大正11年(1920年) – フェアバンクスとの新婚旅行道中の蒸気船から送られたメアリー・ピックフィードの電報

1920年 メアリー・ピックフォードの電報
1920 Telegraph Sent by Mary Pickford on Her Honeymoon Voyage to Europe

複写式のカーボン紙に記録された電報を台紙に貼ったもの。サイズは縦12.5×横19cm。

送信者名と住所は「メアリー・ピックフォード/ラップランド号」。文面は:

「数百万の英国フアンの皆様に、デイリー・グラフィック紙経由でよろしくとお伝え願えますか」

Will you send greetings to millions of admirers in England through medium Daily Graphic

640px-Douglas_Fairbanks_and_Mary_Pickford_02
ラップランド号で新婚旅行中のピックフォード&フェバンクス(Wikiwandより)

1920年6月12日、ハリウッド女優メアリー・ピックフォードは蒸気船ラップランド号に乗船しフェアバンクスとの新婚旅行に出発しました。同月19日にロンドンに到着し波止場に待ち構えた多くのフアンから熱狂的な歓迎を受けます。イギリスから旧大陸へと移動、パリやモスクワでも数十万の人々が新郎新婦を一目見ようと集まってきました。

ニューヨークからロンドンへの船旅の途中、英国メディアに向けて発信した電報の実物が残っていました。

文章は「皆様によろしく」程度の内容です。ただ「medium Daily Graphic」の言い回しが曲者で、「medium」(「メディア」の単数形)は現在の「情報メディア」と、(たとえば恐山のイタコのような)「霊媒師」を重ねあわせたダブル・ミーニングになっています。「情報メディアのデイリー・グラフィック紙さんからよろしく」という通常の意味の他に「霊媒師となって私の気持ちを伝えて」のニュアンスが含まれてくる感じです。短いながらちょっと気の利いた言い回しが光ります。

二人にとって新婚旅行は単なるプライベートな旅行ではなく国外マーケットを開拓するチャンスでもありました。自身の影響力を当然自覚していたはずで道中でもプロモーションは怠らなかった訳です。

ちょうど百年前の映画界を彩った記録がこんな形で残っているなんて感慨深いです。

1960年代? フリッツ・ラングの電報4通(マドレーヌ・オーズレー宛)

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」より

4 Telegraphs Sent by Fritz Lang (1960s?)
4 Telegraphs Sent by Fritz Lang (to Madeleine Ozeray, French actress starred in Liliom)

1930年中盤にフリッツ・ラングがドイツを離れ、ハリウッドに渡って第2のキャリアを築いた話は良く知られています。その際、直接アメリカに向かった訳ではなく一度フランスを経由したのは意外と知られておりません。パリでは同胞のプロデューサー、エーリヒ・ポマーと再会、提案を受けて映画を一本監督しています。それが異色作『リリオム』(1934年)でした。

同作は宗教色の濃い恋愛ファンタジーで、ドイツ時代のシャープな感覚やハリウッド期のヒューマニズムは希薄です。そのせいもあって一般からの評価は高くありません。しかしラング自身は大変気に入っており、晩年のインタビューでもお気に入りの一つに上げているほどでした。

『リリオム』でのマドレーヌ・オーズレー
Madeleine Ozeray in Liliom

『リリオム』で主演を務めたのが舞台出身のシャルル・ボワイエとマドレーヌ・オーズレーでした。ヒロインを務めたオーズレーさんとの交友はラングの亡命後、戦後も続いていました。ラングが折に触れて送ったメッセージをオーズレーさんが保管しており、その一部を手に入れることができました。

こちらがその電報です。日付が明記されていないものの、電報の様式から1960年代ではないかと思われます。

img063「恒例となった心からの誕生日おめでとうを。フリッツ・ラング」

img066「心からおめでとう。私の気持ちはいつだってあなたのものです。フリッツ・ラング」

img064「だいぶ遅れました、数日中に手紙送ります/親愛なる フリッツ・ランド[原文ママ]」

img062「誕生日おめでとう。心をこめてキスを送ります。フリッツラング」

独仏米の映画史を横切って繰り広げられた二人のやりとり。ラングのこまめな気遣いが凄いのと、電報が届くたびに嬉しそうに読んでいるオーズレーさんの姿が目に浮かびそうです。