1917-22 忘れじの独り花(17)ガード・エゲーデ=ニッセン Gerd Egede-Nissen (1895 – 1988) ノルウェー

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Gerd Egede-Nissen Autographed Postcard
Gerd Egede-Nissen c1920 Autographed Postcard
今までにも数度名前が出てきている北欧の人気女優アウド・エゲーデ・ニッセンの妹に当たるガードさん。エゲーデ・ニッセン家は元々俳優一家で、アウドと妹弟含めて6名が劇の道に進んでいます。

1918年9月7日付ノイエ・キノ・ルントシャウ紙より 主演作『復讐の女神』の広告
1918年9月7日付ノイエ・キノ・ルントシャウ紙より 主演作『復讐の女神』の広告

姉アウドとは異なりガードさんはノルウェーの舞台を中心とした活動を続け、戦後までの長いキャリアを築いていきます。それでも折に触れて映画に出演、当初はデンマークでスィランダと共演を重ね、次いで1918年からは(姉アウドを中心とした)ドイツ拠点のエゲデ・ニッセン映画社作品に出演し始めました。地元ノルウェーに戻って制作された『パン』(1922年)は商業的な成功も収めています。

『パン』(1922年)より
『パン』(1922年)より

[IMDB]
nm0250791

[Movie Walker]

[誕生日]
4月21日

[出身]
ノルウェー(ベルゲン)

[サイズ]
8.5 × 13.4cm

[データ]
Verl. Herm. Leiser, Berlin Wilm. 7477.
メッセージ面に1916年11月21日に独ケルンでタイプ打ちされた文章有。

1917-22 忘れじの独り花(16)エディット・メラー Edith Meller (1897 – 1953)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Edith Meller c1920 Autographed Postcard
Edith Meller c1920 Autographed Postcard
第一次大戦中の1916年にデビューし1922年頃まで旺盛な活動を見せていたハンガリー出身の女優。

初期はナチオナール映画社やPAGU社作品に多く出演。このうち助演した1917年の « Der feldgraue Groschen »が現存しており、オンラインで動画が公開されています。

« Der feldgraue Groschen »でのエディット・メラー(右端)

1920年にPAGU社で製作された恋愛アドベンチャー『熱国の呪』(Indische Rache)は日本でも公開されています。

Edith Meller in Die wilde Ursula (1918)
キノベジッツァー誌 1918年5月13日付
初期主演作 « Die wilde Ursula » の紹介記事

[IMDB]
nm0577914

[Movie Walker]
エディット・メラー

[誕生日]
9月16日

[出身]
ハンガリー(ブダペスト)

[サイズ]
8.6 × 13.6cm

[データ]
Film-Sterne 133/4. J.Brass

1917-22 忘れじの独り花(15)ヒルデ・ヴェルネル Hilde Wörner (1895 – 1963)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Hilde Wörner c1920 Autographed Postcard
Hilde Wörner c1920 Autographed Postcard

多年の舞臺經歴を有するドイツ知名の名女優で、映画に出演することは頗る稀で僅に數種あるのみです。我國には「王城鬼ボルサモ」が紹介されたのみだが、容姿の端麗、演技の確實なことは優に群少女優を抜いてゐる。

『世界のキネマスター』(1925年)

Hilda-Worner02

カリオストロ侯爵を主役に据えた奇譚『王城鬼ボルサモ』(1920年)で初めて出演作が紹介され、その後『快傑ダントン』(1921年)で日本のスクリーンに再登場しました。

元々はリザ・ワイゼ(Lisa Weise)が抜けた穴埋めでベルリン劇場に雇われたのがきっかけで、すぐに映画社の目に留まり映画女優デビューにこぎつけます。

Hilde Wörner in Danton (1921)
『快傑ダントン』(1921年)より

『快傑ダントン』では仏革命期に権力を持った政治家エロー・ド・セシェルに拾われ、豪華な貴族生活にまぎれこんでいく少女バベットを演じていました。また、日本未公開ながらルビッチのドイツ期最終作として知られる『炎』(Die Flamme、断片のみ現存)でも準ヒロインの扱いで登場しています。

[IMDB]
nm0937339

[Movie Walker]
ヒルデ・ヴェルネル

[誕生日]
11月17日

[出身]
ドイツ(カッセル)

[サイズ]
8.7 × 13.5cm

[データ]
Verl. Herm. Leiser,Berlin-Wilm. Phot. Zander & Labisch 1219

1917-22 忘れじの独り花(14) エステル・カレナ Esther Carena (1898 – 1972)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Esther Carena c1920 Autographed Postcard
Esther Carena c1920 Autographed Postcard

女優としての活動は大正時代の後期(1916~24年)に集中しています。1916年に舞台の仕事を探しにイタリアからドイツへやってきたのですが、仕事はなく、当初は「乗り気ではなかったのだけれど」映画で生計を立て始めました。

経験を積むにつれ映画の可能性を実感していくようになり、自身の衣装デザインを手掛けるなど積極的な自己主張を見せるようになります。ケリー・ドイチュラント探偵物(ハリー・ピール主演)やウェッブス探偵物(エルンスト・ライヒャー)などミステリー作品に多く出演、イタリア時代に心得のあったアクロバットの経験も生かし、アクションや舞踏など活動派のセンスも見せています。

der kinobesitzer, 1918-06-01, seite 11-carena
キノ・ベジッツアー誌1918年6月1日号より、ハリー・ピール監督作品『彼奴の仇敵』(Sein Todfeind)紹介記事
Esther Carena in Ikarus, der fliegende Mensch (1918)
『鳥人イカルス』(1918年, Ikarus, der fliegende Mensch)より

初期作品の一つ、第一次大戦を背景にしたメロドマラマ『鳥人イカルス』はフィルムが現存しており、ドイツ映画協会のオンラインサイト、フィルムポータル.deにてデジタル版が公開されています。

[IMDB]
nm0136824

[Movie Walker]
Esther Carena

[誕生日]
8月24日

[出身]
ドイツ(ハノーファ)

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Verl. Herm. Leiser, Berlin Wilm. 3035

1917-22 忘れじの独り花(13)ペギー・ロンガルト(ロンガード) Peggy Longard (1896 – ?)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Peggy Longard c1920 Autographed Postcard
Peggy Longard c1920 Autographed Postcard

1910年代末に女優デビュー、19年頃からメディアで名前を見かけるようになります。

Peggy Longard in 1919 Elegante Welt issue 14
エレガンテ・ヴェルト誌14号(1919 Elegante Welt)より

クレジットされていないものの1919年公開された『不思議な話』(Unheimliche Geschichten)に出演。コンラート・ファイトら男女優3名が悪魔に扮した背徳的な幻想譚です。後半に令嬢役で数カット登場している女性がペギーさんでした。

Peggy Longard in Unheimliche Geschichten (1919)
『不思議な話』(1919年, Unheimliche Geschichten)より

1921年に3部作『フォルチュナート』の女主人公に抜擢されましたが、同作はさほど話題にならず埋もれていきます。ペギー・ロンガルトも何がしかの理由でこの後映画界を離れてしまっています。実質的活動は三年ほどでした。

Die neue Kino-Rundscha 1921-01-29-21
ノイエ・キノ・ルントシャウ誌1921年1月29日号よりペギー・ロンガルト主演『フォルチュナート』3部作広告

[IMDB]
nm1800486

[Movie Walker]

[誕生日]
不明

[出身]
不明

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
« Ross » B.V.G. Berlin S.W. 68. Balász W30, Phot.

1917-22 忘れじの独り花(12) マリア・ミンツェンティ Maria Minzenti / Mindzenty (1898 – 1973) 墺

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Maria Minzenti (Mindzenty) c1920 Autographed Postcard
Maria Minzenti (Mindzenty) c1920 Autographed Postcard

オーストリア出身で1920年から映画への出演を始め、当初は母国オーストリアを中心に活動(オリンピア映画社、ライト映画社)、次いで24~25年ごろからドイツに活躍の場を広げていきます。この時期にエルンスト・ライヒャー監督によるウェッブス探偵物(『ウォリントン夫人の香水』)やフランツ・オステン監督作品(『ティアガルテン公園の一軒家』)で重要な役割を演じました。

Maria Minzenti in Die Villa im Tiergarten (1927)
『ティアガルテン公園の一軒家』(1927年, Die Villa im Tiergarten)

1920年代半ばには英国でも名を知られており、ヒッチコックが1925年『快楽の園』を製作時、当初のヒロイン役はマリア・ミンツェンティを予定していたそうです。

30年前後にトーキーが到来すると共に映画界を引退。その直前、1933年に公開されたハンガリー映画『バラトン湖の裁き』でヒロインを演じました。湖岸地帯の漁村での人間ドラマを扱ったもので、独特の緊張感から戦前ハンガリー映画秀作の一つに数えられています。

Maria Minzenti in Ítél a Balaton (1933)
『バラトン湖の裁き』(1933年, Ítél a Balaton)より

[IMDB]
nm9414289
nm1084539

[Movie Walker]
マリア・ミンツェンティ

[誕生日]
5月21日

[出身]
オーストリア(ウィーン)

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Verl. Herm. Leiser, Berlin-Wilm. 6009. Atelier Barakovich Wien.

1917-22 忘れじの独り花(11)グズロン・ブルーン・ステフェンセン Gudrun Bruun Stephensen (1892–1946) デンマーク

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」・「北欧諸国 [Nordic Countries]」より

Gudrun Bruun Stephensen c1920 Autographed Postcard
Gudrun Bruun Stephensen c1920 Autographed Postcard
デンマーク映画初期から活動していた女優さん。スィランダ主演の短編『大都会の誘惑』(Ved Fængslets Port、1911年、ノルディスク社)でもパーティー場面に端役で登場している姿を確認できます。

女優キャリアの中心は1917年から23年で、フリッツ・マグヌッセンやラウ・ラウリッツェン監督作品に多く登場、脇役からヒロインまでこなす安定感を見せていました。

Gudrun Bruun in Der Gang in die Nacht (1921, Murnau)
『夜への旅』(Der Gang in die Nacht、1921年)より

1910年代の北欧映画はドイツでも人気があり、次第に知名度を高めていく中で1921年にはムルナウ作品『夜への旅』の主演を果たします。同作では初老の眼科医師(オラフ・フォンス)と不倫仲になりながら、患者としてやってきた盲目の画家(コンラート・ファイト)に鞍替えし自身の破滅を招いていくヒロイン役を務めていました。

『夜への旅』はややミスキャスト気味で終始の鬱展開、あまり高い評価を得ていない一作です。それでも随所にこの監督らしい緊張感を見て取ることができます。

[IMDB]
nm0116801

[Movie Walker]

[誕生日]
9月22日

[出身]
デンマーク(コペンハーゲン)

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Verl. Herm. Leiser, Berlin-Wilm. 3133