と見ました。

戦前の国産9.5mm動画カメラについてまとまった文献・研究などは残されていないようです。オンラインでは「ゼンマイ式8㎜カメラ館」が唯一の紹介ページ。参考になりました。

[メーカー]
日本映画機社(Nippon Eigaki & Co.)

[シリアルナンバー]
9258

[時期]
1930年代後半

[レンズ]
Excel Anastigmat F 3.5~14

[本体]
ダイキャスト/革張り 7.5 × 4.5 × 10.5cm (レンズ、持ち手含まず)

仏シネジェル社 ライネット9.5mm動画カメラ (1940年代末~50年代)

フランスのル・マンに拠点を置くシネジェル社が1949年に市販を始めた動画用のカメラ。8mm用と9.5mm用の2種類が用意されていました。録画速度は16コマ/秒で、静止画撮影モードもついています。

戦前のフランスの動画カメラは黒基調で、ダイキャスト製のどっしりしたものが主流でした。ライネットはオリーヴ色をしていてより軽やかな印象を与えます。

[メーカー名] 仏シネジェル社

[レンズ] H Russel Kynor 1:2.5 f=20mm

仏パテ社 モトリクス 9.5mm動画カメラ

1926年、仏パテ社はねじ巻き式モーターを取り付けて自動化した第二世代型動画カメラ「モトリクス (Motrix)」を発売しています。

幅が倍になり重さもずっしり。フランスでは動画撮影の定番となり、若干の改良を加えながら30年代後半まで様々な風景を撮り続けていきます。

以前に一度手放していて、安く出ていた機体を買いなおし。革の部分、ちょうつがいの辺りにダメージが目立ちますが、機構部はスムーズに動いています。

蓋になった開くとカートリッジ交換ができます。カバー内側にシリアルナンバー42955有り(モーター側は別シリアル)。 今回購入した機体にはカートリッジが残っており、中に現像済みのフィルムが残されていました。

[メーカー名] 仏パテ社
[本体シリアルナンバー] 42955
[モーター シリアルナンバー]024094

[レンズ] Trianar Krauss f=2cm
[レンズ シリアルナンバー] 224775

独パテックス社 モトカメラ H型 9.5mm動画カメラ(1930年代)

1930年代半ば~後半に仏パテ社が発売していた廉価モデル。こちらは独パテックス社仕様、上に革製の持ち手がついていて「PATHEX」のロゴが刻印されています。

本体シリアルナンバーは「649 H」。レンズには自国産のLaack Pololyt F=20mm 1:2.8を使用。仏製は現存数が多く中古市場でも供給過多となっておりますが、ドイツ製は数が少ないようです。

[メーカー] 独パテックス社
[本体シリアルナンバー] 649 H
[レンズ] Laack Pololyt F=20mm 1:2.8