1930年代後半 – 米アンプロ社 プレシジョン NC型 16mmサイレント映写機

「映写機」より

Ampro Precision 16mm Silent Projector
late 1930s US Ampro Precision Model NC 16mm Silent Projector

1930年代にシカゴ拠点のアンプロ社が発売していた16ミリ用の映写機。

1935年頃の初期モデルではランプハウスが円筒形でした。幾度かモデルチェンジを重ねていきK型でランプハウスが四角くなります。この時点では側面のモーターベルトが剥き出しとなっていたのですが、金属製のカバーを付け、明り取りの小さなランプも標準装備したのがNC型でした。

到着時のコンディションは悪かったです。ゴムと革を張りあわせたモーターベルトが中で腐って貼りついていたので取り除き、予備用ベルトと交換。またレンズ部分が幅広の溝をスライドするような設計だったのが、歪みが発生していて動きませんでした。固定用の金具を外し、歪んだ部分をわずかにヤスリで削って油を差すとスムーズに動くようになりました。

先ほど試写をしてみました。『チャップリンのスケート』(The Rink、1916年)のローラースケート場面を抜粋した仏コダック版の16mmプリントです。

[発売年]
1930年代後半

[メーカー名]
米アンプロ社

[ランプ]
DDB-DDW(750W 120V P28)

[レンズ]
Simpson Lens 2″ E.F. F: 1.65

[シリアルナンバー]
NC-18151

1910年代末 – 尾上松之助 『今戸大八』&『平井権八』 幻灯用 齣ガラススライド 4枚

Late 1910s – 4 Magic Lantern Glass Slides
Onoe Matsunosuke in Imado Daihachi (1917) & Hirai Gonpachi (1916)

1910年代末と思われる幻灯用の齣ガラススライド4点。

フィルムを基にしたこの種のスライドについては神戸大学の福島可奈子氏が「大正期から昭和初期における齣フィルムの蒐集と文化」(『映像学』2018年99巻)で言及されており、1917年に活動写真興行取締規則が施行された際に映画館から締め出された子供をメインターゲットに発売された、との指摘がなされています。

今回入手したのは『今戸大八』(1917年9月公開)『平井権八』(1916年5月公開)の一場面をあしらったもの。コンディションは良くありませんが赤や緑?、水色や黄土色の彩色が一部残っています。

パテベビー映写機延長アーム

1920年代に人気のあったパテベビー映写機は、基本となる本体に対して様々な拡張パーツを後付けしていくことができるようになっていました。

ベビーカラーを使い白黒画像を彩色していく、モーターを取り付ける、拡大レンズで画角を変える…パテ社の正規品を使っている人もいれば、自作パーツによる改良を試みる猛者もいます。

120メートル用の大型リール映写用に市販されていたのがこちらの延長アームです。手元には微妙にデザインの異なる2組があります。今回はシリアル番号25836のセットを映写機に付けてみました。

独バウアー T3型 Super8用サイレント映写機 (1960年代後半、イスコ・ゲッティンゲン・ヴァリオ・キプタゴン)

「映写機」より

先日入手したのが音響の分野で定評のあるバウアー社のT3映写機です。日本では取扱いされた記録がなく、電圧設定(110~250v)からみて海外から持ちこんだ一台と思われます。

驚いたのは機体のコンパクトさ。ボタン類も最小限に抑えられ子供向けと思わせる簡素さながら、レンズにはイスコ社によるヴァリオ=キプタゴンを搭載しています。

取っ手がついていて持ち運びやすく、パーティーなどで映像を流したり、手持ちのフィルムを取り急ぎ確認したい時などに真価を発揮しそうです。

対応フィルム:Super8 (60mまで)
対応電圧:110/130/150/220/240/250v
製造国:ドイツ
製造時期: 1966~67年
レンズ:Isco-Göttingen Vario Kiptagon 1 : 14 / 18-30
ランプ:8v/50w p30s (Osram 58.8007/Philips 13120/Sylvania CXR/KP-GT)

パテ・ベビー映写機 A型(1922~23年)

「映写機」より


これまでに登録したパテ・ベビー映写機はいずれも1920年代後半の後期型モデルでした。今回手に入れたのは最初期のA型。大正期末に製造されていたモデルです。シリアルが「013544」ですので1923年に市販された一台でしょうか。

後期型との違いとして
1) 彩色されたロゴが正面のレンズ穴下にある
2) 手回し用のノブが球形をしている
3) フィルムの受け側に巻き取り用の仕組みがない
4) 10m用カートリッジしか装填できない(後期型は20m用も映写可能)
5) フィルムを送る鉤爪が1つしかない(後期型は2つ)などの特徴を持っています。

実用に使う予定はないのですが、初期の小型映写機をこよなく愛する者として、こちらの一台がコレクションに加わったのは嬉しい限りです。

本体シリアルナンバー: 013544
対応フィルム: 9.5mm (10メートルカートリッジ専用)
対応電圧:90~110v
製造国:フランス
製造時期: 1923年頃

エルモ社 躍進號 16mm-8mm両用 サイレント映写機(1930年代後半)

「映写機」より

1930年代半ばに発売されたエルモ社による一台で、さくらスコープ(小西六)と並び戦前の日本を代表する映写機。2007年に公開された邦画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の映写場面でも登場しています。

躍進號の特徴はアーム/レンズ部からなる独立パーツを取り替えることで複数のフィルム形式(16mm/9.5mm/8mm)に対応できる点です。ドイツのニッツオ社や仏エルクサム社が採用していた方式ですが、交換用のパーツが実際にセットになっている躍進號は今回初めて見ました。

エルモ社はこの映写機のため実用新案を10以上取得しており、他の映写機にはない仕掛けやデザインが多く見られます。

本体シリアルナンバー: Y.51481
対応フィルム: 16mm/Single 8
対応電圧:90~110v
製造国:日本
製造時期: 1930年半ば
レンズ:エルモ プロジェクション・レンズ
ランプ:100W

仏シネジェル社 ライネット9.5mm動画カメラ (1940年代末~50年代)

フランスのル・マンに拠点を置くシネジェル社が1949年に市販を始めた動画用のカメラ。8mm用と9.5mm用の2種類が用意されていました。録画速度は16コマ/秒で、静止画撮影モードもついています。

戦前のフランスの動画カメラは黒基調で、ダイキャスト製のどっしりしたものが主流でした。ライネットはオリーヴ色をしていてより軽やかな印象を与えます。

[メーカー名] 仏シネジェル社

[レンズ] H Russel Kynor 1:2.5 f=20mm