1976 – スーパー8 『阪妻 – 阪東妻三郎の名場面集』(大沢商会/テレキャスジャパン編)

「阪東妻三郎関連」より

1976 - super8 Bantsuma1976 super8 Bantsuma Back

1970年代半ばに発売されたスーパー8版のアンソロジー。中心となっているのは以下の6作で、それぞれ比較的長めの動画が引用されています。

『雄呂血』(1925年、阪妻プロ)


『影法師』(1950年、松竹)


『魔像』(1952年、松竹)


『破れ太鼓』(1949年、松竹)


『大江戸五人男』(1949年、松竹)


『あばれ獅子』(1953年、松竹)


この合間には1)初期作の短い断片、2)プライベートショット集、3)没後の葬儀の模様とお墓の映像が挿入されています。

フィルムの両端にやや劣化が見られますがビネガー臭や傷などの少ない綺麗なプリントです。フィルムの端を留めていたテープに「Yokohama Cinema」の文字が残されていました。

[タイトル]
阪妻 – 阪東妻三郎の名場面集

[メーカー]
企画・制作:テレキャスジャパン 提供:松竹 発売:大沢商会

[フォーマット]
スーパー8 白黒300フィート 磁器録音

1912 – ノーマル8 『コレッティを探せ』(1912年、マックス・マック監督)

defa-wo-ist-coletti-normal8s

1912年に公開されたドタバタ喜劇。「探偵コレッティを48時間以内に捕まえることができたら100万マルク進呈!」の広告に人々が踊らされていく様子をコミカルに描いていきます。定番の追跡から女装まで様々な要素をコンパクトに詰めこみ、ベルリン市街地での撮影で都市風景をうまく取りこんでいます。

ヒロイン役で登場しているのは英女優のマッジ・レッシング。1900~10年代の綺麗目ポストカードも多く残っている女優さんながら、本作ではかなりはっちゃけた感じでドタバタを楽しんでいます。また途中に初期の個性派俳優として知られるハインリヒ・ピール(Heinrich Peer)も登場しています。

wo-ist-coletti-13-madge-lessing
女装中のマックス・マック(左)とマッジ・レッシング(右)
wo-ist-coletti-03
ハインリヒ・ピール(右)

[原題]
Wo ist Coletti?

[製作年]
1912年

[IMDB]
tt0003565

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
222

[フォーマット]
ノーマル/スタンダード8 60m(無声)

1932年 仏パテ社 映写機・撮影機および周辺機器カタログ&定価表

pathe-baby-tarif-general-france01pathe-baby-tarif-general-france02左列にカタログナンバー、中央列に商品名と簡易スペック、右列に旧フランでの価格。

1ページ目に映写機とスクリーン、2ページ目に周辺機器、3~4ページ目に自家現像用の商品と続いていきます。当時のパテベビー映写機の価格は約600旧フランでした。これは現在の金額に換算すると5万2千円強(400ユーロ弱)に相当するそうです。

金額だけ見るとそんなものかとも思いますが、労働者の平均時給が3.19旧フラン(280円程度)、朝刊を0.3旧フラン(約26円)で買えた時代の話ですのでやはり高価なものだった様子がうかがえます。

1930年代初頭 日本 パテベビー映写機 チラシ

二つ折り見開き4ページ、出版社名明記なし。パテベビー映写機、キッド、リュクスの3台を中心としたラインナップで1932年前後と思われます。ベビー映写機75円、キッド映写機が29円、リュクス映写機が165円、手回し式カメラ(レンズF=3.5)45円、モトカメラ115円の価格設定となっています。

米ベル&ハウエル社 57型 16mmサイレント映写機

ベル&ハウエル社フィルモ映写機の初期機種。側面に特許の更新履歴が記録されていて1927年春が最後となっているため27~28年頃に生産された一台と思われます。

発売当初の初期モデルでは土台が円形で映写機が垂直に立っていたのに対し、後期モデルは楕円形の土台を採用し機体を傾けることで独特なフォルムに変わっています。また本体に差しこむ電源プラグの金具が通常の現在の日本と同じ「II」の平行型ではなく、直列「- -」型の規格を採用していました。

1928年に大幅なモデルチェンジが行われ「57-R」「57-ST」の枝番を与えられたフィルモ・マスターが発売、その役目を終えました。米16ミリ映写機のデザイン面ではこの57型と129D型、コダック社のコダスコープB型辺りが頂点ではないでしょうか。

[発売年]
1927~28年

[メーカー名]
米ベル&ハウエル社

[ランプ]
DAG(500W 120V, P46l)

[レンズ]
B&H 2 inch Projection Lens

[シリアルナンバー]
53410

1928 – 9.5mm 『城下町の決闘』(ジャン・ルノワール監督)

「9.5ミリ 劇映画」より

1928 -『城下町の決闘』00
画家オーギュスト・ルノワールの長男、ジャンはフランス映画史上最も重要な監督の一人として知られています。しかしその初期作『城下町の決闘』(1928年)は長らく幻の作品とされてきました。35ミリ、16ミリのオリジナルネガが見つかっておらず完全版が残っていないのです。30年代末に英パテスコープ社が編集した9.5ミリ短縮版が唯一の現存版とされています。

時は16世紀、 カトリーヌ・ド・メディシス(ブランシュ・ベルニ)が権力を握っていたフランスで、剣術の達人である大公フランソワ・ド・ベイン(アルド・ナディ)が宮廷の美女イザベル(ジャッキー・モニエ)に懸想し、カトリーヌの許可を受けイザベルを己の妻にしようとします。イザベルの兄が異議を唱えるのですが、フランソワは決闘の末彼を殺し邪魔者を片付けるのでした。イザベルと相思相愛の仲だったアンリ・ド・ロジエは結納の場に乗りこみイザベルの強奪を試みるも失敗、事件の経緯はカトリーヌ・ド・メディシスの耳に入り、フランソワとアンリの馬上槍試合で決着をつけることになります…

『城下町の決闘』は監督自身の発案で製作されたものではなく映画会社から委託された仕事でした。そのためルノワール監督の本領が発揮されていない、のネガティヴな評価を受けやすい一作です。

軽めの恋愛や派手な剣術を前面に出して大衆受けを狙う辺り確かにルノワールらしくない内容と言えます。とはいえ、よく見てみるとメディシス役のブランシュ・ベルニやフランソワの母親役のシュザンヌ・デプレのベテラン勢も存在感を放っています。『城下町の決闘』は若手(ナディ、モニエ)を中心に繰り広げられるロマンスやアクションを前面に出しつつ、他方でドロドロした政治・宗教の側面(ベルニ)や悩める母の物語(デプレ)を読みこんでいける重層構造になっているのです。正直、真の主演はベルニ、デプレだと言って良いくらいです。

ルノワールは決して大衆芸術としての映画を低く見ていた訳ではありませんし、エンタメ路線と監督のこだわりをきっちり両立させた点で『城下町の決闘』は優れていると言えます。またそう考えるとルノワール監督作で9.5ミリソフト化されたのが本作だけなのもしっくりきますよね。

二年前にこのフィルムを映写機で観た時、右側に白い点々のノイズが入っているのは気がついていました。今回スキャンしてみて予想以上に深い傷があちこちにあると判明。傷そのものよりも、映写機では気づけなかった自分に軽い衝撃を受けています。

sample

[タイトル]
The Tournament

[原題]
Le Tournoi dans la cité

[製作年]
1928年

[IMDB]
tt0019486

[メーカー]
英パテスコープ社

[フォーマット]
9.5mm

米リヴェア社「エイト88型」 ダブル8 動画カメラ + Elgeet-Revere 1/2 f:2.5 & Kent Telephoto 1 1/2 f:3.5

revere-eight-model-88-01

「ダブル8」と呼ばれる16ミリフィルムを使用した形式の8ミリ動画カメラ。16ミリ用スプールを使うためやや幅広ながら手のひらにしっくり収まるサイズ感。使われている部品の質も良く当時のシカゴ産業界の好調振りが伝わってきます。


この機種をめぐる経緯については「メイド・イン・シカゴ博物館」で詳しく説明されています

この記事では、戦中に頭角を現していた新興メーカー・リヴェア社が1940年、業界トップのベル&ハウエル社の定番カメラ「フィルモ・コンパニオン」に勝負をしかけた一台とされています。スペックや精度の点でコンパニオンに劣っていたのですが、リヴェア社は値段を32.5ドルに設定(コンパニオンは50ドルほど)することで価格競争に打って出たのです。

スペックやブランド名重視の層が一定数いるのを承知の上で、そこまでこだわらないコスパ重視の層を切り崩していく戦略となります。一定の成果を上げたようで同機はリヴェア社のロングセラー商品の一つとなりました。

レンズについてはウォーレンサック社の12.5mm f=3.5(高級機はf=2.5や1.9)が標準仕様だったようです。戦後となりニューヨーク拠点エルジート社のレンズも採用し、今回入手した一台も同社のレンズを備えています。
revere-eight-model-88-08
革鞄のポケットにもう一本レンズが入っていました。「Japan」の刻印が入った「Kent Telephoto 1 1/2」でした。このレンズはほとんど情報がなく、オンラインでも二人の方が言及されている(一人はデジカメによる作例あり)のみでした。古い日本製のターレット型8ミリカメラでたまに見かける「Sun Telephoto 1 1/2 f:1.9」と同様、廉価な国産Dマウントシネレンズの一つではないかと推察されます。

revere-kent-telephoto