メイ・マカヴォイ May McAvoy (1899 -1984) 米写真家ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション(4)

「ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション」「合衆国・カナダ・オーストラリア」より

May Mcavoy Early 1920s Inscribed Photo
May Mcavoy Early 1920s Inscribed Photo

メイ・マカヴォイとブルース・ゴードンは『鐘の鳴る家』のスターである。マカヴォイ嬢は時に自身を「待機する少女」と形容している。映画界の名聲への道は伝記作家たちを信じるならば数多あれど、マカヴォイ嬢の辿った道筋は中でも他に例を見ないものであつた。或る日友人の女優と待ち合わせ中、その女優んの知人が嬢を見て「紹介して」と頼んだのである。紹介のため映画スタジオを訪れ、嬢に映画の仕事を紹介する展開となつた。当座は女中の役を多く務め、(撮影現場で)多くの花形俳優を待つことになつた。その後『パーフェクト・レディ』でマッジ・ケネディー嬢の妹役を演じ、しばらくは「妹役」を続けることになつた。楽天家の彼女が尚も待ち続けていると、J・スチュアート・ブラックトン監督が声をかけてきた。一連の映画作品のヒロインを任せたいというのである。『鐘の鳴る家』はその第一弾作品である。二十歳のマカヴォイ嬢は今や自身が花形となつた。『センチメンタル・トミー』グリゼル嬢役でこれまで一番の演技を見せている。(英『ピクチャーゴア』誌1922年3月号)

May McAvoy and Bruce Gordon are the stars of The House of the Tolling Bell. May McAvoy sometimes describes herself as « The Girl Who Wailt ». There are many ways towards film fame, if we are to believe the biographers, but May’s way is all her own. Waiting for an actress friend was she one day, when a friend of that friend saw her, and asked for an introduction. This introduction led to a visit to a film studio and the introduction of May McAvoy to film work. May became a maid pro tem., and waited (for film purposes) upon many famous stars. Then she played Madge Kennedy’s sister in The Perfect Lady, and a succession of « sister » parts followed. She was waiting, Micawber-like, for another job, when J. Stuart Blackton engaged her as featured lead for a series of pictures, of which The House of the Tolling Bell is the first to be released this side. These days, twenty-year-old May is a star, and her « Grizel » in Sentimental Tommy is her biggest achievement.

The Picturegoer (VOL. 3. NO. 15. MARCH, 1922., p.54, London)

『ベンハー』と『ジャズ・シンガー』、ハリウッド無声映画史に残る二つの作品で知られているのがメイ・マカヴォイ。同時期に一世を風靡していたコリーン・ムーアやクララ・ボウの型破りな魅力はありませんでしたが、メリハリのついたカッチリした演技を得意としルビッチ作品(『三人の女』『ウインダミア夫人の扇』)でも重用されていました。

個人的には1924年の幻想ロマンス『幻の家(Enchanted Cottage)』でリチャード・バーセルメスを相手に披露した情感のこもった演技を高く評価しています。

May Mcavoy in Jazz Singer
『ジャズ・シンガー』(1927年)でのメイ・マカヴォイ
Mae Mcavoy in Ben Hur
『ベン・ハー』(1925年)でのエステル役
May Mcavoy in Lady Windermere's Fan
『ウインダミア夫人の扇』(1925年)より

[IMDB]
May McAvoy

[Movie Walker]
メイ・マカヴォイ

[出身地]
合衆国(ニューヨーク・シティ)

[誕生日]
9月8日

[撮影]
ドナルド・キース(Donald Biddle Keyes)

[サイズ]
25.3 × 31.7 cm(カーボン製フレーム含)

エセル・クレイトン Ethel Clayton (1882 -1966) 米写真家ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション(3)

「ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション」「合衆国・カナダ・オーストラリア」より

Ethel Clayton c1920 Inscribed Photo
Ethel Clayton c1920 Inscribed Photo

パ社の人気花形はイリノワ州の町シャンペーンで生まれ、シカゴの聖エリザベス修道院で教育を受けた。演劇世界への第一歩は舞台での演技がきっかけで、すぐにエドウィン・スティーヴンスと『悪魔』で共演することとなった。映畫界の参入は古参ルービン社である。『兵士の愛人』『マギー・ペッパー』『男と女と金』『女の武器』、ルパート・ヒューズ氏の優れた原作を映画化した『虚栄より醒めて』、『恋する女』等のフェイマス・プレイヤー社作品で大成功を収めた。身長は五尺五寸、體重は十五貫七百匁。赤みがかった金髪で灰色の瞳を有し、戸外での運動を殊に好んでいる。

This popular Paramount star was born in Champaign, Ill., and educated in St. Elizabeth’s Convent, Chicago. Her initial venture in the theatrical world was as a featured player in stock after which she was prominently cast with Edwin Stevens in « The Devil. » She began her screen career with the old Lubin company. She has achieved her greatest success upon the screen with the Famous Players company in « Pettigrew’s Girl, » « Maggie Pepper, » « Men, Women and Money, » « More Deadly than the Male » the film version of Lupert Hughes’ splendid story « The Thirteenth Commandment, » and « A Lady in Love. » Miss Clayton is five feet five inches in height and weighs a hundred and thirty pounds. She has red gold hair and gray eyes and is very fond of all outdoor sports.

Who’s Who on the Screen (New York: Ross Publishing Co., 1920.)

Ethel Clayton In lightnin'
『雷光』1925年より

米サイレント映画の終焉期(ジョン・フォード監督の『雷光』1925年やヴェラ・レイノルズ主演の『リスキー・ビジネス』1926年)に雰囲気のある母親役で登場していたのがエセル・クレイトンでした。立ち位置としてはローズマリー・セビーと重なる感じでしょうか、1910年代短編で娘役を演じていた点も共通しています。

エセル・クレイトンは当時勢いのあったルービン社(Lubin Manufacturing Compan)の花形女優でした。主演作は幾つか日本でも公開されており愛好家には知られていたようです。初期作品では1913年の『大地が揺れるとき』(When the Earth Trembled)が現存。1906年のサンフランシスコ大地震(M7.8)が物語に絡んでおり、ニュースリール映像も含まれていました。

カーボンフレームも含めると30×40センチを越える大きな写真。被写体深度を浅目にとっており、顔の肌ではなく手前のまつ毛先端辺りにピントが来ていて淡く甘い感じの仕上りとなった一枚です。

[IMDB]
Ethel Clayton

[Movie Walker]
エセル・クレイトン

[出身地]
合衆国(イリノワ州シャンペーン)

[誕生日]
11月8日

[撮影]
ドナルド・キース(Donald Biddle Keyes)

[サイズ]
33.2 × 40.5 cm(カーボン製フレーム含)

ライラ・リー Lila Lee (1905 -1973) 米写真家ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション(1)

「ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション」
「合衆国・カナダ・オーストラリア」より

Lila Lee c1920 Inscribed Photo
Lila Lee c1922 Inscribed Photo

ライラ・リー嬢はニューヨーク市で生れ、家庭教師の教育を受けた。幼くしてヴォードヴィルで活動を開始、指導はガス・エドワーズ氏によるもので、嬢の「発見」は同氏の功績が大なりと言わねばならない。氏の手による名曲『ジミー・ヴァレンタイン』の初披露時に歌っていたのがリー嬢で、また同氏の手掛けた「少女歌劇物」にも数多く出演。舞台の愛好家たちは愛情をこめて「抱っこちゃん(Cuddles)」と呼んでいる。映画界での第一歩はフェイマス・プレイヤー社の『見せかけの船路』で以後『可愛い海賊』『男性と女性』『狼の娘』『米国市民ホーソン君の冒険』と出演を重ねていく。身長は五尺三寸、體重は十三貫三百匁、黒目黒髪。

Lila Lee was born in New York City and was educated by private tutors. She started her stage career in vaudeville at an early age, under the guidance of Gus Edwards, to whom must be given the credit for « discovering » her. She was the original « Look Out for Jimmy Valentine » girl introducing that song for Mr. Edwards, and has appeared in many of his « kid » revues. She is fondly known to all theatre-goers as « Cuddles. » She started her screen career with Famous Players, making her first appearance in « The Cruise of the Make-Believe », followed by « Such a Little Pirate, » « Male and Female, » « A Doughter of Wolf, » and « Hawthornes of the U.S.A. » She is five feet three inches tall, weighs a hundred and ten pounds, and has black hair and black eyes.

Who’s Who on the Screen (New York: Ross Publishing Co., 1920.)

ドナルド・キース(Donald Biddle Keyes)氏は1920年初頭~1954年にかけロスアンゼルス拠点で活動していた写真家です。ラスキー・フェイマス・プレーヤー社~パラマウント社でスチル写真の撮影に携わり、ウォーレス・リードやルドルフ・ヴァレンティノ、グロリア・スワンソン等当時の花形俳優のポートレート写真を多く残しました。

その後1930年代には自身の写真スタジオを立ち上げゴールドウィン映画社やユナイテッド・アーティスト社でスチル撮影を続け、1954年の引退まで業界で高い評価を維持し続けました。

今回ご紹介するのは、キャリア初期に自身の撮影した写真にメッセージとサインを入れてもらったキース氏の個人旧蔵品です。第一弾は1920年代フェイマス・プレーヤー社の花形で、トーキー移行後も活躍を続けた実力派女優ライラ・リー。ヴァレンティノ主演作『血と砂』(1922年)でヒロインを務めた際の一枚で、当時の映画雑誌グラビアにも使用されていました。

Lila Lee in Blood and Sand
『血と砂』(1922年)より

[IMDb]
Lila Lee

[Movie Walker]
ライラ・リー

[出身地]
合衆国(ニュージャージー州ユニオン・ヒル)

[誕生日]
7月25日

[撮影]
ドナルド・ビドル・キース [Donald Biddle Keyes]

[サイズ]
17.8 × 24.1 cm (カーボン製フレーム除く)

ワンダ・ホウリー Wanda Hawley (1893 -1963) 米写真家ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション(2)

「ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション」
「合衆国・カナダ・オーストラリア」より

Wanda Hawley 1922 Inscribed Photo
Wanda Hawley 1922 Inscribed Photo

ワンダ・ホウリー嬢はペンシルヴァニア州スクラントンで生を受け、幼少時に家族と共にワシントン州シアトルに居を移し同地で教育を受けた。銀幕デビュー時はフォックス映画社に在席、同社で8か月務めた後ラスキー撮影所に合流、フェアバンクス氏の『ドグラスの跳ね廻り』に女主人公として登場した。またウィリアム・S・ハート、チャールズ・レイ、ブライアント・ウォッシュバーン、ウォーレス・リード諸氏とも共演。特筆すべき役柄としては『エヴリーウーマン』で「美」を象徴的に演じた「美子(Beauty)」がある。今はリアルアート映画社に籍を置き、軽めの恋愛劇シリーズに主演中で第一弾は『ホッブス嬢』。身長は五尺三寸。体重は十三貫三百匁。金髪に灰色がかった青の瞳を有し運動も得意としている。

Wanda Hawley was born in Scranton, Pa., but together with her family moved to Seattle, Washington, when she was a child. She received her education in Seattle. Wanda Hawley made her screen debut with the William Fox Company and after playing with them for eight months joined Lasky studio forces and appeared as leading lady for Douglas Fairbanks, in « Mr. Fix-it. » She has also appeared opposite William S. Hart, Charlie Ray, Bryant Washburn, Wallie Reid and others. One of her most notable screen characterizations was the symbolic role of « Beauty » in « Everywoman. » She is now being starred in Realart Features in a series of light romances, the first of which is « Miss Hobbs. » She is five feet three inches high, weighs a hundred and ten pounds, and has blond hair and greyish blue eyes. She is an able sportswoman.

Who’s Who on the Screen (New York: Ross Publishing Co., 1920.)

フェアバンクス作品のヒロイン(『ドグラスの跳ね廻り』)、デミル作品(『男性と女性』『連理の枝』)、ヴァレンティノとの共演(『ヤング・ラジャー』)まで1920年前後のハリウッドでシンデレラストーリーを歩んでいった女優さん。「オックスナードの思い出に(Memories of Oxnard)」の一文が付されており、ロケ地にオックスナード砂丘が選ばれた『燃ゆる砂(Burnig Sands)』撮影時の一枚と思われます。

Wanda Hawley in the Affairs of Anatol
『アナトール』(1921年)より
Wanda Hawley in the Young Rajah
『ヤング・ラジャー』(1922年)より

[IMDb]
Wanda Hawley

[Movie Walker]
ワンダ・ホウリー

[出身地]
合衆国(ペンシルヴァニア州スクラントン)

[誕生日]
6月30日

藤野 秀夫 (1878- 1956)

「日本 [Japan]」より

Fujino Hideo Autographed Photo
Fujino Hideo Autographed Photo

藤野秀夫ももう年を取つた。彼はことし四十八歳である。藝は達者だがブロマイドの賣れぬ役者である。

彼は家庭にあつては好々爺だといふ評判である。なる程、彼の洋服姿を見ても、いかにも温厚紳士らしく思はれる。頬部の豊麗、鼻唇溝の深い線、そして大顎骨筋の豊隆、堂々たる風采である。彼の顔面の缺點は、鼻梁の整調に似ず、鼻翼の稍大に過ぎることと目尻の少しく下つてゐることである。身長五尺一寸、體重十六貫。

彼は東京の生れで明治二十八年山口定雄の一座に加入して初舞臺を踏み、その後喜多村の門下となつた。大正六年日活にはひり、十一年國活に移り、更にその翌年松竹に入社して今日に及んでゐる。最近の作では「眞珠夫人」の荘田勝平に扮して成功を収めてゐる。

『キネマスターの素顔と表情』
(羽太鋭治著, 南海書院, 1928年)

[JMDb]
藤野秀夫

[IMDb]
Hideo Fujino

[出身地]
日本(東京)

[誕生日]
5月16日

[データ]
10.0 × 14.0cm

中村 梅太郎 (マキノ梅太郎 1907 – 没年未詳)

「日本 [Japan]」より

Nakamura Umetaro Autographed Photo
Nakamura Umetaro Autographed Photo
マキノ省三に見いだされ、「マキノ梅太郎」名義で1927年に銀幕デビュー。 「マキノ青年派」(潔、久夫、登六、政美、梅太郎)の一角を担う若手のホープとして『神州天馬侠』4部作に主演しました。その後帝キネに移り市川百々之助主演作や明石緑郎主演の時代劇で準主役を演じるも、1930年の『地獄絵巻』を最後に出演記録が途切れています。

[JMDb]
マキノ梅太郎
中村梅太郎

[IMDb]
Umetarô Makino

[出身地]
日本(兵庫県神戸市)

[誕生日]
12月30日

[データ]
11.0 × 15.2cm

マリー・オズボーン Baby Marie Osborne (1911 – 2010) 米

「 合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

Marie Osborne 1923 Inscribed Photo
Baby Marie Osborne 1923 Inscribed Photo

映畫界に這入つたのは數年前で、最初はパセ會社のバルボア映畫に現はれた。大正六年の春電氣館に上場されたルス・ローランド嬢出演の連續映畫「赤輪」に、オスボーン嬢も姿を見せてゐた。その映畫はバルボア撮影所の製作に係つたもので、恐らく我國に於ける最初のお目見得であつたらうと思ふ。

房々とした髪、晴れやかな頬、明るい無邪気な瞳、そして子供らしい唇、それ等は映畫劇に於ける子役として、最も適當なものであつた爲めに、嬢の出演映畫はその製作の度に多大の拍手をつて迎へられた。その結果、パセ會社は特に嬢を主人公とする映畫を作つた。「可憐なマリー・サンシャイン」「ジョートと龍」「日蔭と日向」「黄昏の物語」「雙兒のキッディー」などがそれである。その頃から嬢はサンシャインという綽名で呼ばれるようになつた。この綽名が示すやうに、嬢の子供らしい無邪氣さには、少しの厭味もなく、唯春の空のやうな明るさのみが感じられる。

『活動名優寫眞帖』(花形臨時増刊、大正8年、玄文社)

1930年代にシャーリー・テンプル、1920年代にベイビー・ペギーやジャッキー・クーガンが名を馳せる以前、無声映画の最初期に子役として人気を博した一人がマリー・オズボーンでした。ヘンリー・キング監督の作品で見せた天真爛漫な演技から「サンシャイン」のあだ名で親しまれていました。

Marie Osborne Le Film, n°116
1918年仏ル・フィルム誌116号の表紙より

1919年には子役を引退、以後裏方として映画産業に関わっていきます(1965年のジャック・レモン主演作『女房の殺し方教えます』衣装担当他)。『活動名優寫眞帖』で挙げられていた『雙兒のキッディー(Twin Kiddies)』など出演作の幾つかが9.5mmフィルムで発売されていた記録が確認されています。

サインには役者業を引退した後の1923年の年号が付されています。この時期の直筆物を他に見たことがなく、役名で使用していた「Osborne」ではなく本名の「Osborn」を使用するなど現時点で紛れあり。

[IMDb]
Marie Osborne

[Movie Walker]
マリー・オズボーン (Marie Osborn)

[出身地]
合衆国(コロラド州デンバー)

[誕生日]
11月5日

[撮影]
エヴァンス L.A.