1930年代前半 豆ブロマイド

手持ちの豆ブロより1932~34年と思われるものを一部スキャンしました。紙質はあまり良くはなく裁断のずれている個所も目立ちます。名の知れた男女優さんばかりですがそれでも数名特定できていません。活動期間の短かった大都・琴路美津子さんのブロマイドも一枚含まれています。

ルネ・ナヴァール René Navarre (1877 – 1968) 仏

1913年の活劇『ファントマ』で怪盗ファントマを演じたのがルネ・ナヴァールでした。同作は仏活劇の中心がヴィクトラン・ジャッセ監督(『ジゴマ』『プロテア』)からルイ・フイヤード(『レ・ヴァンピール』『ジュデックス』)へと移り変わっていく転換点となった一作でもあります。

ナヴァールは1910年代にフイヤード作品で活動した後、20年代に同監督が亡くなった後も『ヴィドック』(1923年)や『ジャン・シューアン』(1926年)など活劇色濃い諸作で存在感を見せました。

ゴードラン夫人さま
R・ナヴァールの雄姿を
記憶に留めていただいていたことに
感謝の気持ちをこめて

A Madame Gaudran,
En remerciement du bon
souvenir qu’elle a gardé
de
R. Navarre

第二次大戦中、パリ解放直前の1944年5月に残された一枚です。

[IMDb]
nm0622772

[出身]
フランス(リモージュ)

[誕生日]
7月8日

[データ]
Studio G.L. Manuel Frères Paris-Etoile

[サイズ]
8.8 × 13.8cm

1927-28『地雷火組』河部五郎 豆ブロ6種

[公開]
1927~1928年

[監督]
池田富保

[IMDb]
第一篇第二篇完結編

[JMDb]
第一篇第二篇完結編

尾上松之助 小型ブロマイド 2組 26枚(1920年頃)


絵葉書として売り出されていたのですが、実際は小型のブロマイドでした。大きさは4.6×7.0cm、大入り袋を模した紙製ケースに入っています。

これだけの枚数があっても、出演数、リメイクの多い尾上松之助ですと時期の特定が難しそうな感じです。『曲垣平九郎』『尾張三郎丸』『加藤清正』『不和数右衛門』『加賀鳶松五郎』『曽我兄弟』『仙石權兵衛』など1919~20年の公開作品が多く、逆に1921年以降の有名作品(『楠公訣別』)が少ないことから、1922年頃ではないかと推測しています。当時、同デザインの絵葉書も発売されていましたので、併せて検証していくと絞りこめるのではないかな、と。

青ケース(13枚入り)
曲垣平九郎(1916/1920)
尾張三郎丸(1920)
・矢島彌次郎
曲垣平九郎(1916/1920)
加藤清正(1920)
大力猪之助(尾張三郎丸)(1920)
・無題
・木村又蔵(1924)
不和数右衛門(1912/1920)
一心太助(1914/1922)
め組辰五郎(1922)
加賀鳶松五郎(1915/1919)
加賀鳶松五郎(1915/1919)

黄ケース(13枚入り)
宮本武蔵と佐々木岸柳(1914)
忠臣蔵(1921)
児雷也物語(1921)
め組辰五郎 [重複](1921)
山中鹿之助(1921)
曽我兄弟(1915/1920)
・無題
忠臣蔵 [重複](1921)
仙石權兵衛(1920)
・木村又蔵 [重複]
・任侠勇み駒
山中鹿之助(1911/1916/1921)
・無題(忠臣蔵?)

松竹花形キネマカード(手彩色版・元箱入り 1920年代後半)

大正14年(1923年)頃の松竹俳優ブロマイド(手彩色版)

大正時代の終わり(1923年頃)と思われる5.6 × 8.2 cmの小型ブロマイド20枚。

手彩色による色付けは写真の細やかな陰影を消してしまう欠点があるとはいえ、モノクロでは伝わってこない艶やかな色遣いを窺い知ることができます。これより数年後に市販された一回り小さな(4.6 × 7.0 cm)ブロマイドは古本屋さんなどで時折取り扱っているのを見かけますが、このサイズの物は初めてでした。

入手した20枚の内訳は:

1)栗島すみ子11枚
2)川田芳子1枚
3)東榮子1枚
4)歌川八重子1枚
5)英百合子1枚
6)五月信子1枚
7)井上正夫1枚
8)岩田祐吉1枚
9)寺島榮一1枚
10) 井上正夫&栗島すみ子(1923年の『嗚無情』より)1枚。

このうち栗島すみ子、歌川八重子、川田芳子、東榮子、五月信子さんの5人についてはサイン物のコレクションにて直筆を紹介しております。