戦前・戦中期の9.5ミリ動画カメラを使ってみた [03] 現像篇 その1 道具を探す

1920年代にパテベビー映写機・撮影機が市販された折に、仏パテ社から現像用具の一式も発売されていました。現存数が極端に少なく、一般公開されているものとしてはパリのフォンダシオン・ジェローム・セドゥ=パテが唯一と思われます。

フォンダシオン・ジェローム・セドゥ=パテ所有の9.5ミリ現像機
(同組織所属のPaolo Bernardiniさん撮影)
https://www.instagram.com/p/BAYFaSQI-Of/

上下に歯のついた平枠に9.5ミリフィルムを巻きつけて左の箱に収め、台になっている四角い箱にセットし現像液を注入する仕掛けになっています。

『シネ・ハンドブック』(歸山教正著、1930年)より

歸山教正氏の著書『シネ・ハンドブック』(1930年)でも同種の現像用ツールが紹介されていました。同氏は平枠を木材で自作する手法も公開。複雑な構造ではないため今回は3Dプリンタで自作しようと考えていました。

ところが別な手法で9.5ミリフィルムを現像している人を発見!

『ロモ・タンクで9.5ミリフィルムを現像してみた』
https://www.filmkorn.org/develop-9-5mm-film-in-a-lomo-tank/?lang=en

ドイツの方で、9.5ミリのカラーリバーサルフィルム現像に成功しています。

数日前にサンクトペテルブルクから届いた実物。

ロモ社の8ミリ映写機やロモグラフィーは知っていますがロモ・タンクは初耳。8ミリ愛好家の一部では割とよく知られた方法なんですね。内側にらせん状の溝が刻まれたリールがあってフィルムを立てていく形をとります。リールを円形タンクに収めてホースから薬剤を注入。上部のつまみを回すとリールが回転し撹拌される仕組みとなっています。元々8ミリ用なので9.5ミリではリールの厚みが変わりますが、2ミリほどのワッシャーを噛ませると上手くいくそうです。

1917 – 9.5mm 『意志』(アンリ・プクタル監督、ユゲット・デュフロ主演)

« Volonté » (1917, directed by Henri Pouctal, 1920s French Pathé 9.5mm Print)

資産家エロー家の跡継ぎルイ(レオン・マト)は日々周囲に流される人生を送っていた。

孫の将来を心配した祖母(ウージェニー・バド)は旧友の遺児である娘エレーヌ(ユゲット・デュフロ)をルイの嫁にしたいと考えていた。しかしルイは友人トジア(ポール・アミオ)に紹介された浮薄な貴婦人ディアンヌ(シュザンヌ・ランケル)との関係をずるずると続けていた。

周囲の勧めに従いエレーヌと式を挙げ、子供まで作ったルイ。だが過去と決別する事ができずいつしかディアンヌとよりを戻してしまう。正妻となったエレーヌに恨みを覚えていたディアンヌは偽の手紙で夫妻の仲を裂こうとした。偽りの告発を信じ、エレーヌとトジアが深い仲にあると疑ったルイはトジアに決闘を申しこむ…

監督のアンリ・プクタルは元々アンドレ・アントワーヌ人脈の舞台人で、1910年頃に映画界に参入してきました。パテ社を拠点とし1922年に亡くなるまで100作に及ぶ作品を残しています。中でもゾラの小説を原作とした『労働』(1919年)は映像美とリアリズムで突出した作品でした。しかしながら他にめぼしい現存作が無く、自国でも監督としての力量が正当に評価されないまま今に至っています。

中期作の『意志』(1917年)が9.5ミリ形式で発売されていたのは知っていて、何年も探していたのをようやく入手することができました。セットやカメラワークに舞台劇の硬さが残っていますが、時折挟まれるショットのアングル感や感情表現に垢抜けたセンスが見られます。

描かれているのは19世紀末のブルジョワ恋愛模様で現在からするとそこまで魅力的に映らないかもしれません。しかしよく見てみると資産はあるが意志が弱く正妻をないがしろにするダメ男、その正妻に敵意を抱きプレゼントの高価な扇を持ち歩くマウンティング好きな不倫女子、子育てに追われ自分の小さな幸せを守るのに精いっぱいのヒロイン…と実は今のワイドショーが面白おかしく暴きたてるゴシップの構造と変わっていなかったりします。色々と進化していないのかな、と。

フィルムケースのタイトル表示が赤地なのはキリスト教系の出版社「ボンヌ・プレス」がパテ社と提携して市販していた印です。夫が人生を悔い改める結末が評価されたものと思われますが、一方でクライマックスの決闘場面を丸々削除してしまったことで物語の説得力が弱くなっています。9.5ミリ版編集時に制作側で自己検閲が入ることもあった、と小ネタで知っておくのも良さそうです。

[IMDb]
Volonté

[公開]
1917年4月13日

[メーカー名]
仏パテ社/ボンヌ・プレス社

[カタログ番号]
852

[9.5ミリ版発売]
1925年8-9月

[フォーマット]
9.5ミリ、10メートル×6巻、白黒無声、ノッチ有

戦前・戦中期の9.5ミリ動画カメラを使ってみた [01] フィルム装填篇

21世紀になっても8ミリ撮影機はまだまだ現役。愛好家がリアルやヴァーチャルで繋がっています。9.5ミリの伝統は途切れてしまっているので正直羨ましいな、と思います。

手元に未使用・未開封のフィルムが幾種類かあるので今回ひとつ封を切ってみました。ドイツのパテックス社が大戦中に市販していた一本で使用期限は1943年8月。

外箱の外観です。フィルム価格に現像料が含まれており、外箱をそのままパテックスに送ると現像されて戻ってくる仕組みになっていました。箱の裏面にはデュッセルドルフのパテックス社住所が印刷されています。

フィルムの種類は「Pathex Moto Kassette « H »」で、1930年代に発売されたパテ社モトカメラH型に対応したパンクロマチック・フィルムです。

まず外箱を開けていきます。「こちら側から開封してください(Hier öffnen)」の指示に従うと郵送時の注意書きが見えます。緩衝材として段ボール素材が使われていて、フィルムカートリッジが銀紙でくるまれていました。銀紙の内側は黄緑色でした。

ここから実際の装填作業に入っていきます。メーカーや機種によって手順は若干異なるものの、9.5ミリカメラでそこまで難しい作業が要求されることはありません。モトカメラH型ではフィルムを押さえつけるゲージ部分が可動式になっている(写真黄色の円)ので、そこをスライドさせて隙間を作りフィルムを押しこみます。その後スライドさせて元の位置に戻すだけで装填が完了します。

装填完了後、カメラの蓋を閉め撮影ボタンを押してフィルムを数センチ進めて張りを調整しておきます。いざ、撮影!です。

1938 – 『パテータイムス 第三巻第二號』 「救國の乙女ジャンヌ・ダーク(『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』)」紹介

『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』より

Pathe Times 1938 February Issue
« Presents La Merveilleuse Vie de Jeanne D’Arc »

戦前に9.5ミリ小型映画の愛好家向けに発売されていた冊子では『パテベビー月報』、『ベビーシネマ』、『日本パテーシネ』、『パテータイムス』などが知られています。このうち『パテータイムス』昭和13年(1938年)の2月号で、「救國の乙女ジヤンヌ・ダーク」が取り上げられていました。

本文中に「パテスコープ提供」「特大二巻」「タイトル [間字幕] は英文」とあるように、英パテスコープ社が『聖ジャンヌ(St Joan the Maid)』として発売していた2巻物の英縮約版を輸入販売したものです。

齢二十に満たぬ一介の乙女が祖國フランスを救ひ世界の奇蹟として今尚人口に膾炙する聖少女ジヤンヌ・ダルクの悲壮な行為を史實に依り、叙事詩的に描いた雄篇。しかも九ミリ半愛好者に手頃な特大2巻に壓縮され乍ら些かも無理な感じのない近来の傑作です。學校用としては歴史科、修身科教材として應用でき、御家庭、アマチユアの集會には觀賞用として洋畫飢饉の昨今必ずや皆様を堪能せしめませう。

時は今純戦時状態に入り國民精神總動員愈々徹底されて居りますが、斯る崇高な祖國愛の事蹟に接するは絶對必要ではありますまいか。その意味に於ても本映畫を御觀賞されることを敢えてお奨めいたします。

以上の2段落の紹介文があった後、フィルム前半に当たる第一巻の字幕の日本語訳が丸々掲載されています。

『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』は日本で劇場公開されておらず、戦前に日本語で言及された文章を見たことはありませんでした。戦時下の「祖國愛」を鼓舞する形ではあるものの、9.5ミリフィルム経由で紹介が行われていたのを確認できたのは収穫でした。

また今年のNHK連続テレビ小説『エール』にパテベビー撮影機が登場した話は御存じかと思われます。本号のパテータイムスでは古関裕而氏を「この天才作曲家古關氏が熱心を通り越したとも評さるべき九ミリ半アマチユアであることを御承知の人はあまり多くはない。氏はコンテスト等には殆ど出品せぬが默々として素晴らしい九ミリ半映畫をつくつてゐる」と紹介しています。

時は1938年。戦時下となった緊張感や不安感が見え隠れする一冊でもあります。それでもまだ「供給に餘裕ある九ミリ半フヰルム」の見通しが述べられていました。いかに楽観的だったかを翌年思い知らされるわけで、日本における9.5ミリ文化が潰えようとするギリギリの瞬間が記録されています。

1925 – 9.5mm 『三頭の熊』(ウォルター・ランツ監督)実写併用初期アニメーション

Three Bears (« Dinky Doodle », Walter Lantz, 1925)
French Pathé 9.5mm Version Retitled « Un déjeuner sur l’herbe » (Odd reels/Imcomplete)

後に『アンディ・パンダ』や『ウッディー・ウッドペッカー』等の作品で人気アニメーターとなるウォルター・ランツがキャリア初期に手掛けたアニメ/実写併用連作”ディンキー・ドゥードゥル”(1924-26)。9.5ミリ小型映画が市販された時期と重なり子供向け娯楽作として人気を博し、多くの作品が仏語版9.5ミリ化されていました。

フライシャー兄弟の『インク壺の外へ』(1919~28年)、ディズニーの『アリスコメディー』(1923~27年)に追随したもので、アニメと実写のコミカルな連動にどうアイデアを組みあわせるか各アニメーターが腕を競っていました。

『三頭の熊』(Three Bears)はDVD版『世界アニメーション映画史 6 ウォルター・ランツ』(2006年)未収録で、本国アメリカでもデジタル化されていない珍しい一作。今回入手したフィルムは不完全(3巻物のうち最初の2巻のみ)で状態も良くないものですが、ほのぼのした味わいが面白かったです。実写で出演しているメガネ姿の青年は若き日のランツ氏本人です。

[作品名]
Un déjeuner sur l’herbe

[原題]
Three Bears

[IMDb]
Three Bears

[公開]
1925年7月19日

[メーカー名]
仏パテ社

[カタログ番号]
965

[9.5ミリ版発売]
1927年3月

[フォーマット]
10メートル×3巻(3巻目欠)、白黒無声、ノッチあり

1931 – 9.5ミリ個人撮影動画の自家現像における染色術


染色法(Tinting)

通常酸性染料を使用する。それは炭酸曹達溶液叉は現像液によつて脱色することが出來て、且つ手に染まつても同樣にして洗ひ落すことが出來るからである。[…]

染料は各種類があるが、通常使用される種類は、
  ピンク(桃色、紅色)、赤、オレンジ、
  黄色、グリーン、ブルー(藍色)、紫、

染料は通常0.2%溶液即ち10リットルの水に對して20グラム位を溶解する。然し、赤色の濃いものを着けるには50グラム位、グリーン、ブルーなどは40グラム位を大略の程度と考へてよろしい。

酸性染料は、斯くして出來た溶液の中に、氷醋酸0.05%即ち10リットルに對して5c.c.を加へる。氷醋酸は酸性染料の媒染剤である。

フヰルムは、この溶液に浸されゝば適宜の濃度に染められるが、時間にして凡そ、1-3分間である。

染色を終れば、少時水洗して餘分な色素を除き、乾燥させるのである。

『シネ・ハンドブック』(歸山教正著
日本アマチュア・シネマ・リーグ、1930年)


歸山教正氏が『活動寫眞撮影術』の前年に公刊した入門書からの一節。

1920年代後半~30年代前半に9.5ミリで撮影したフィルムを自家現像し、なおかつ「色を付ける」手法が行われていました。薬品の配合まで自力で行う必要があるためそれなりにハードルも高く、実際の使用作品はそこまで多く残っていないようです。 こちらは1931年にフランスの地方の河畔で撮影された2本セット。古い家並みが点在する傍らに小川(プチ・マラン川)があって、友人たちと共にボートで川遊びに訪れた際の動画となっています。二本目は友人と共に食事中の映像がメインです。

フィルムにはオレンジ、青、紫、黄、赤の染色が施され、白黒部分も通常の現像と違って黒く染められた独特の質感に仕上がっています。

表面が流れている個所もあり必ずしも成功しているとは言い難いものの、白黒フィルムの時代に「色」がどう扱われていたのか、どう「見えていた」のか理解する手がかりになります。


1931 ‐ 『活動寫眞撮影術』(歸山教正&原田三夫共著、日本教材映画 [小型映画講座1])

Katsudou Shashin Satsueijutsu [Filming Moving Pictures] – Kaeriyama Norimasa (1931)

初期日本映画の発展に大きな影響を与えた映画理論家、歸山教正氏の残した概説書シリーズの一冊。「小型映画講座」の枠組みで、9.5ミリと16ミリを中心に動画カメラの原理、フィルムの種類、映画光学の基礎、照明、間字幕の作り方などについてまとめています。

技術面に特化した書籍ながら、巻頭に置かれた48頁の写真群は歸山氏の趣味やこだわり、人脈が反映されたものとなっています。洋画では現在でも無声映画の代表作とされる諸作(『裁かるるジャンヌ』『ニーベルンゲン』『戦艦ポチョムキン』)のスチルを収録。他にも独ウーファ社の作品が目立ちます。

国産映画の珍しい画像(撮影中のショット含む)が多く含まれていました。

「或映畫場面のコンポジション(映畫藝術協會)」と題された一枚。さらっと紛れこんでいますがもしかして『深山の乙女』(歸山教正監督、花柳はるみ主演)ではないですか。

「「撮影と照明(1)松竹蒲田映畫」と題された一枚。八雲恵美子さんの姿が見えます。

「實物の室内撮影と照明(日活映畫)」。写真上、左から峰吟子、夏川静江、一人置いて中央に村田實監督でしょうか。そうだとすると『この太陽』(1930年)の撮影風景になります。

初期の日活向島が有していたグラスハウス型スタジオ。

『活動寫眞撮影術』は「小型映画講座」と題された6冊物の第1巻に当たります。他の巻も歸山氏が絡んでおり共著に村田實、夏川静江、徳川夢聲氏の名が挙がっています。

1929 – 9.5mm アニー・オンドラ主演『恐喝(ゆすり)/無声版』 (アルフレッド・ヒッチコック監督) UKパテスコープ版

9.5ミリ 劇映画より

Blackmail, early 1930s UK Pathescope 9.5mm print


戦前の英パテスコープ社からはヒッチコック初期作品の9.5ミリ版が4作発売されていました。

『リング』(1927年公開)… SB30029 (1933年1月発売)
『シャンパーニュ』(1928年)… SB30036 (1933年4月)
『マンクスマン』(1929年)… SB30070 (1934年6月)
『恐喝(ゆすり)』(1929年)… SB30027 (1932年10月)

サスペンス物ばかりではありませんがどの作品にも若きヒッチコック監督の野心や実験が含まれています。とりわけ無声映画として最後に撮られた(そしてトーキー第一作として公開された)『恐喝(ゆすり)』は後のサスペンス巨匠を予想させる一作として評価の高いものです。

『恐喝(ゆすり)』は無声映画として企画され1929年初頭に撮影が行われたのですが、途中でトーキー版の企画が持ち上がり同年夏に撮り直しを行っています。国内では劇場の仕様に応じ、無声版/トーキー版両方が公開されていました。

英パテスコープ社9.5ミリ版は80分強のオリジナルを120メートルリール2巻物の30分程度に縮約しています。画質やトリミングの傾向などを確認するため現行のDVD版と比較してみました。

9.5ミリ版
サイレント版DVD
トーキー版DVD
1)ヒロインがバレリーナ用衣装に着替える場面
2)青年画家のバストショット
3)ヒロインが絵を引き裂いた場面

1)は青年画家の部屋を訪れたヒロインが、バレリーナ用の衣装を見つけて着替える場面です。サイレント版では「背中のファスナーが閉まらない」と青年画家に手伝ってもらう展開となっていました。トーキー版は脚本を大きく変更。青年画家がピアノを弾き語りする隣で着替える構図となり、ファスナーも自力で閉めています。9.5ミリ版はサイレント版のプリントをそのまま使用。

ヒロインが服を着替え直そうとしている間に青年画家が女性の服を持っていってしまう場面が2)、襲われたヒロインがカーテンの陰から現れ、手にしたナイフを落とし、画家の描いた道化師の油絵を破いてしまう場面が3)です。

「サイレント版DVD」と「トーキー版DVD」の3)を比較してみると絵の破れ方が違っています。サイレント版では上辺と右辺が破れて穴が三角形になっているのに対し、トーキー版では左辺まで縦に裂けて台形の穴になっています。

2)でも同様のことが言えます。トーキー版ではつい立てにかかった洋服の袖口に細い切れ目が見えるのですがサイレント版にはそれがありません。洋服の向きが微妙に違っているのです。

『恐喝(ゆすり)』では登場人物の会話が発生している場面は後日撮り直したショットを使っています。会話のない場面はわざわざ撮り直す必要はなさそうですが、「ネガ」は一つしかないため「サイレント版」「トーキー版」両方に使い回すことはできません。そのため最初に撮影された場面の「別テイク」を流用しています。

以前にチャップリンのミューチャル期作品で触れた問題と似ています。チャップリン作品の場合は同じ場面を二台のカメラで撮影することで二通りのネガが発生していました。『恐喝(ゆすり)』の場合は別テイクを元に二通りの異なったネガが作り出されていたことになります。9.5ミリ版はこのうちサイレント版を縮約したものであることも確認できました。


[IMDb]
Blackmail

[Movie Walker]


[[公開年]
1929年

[メーカー]
英パテスコープ社

[メーカー記号]
SB30027

[9.5ミリ版発売年]
1932年10月

[フォーマット]
9.5mm 無声 120m×2巻 ノッチ無

1930年代中頃 – 日本 9.5mm 個人撮影動画 『無題(草の上の昼食)』

Mid 1930s Japanese Untitled 9.5mm Home Movie

東北地方で撮影された動画群の一つで、家族での近場へのピクニックを記録した映像。リールに巻かれておらず、購入時のアルミケースで保管されていました。

動画は町内から徒歩で移動する家族の後ろ姿で始まります。大人は和装で子供は洋服姿。一人が食べ物を詰めたバスケットを運んでいます。

そのまま舗装されていない道を山の方へ向っていき…

いざピクニック開始!

女性陣は女子会モードで談笑。

運んできた食材を包丁で切り分けている男性の姿。戦前の個人動画では台所で撮られた料理の場面はあまり記録されていないため、こういった映像も貴重です。

一番年少の女の子が親族にあやされてます。ご飯を無心に食べている姿が可愛らしいですね。最後はぐるりと囲んで座っている全員を右から左へ、左から右へと映していきます。

休みの日に近場までちょっと…のささやかな贅沢、仲の良さは伝わってきます。着物姿でピクニックの図柄がなかなか面白く、ルノワールの『草の上の昼食』を和風に解釈した雰囲気もあります。

1930年代 – 9.5mm『北海道アイヌの熊狩』(伴野版)

「9.5ミリ 伴野商店」より

Ainu Bear Hunting in Hokkaido (Banno Co. early-mid 1930s)

仏パテ社の『消えゆく民、アイヌの人々』と並ぶもう一本のアイヌ関連9.5ミリフィルム。

『消えゆく民、アイヌの人々』が古いオルソクロマチック形式のフィルムで撮影されていたのに対し『北海道アイヌの熊狩』はパンクロマチック式フィルムで撮られていて1930年代前半頃の動画と推定できます。

既に1920年代、アイヌの文化変容は急激に進んでおり、撮影された映像が当時の、アイヌの生活ぶりを忠実に記録したものではなく、既に日常からは消えようとしている、あるいは消えたものを復元し映像化したと言うことである。(東京シネマ新社ホームページ「アイヌと民族誌映像」より)

『北海道アイヌの熊狩』も「昔時のアイヌ熊狩のいでたち」の字幕で始まっています。服装や装備に近代化の跡が見られ、時代の流れや同化政策によって伝統が失われつつある危機感を伺いとることもできます。

動画では雪の巣穴に閉じこもった熊の進路を木で塞ぐ「穴狩」、発見した熊を徒歩で追いつめていく「追狩」の2種類の猟法が紹介され、最後は獲物を囲んで祈りをささげる猟師の姿で幕を閉じます。

最後の場面では熊を中心に座った猟師たちが両手をこすりあわせ、手のひらを上に向けたまま上下させる「オンカミ」の動作が見られます。クマ=神への畏敬と感謝の意であり、アイヌの民と自然とが独自の思想・世界観でつながっている様子が映像からも伝わってきます。

[邦題]
アイヌの熊狩り

[英題]
Ainu Bear Hunting in Hokkaido

[発売元]
伴野商店

[カタログ番号]
044

[フォーマット]
20m×1巻

1912 – 9.5mm 『消えゆく民 アイヌの人々』(仏パテ・フレール社作品)

「9.5ミリ 科学/歴史/地誌/産業」より

1912 - Les Peuple qui disparaissent. Les Ainos
Les Peuple qui disparaissent. Les Ainos (French Pathé)

1912年末にフランスで公開されたほぼ同名の作品を9.5ミリ用に再編集したもの。この作品については海外の映像研究家が論文を発表(『オリエンタリア』2017年第17号)しているため、一旦そちらを参照させていただきます。

アイヌの民が登場してくるもう一つの1912年映像作品は『消えゆく民 アイヌの人々』(英題:The Hairy Ainos)で、パレ・フレール社の製作によるものであった。同社は1902年に映画技術の特許を購入、時事映像の分野でリュミエール兄弟の後を継いだ。忽ちにしてパテ・フレール社は当時最大の映画製作会社となり、1909年に日本にも拠点を設立している。『消えゆく民 アイヌの人々』は長さにして僅か三分足らずの作品である。冒頭ではチセ(アイヌ式住宅)の前に立った四人の男性、次いで四人の女性が映し出される。字幕により、アイヌの人々は大半が猟と漁で生活しているとの説明が入る。次の場面では、海を背景として女性と子供とが歩いてくる。さらに丸木舟に乗った二人の男性が登場。

『消えゆく民 アイヌの人々』が公開された時期、原初の映画術でもたらされた驚きはすでに乗り越えられていた。このパテ社作品には儀式などの伝統から一旦距離を置き、日常生活に密着したいとの意思を読み取ることができる。旧来の時事映像作品と違い、リュミエール兄弟の下でアイヌ民族を撮っていたジレル氏が描いた古い舞踏であるとか、その他の特徴的な要素は本作にない。その代わりとして、朽ちた小屋の前で子供をあやしている女性が登場するのだ。広角レンズで撮影された老人も儀式用の服は着ておらず、頭にラウンペはなく、髭もほとんど見ることはできない。(マルコス・センテノ=マルティン「表象外の眼差し:初期映画におけるアイヌ民族の描写について」『オリエンタリア』2017年第17号)

The other film featuring the Ainu people in 1912 is entitled Un peuple qui disparaît, les Aïnos (aka The Hairy Ainos) and was produced by Pathé Frères Company, which had bought the cinematograph patents in 1902 and succeeded the Lumière brothers in the production of actulités. Very soon, Société Pathé Frères became the biggest film production company of the time, and in 1909, it established headquarters in Japan. Un peuple qui disparaît, les Aïnos, which only lasts for three minutes, begins with four men followed by four women posing before a chise and an intertitle explaining that the Ainu were mainly hunters and fishers. In the next scene, a woman and a child are seen walking with the sea in the background and afterwards, two men enter scene on a chip (Ainu canoe). […]

When Un peuple qui disparaît, les Aïnos was released, the astonishment produced by primitive cinema was already overcome. Pathé film demonstrated an interest to move away from ritualized traditions and a willingness to get closer to everyday chores. Unlike previous actuality films, this footage does not contain traditional dances or other distinctive elements depicted by Girel. Instead, the sequence features a woman and her child before a dilapidated hut; a wide shot framing an elderly man who does not wear the ceremonial clothes nor any raunpe on his head, and his beard can be hardly seen.(enteno Martín, Marcos P. “Gazes outside the Representation. Early Film Portrayals of the Ainu People (1897-1918)”, Orientalia, issue 17, 2017, pp. 189-211)

筆者センテノ=マルティン氏は実際に北海道を訪れ、アイヌ民族についてのドキュメンタリー映画(“Ainu. Pathways to memory”)も監督されている人物です。論考後半では、タイトルの「消えゆく」という表現が同時期にアメリカン・ネイティヴに使われていた(1925年出版のゼイン・グレイの小説『滅び行く民族(原題:The Vanishing Americans)』)点にも注意を促していました。

映画の発明当初から少数民族への興味は見られたものの、独自の踊りや入墨、髭といった表層的な関心が優先されていたのに対し、『消えゆく民 アイヌの人々』では生活に密着していく発想が顕著となり、結果として表現されている「リアリティ」の質が変化している、というのがセンテノ=マルティン氏の主張の一つです。

当初の好奇の眼差しが次第に研ぎ澄まされていくという話は一般的に見ても分かりやすいのではないかと思われます。


[タイトル]
Les Peuples qui disparaissent. Les Ainos

[原題]
Un peuple qui disparaît, les Aïnos

[メーカー]
仏パテ・フレール社

[公開]
1912年

[IMDb]


[メーカー]
仏パテ・フレール社

[仏パテ社版カタログ番号]
1230

[フォーマット]
20m(2707フレーム、14fps、3分)、無声、ノッチ有

1928 – 9.5mm 『スピオーネ』(フリッツ・ラング監督) 独パテックス社4リール版

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」より

Spione (Early 1930s German Pathex 9.5mm Version)

昨年『メトロポリス』『ファウスト』で世話になったドイツのフィルム収集家ヴォルフ・ヘルマンさんと再度ご縁があり、ラング監督のスパイスリラー『スピオーネ』9.5ミリ版全4巻を入手できました。

英パテスコープ社版は現存数が多く市場で何度か見た覚えがあります。こちらは流通数の少ない独パテックス版。『スピオーネ』は複雑に絡みあうサイドストーリーやサブプロットが特徴なのですが、そういった要素はカットされ、悪漢ハギー(ルドルフ・クライン=ロッゲ)と英国諜報員326号(ヴィリー・フリッチ)、その狭間で揺れる女スパイ・ソニア(ゲルダ・マウルス)三者の駆け引きに重点を置いた展開に編集されています。

リール1:ハギーの指令で326号に近づいたソニアが恋に落ち、お守りを渡すまで
リール2:前半はソニアに騙された326号が自暴自棄になる展開。後半は日本外交官マスモト/マツモトの秘密書類をめぐる駆け引き
リール3:ハギーが急行列車で諜報員326号謀殺を図る件
リール4:ハギーがソニアを人質に諜報局を脅迫〜銀行爆破、逮捕劇

キャスティングの魅力、語りのスリリングさ、強いインパクトを残す構図…ラング世界を9.5ミリフィルムの質感で追体験できるのは至福の時間でした。

1930年代中盤 – 9.5mm 『ニーベルンゲン 第一部:ジークフリード』(1924年) & 『メトロポリス』(1926年)独パテックス版予告編

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」より

« Nibelungen » & « Metropolis »
c1933 German Pathex 9.5mm trailer


1933〜34年頃、独パテックス社がプロモの為に制作した9.5ミリ版の予告編。

ちょうど昨年の今頃、古い映写機をベースに9.5ミリ専用スキャナーの制作を行っていました。この際、解像度を確認していくサンプルに使用していたのこの予告編でした。コマ数がそこまで多くないため扱いやすかったのと、自分自身のモチベーションを上げるのにちょうど良かったのかなと思います。

綺乃九五式はその後レンズ回りを中心に改良を加えています。どのくらい画質が向上したのか確認してみました。

まずは『ニーベルンゲン 第一部:ジークフリートの死』から。左が2019年10月9日にラズパイカメラのV2を使ってスキャンした画像。右が2020年9月5日にラズパイHQカメラで同一フレームをスキャンした画像です。

昨年スキャンを行った際は、光の散らし方が上手くいっておらず画面右に明るい個所がまだら状に発生、文字が滲んでいました。今回のスキャンではその欠点が修正されています。

またHQカメラに切り替えたことで解像度が向上、細やかな濃淡をシャープに撮影することができるようになっています。主人公の腰の辺りを拡大してみました。

汚れや傷もクリアになっているのが分かります。

ニーベルンゲン予告編の最後のショットと、『メトロポリス』予告編の最初の場面。どちらも縦線が強調された構図です。旧スキャンにはわずかながらレンズの「歪み」があります。いわゆる「球面収差」に関わる話で、右のHQカメラの方が縦横の直線を正確に描写できています。

新スキャンの方では肌のグラデーションが自然に再現されています。

映写機で投影した画像と比べれば旧スキャンでも十分にシャープな映像だとはいえます。ラズパイHQカメラは一段階アップグレードされていて目標に一歩近づいた気がします。後はノイズ除去や修復力勝負ですね


1924 – 9.5mm 『二少年によるフランス周遊記』(ルイ・ド・カルボナ監督)

「9.5ミリ 劇映画」より


或る夜、ジユリアンとアンドレ兄弟は闇に乗じてファルスブールの孤児院を抜け出した。亡き父の遺言を果たすため叔父が住む南仏マルセイユへ向かつたのである。父の旧友の助けもあり、二人は無事国境を越えフランスに辿りつくことができた。手持ちの路銀は乏しく、兄弟は徒歩で南下を始めた。

道中では多くの人々に助けてもらう。エピナルの町では宿屋の亭主夫婦に可愛がられ、ジユリアンは錠前屋の修業をし、アンドレは学校で勉強させてもらう。しかし長居は出来なかった。一ヶ月の休息の後に二人は再度旅に出た。ブドウ作りの盛期を迎えたブルゴーニユ、工業の町クレルモン・フェラン、宗教建築の立ち並ぶアヴイニヨンを経由してプロヴァンスに入つていく。

マルセイユまで六十里となつた所で南仏の強風に煽られアンドレが足に怪我を負った。ジユリアンはルートを汽車に切替え、弟を背負つて客車に乗りこんだ。マルセイユに辿りつくも、折あしく叔父はボルドーに長期滞在中とのこと。肩を落とした兄弟を見てマルセイユっ子たちが一肌脱ぐ。港町で船主に話をつけ、運河を使いボルドーまで送つてもらう話になった。

ボルドーで叔父と再会。事情を知つた叔父は二人を養子にしようと決める。手続きの爲に孤児院へ戻らなくてはならない。ダンケルクまで船で移動して汽車でファルスブールへ。父の墓参りを済ませ役所へ向かう。交付されたのはフランス国籍を証明する書類であつた。晴れてフランス市民となつた兄弟は叔父の親友ギヨーム氏一家の元に身を寄せ、幸せに暮らしたのであつた。


『二少年によるフランス周遊記』は19世紀後半に出版された児童向けの物語です。第二次大戦前のフランスでは国語の読本として使われており当時の人に馴染み深い内容でした。1924年公開の映画版は3時間を越える大部なもので、パテベビー9.5ミリ版は前後半の二部構成とし40分程度まで切り詰めています。

主人公を演じているのはいずれも映画出演経験のない素人の子供さん。お兄さんのジュリアン役に素朴と端整さを兼ね備えたリュシアン・ルゲイ君。弟アンドレ役は天然パーマに笑顔が可愛らしいグレゴワール・ウィリ君でした。

父の遺言を果たすため貧しい兄弟が叔父のもとへ徒歩で向かう設定を口実に、様々な町の産業や文化が紹介されていきます。地理の勉強に役立つだけではなく北極星を見つけて方角を割り出したり、当時最新技術だった写真の話が出てくるなど教養ネタも多く含まれています。

同時期に公開された『狼の奇跡』(レイモン・ベルナール監督)の大衆受けを狙ったスペクタクル性はなく、エプスタイン(『蒙古の獅子』)らのインテリ受けする表現とも違っていて、話題となることのないまま埋もれてしまった一作ではありました。それでも各地の風景や産物を現地ロケで記録した功績は大きく、ナチュラルな演技も相まって好感度の高い作品に仕上がっています。


[IMDb]
Le tour de France par deux enfants

[公開年]
1924年

[メーカー]
仏パテ社

[メーカー記号]
2010(前編6巻)& 2012(後編6巻)

[9.5ミリ版発売年]
1925年

[フォーマット]
9.5mm 無声 10m×12巻 ノッチ有

1930年代中盤 中村パテー商会 パテースコープ5型 9.5/16ミリ両用映写機

Mid 1930s Nakamura Pathe co., N.M. Pathe Scope 9.5-16mm Silent Projector Model 5

1930年代に日本の中村パテー商会が製造・販売していた9.5ミリ/16ミリ両用のサイレント映写機。シリアル番号は7004。

レンズは五藤光学研究所のF=50mmを使用。ランプは75V500W。

土台部分に3つのスイッチがあって左から順にM(モーター)、L(ライト)、P(パイロットランプ)。メインホイール側の側面にある二つのつまみがモーターの回転数と光量調整用。背面の下にノブがあって左右に回すと映写機の仰角を調整できます。


9.5ミリと16ミリの切り替えはゲージ等関連パーツを取り換えることで可能。金具の形状などボレックスDA〜G916映写機に似ています。一方で金属製ベルトをねじって掛ける形はパテックス社200B映写機に影響を受けています。

「モーターが動いたり動かなかったりする」という状態で入手。コードを繋いでスイッチを入れると確かに反応したりしなかったり。動いている時も回転数が不安定で火花が飛んでいます。

モーター部のカバーを外してみました。ブラシ式のモーターでルーターを挟みこむようにカーボン製のブラシがセットされています。このブラシの劣化・摩耗が火花、接触不良の原因かもしれません。交換して結果を見てみたいと思います。

折角の機会ですので他の部分もメンテナンスしておきます。モーターの軸は逆側で冷却ファンを回転させています。こちらもかなり埃がたまっていました。

今の状態であまり長く動かしたくはないのですが、フィルム送りの確認も兼ねて数分回してみました。数十センチ前の壁に映写したため小さくしか映っていませんがレンズ自体は良い感じ。F=50ですので3メートルの距離で映写すると綺麗に映せそうでした。

昭和11年(1936年)-『パテーベビー月報 第73号』

Pathé Baby Monthly No.73 (1936 March Issue)

大阪(南区安堂寺橋通り)に拠点を置いていたパテーベビー月報社が発行していた9.5ミリ小型映画専門冊子。16頁で年間購読料は24銭となっています。

以前に紹介した同年5月第75号は『メトロポリス』や『ハンガリー狂想曲』を中心とした構成でドイツ映画色が強い内容でした。紙面で触れられているように本号は3月10日の陸軍記念日を意識した軍事色の濃いものとなっています。

メイン企画は寶塚キネマ製作の『孝子五郎正宗』(S-403、特大鑵4巻)。紹介1頁に次いで3頁を費やして全字幕を掲載しています。

第二特集は「三月十日の陸軍記念日には」。
・『日露戰争回顧錄』(S-420、特大鑵3巻)
・『草に祈る』(G-256、特大鑵3巻)
・『戰友』(S-389、特大鑵1巻)
・『吉岡大佐』 (S-444、特大鑵1巻)
・『橘中佐』(S-446、特大鑵1巻)

それ以外の紙面は広告となっています。アルマ映写機、エクラA型映写機、コロネット撮影機など1936年のトレンドが伝わってくるラインナップでした。

1952~57年 – 9.5mm個人撮影動画『寒中行事』大阪 桜宮橋 大川

「9.5ミリ 個人撮影動画」より

戦前から行われてきた淀川での「寒中水泳大会」(至心会主催)を記録したもの。確認できた限り少なくとも3年分(1952、1956、1957年)の動画を編集してまとめています。

「淀川」となっていますが開催場所は造幣局にほど近い桜宮橋の当たりで、現在では大川と呼ばれている旧淀川。桜宮公会堂の真正面になります。

1956年度の方では冒頭に「大阪寒中水泳大会」ののぼりが映し出され、吹奏楽団が開会の音楽を奏で、桜宮橋からの高飛びこみが披露されます。その後関係者諸氏からのスピーチがあって、至心会の有段者が「水弓」や「甲冑御前法」を披露していきます。

川岸のみならずボートにも報道陣の姿があります。またメーカー(ライオンやビスコ。翌年はセメダイン)がブース代わりのワゴン車を出している場面も記録されていました。

翌1957年(昭和32年)の大会もほぼ同じ流れとなっています。挨拶や祝辞に次いで地元高校生(北野高校、今宮高校、南高校、八尾高校、今宮工校、鳳高校)による「淀川横断」が行われ、京都踏水会「空砲発火」や至心会による「浮身絵」の披露。模型飛行機と模型ボートでの「淀川横断」も前年に引き続き開催されていました。

大阪市の真ん中で川泳ぎができた古き良き時代の映像記録。昭和30年代の話ですので記憶に残っている人もいるかもしれません。個人的に扇町から天六はよく動いていた覚えがあって桜宮界隈も全く知らない場所ではなく興味深かったです。

] 映画の郷 [ 電子工作部:ラズパイHQカメラで戦後9.5ミリカラーフィルムをスキャンしてみた

『ガラパゴス諸島~アフリカ旅行記』
(1960年、仏9.5ミリ個人撮影動画より)
ラズパイHQカメラ+タムロンH21レンズ

先日、綺乃九五式スキャナーにラズパイHQカメラを移植しました。このスキャナーにとっては大きな一歩となります。V2カメラを前提に設計された綺乃九五式は白黒フィルムしか処理できなかったのですが、このアップデートでカラーフィルムを扱うことができるようになったからです。

今回、1960年に撮影されたガラパゴス諸島~アフリカ旅行動画をスキャンしてみました。上がその際の無加工スキャン画像。

悪くない、と思います。後に触れるように幾つか問題はあるものの、設定次第では16ミリ並の再現度までいける手応えがありました。

ちなみに一回目に行ったスキャンは失敗でした。何も考えずに白黒設定(彩度/saturation)のみを変更しスキャンしたところ、連続撮影の結果が次の形に。

数回に一度自動の補正フィルターがかかっています。

パイカメラ・ライブラリーのオートホワイトバランス(awb_mode)初期設定で「’auto’」となっているため悪さをしているのだろうと考え「’off’」に変更したものの結果は変わらず。露出モード「exposure_mode」が未設定(=デフォルト「’auto’」)になっていたのが問題で、こちらを「’off’」に変えると安定しました。

ところが別なショットで新たな問題が発生しました。

ウミイグアナの群れを捉えた一枚。解像度は良いのですが…色合いが奇妙です。このフィルムは2017年に一度映写機で実写しており、その時のスクリーンショットが残っています。

絵としての解像度はHQカメラに劣りますが、色合い/カラーバランスはこちらの方が自然な感じがします。HQカメラは青の発色がやや人工的で、画面全体に強く出ています。ヒストグラムで確認してみると:

映写機版のヒストグラム(写真上)から分かるように、光の三原色の中で青がやや強く出ています。こういった被写体を撮ろうとした時、処理が上手くいかず青味が極端に強調される形で残ってしまうようです。冒頭の鳥のように青があまり含まれていない画像では綺麗な結果が出てきます。下のスキャンも似たような感じです。

空が澄んだ青になるのは良いとして、引きずられるように背後の島が真っ青になり、人の肌や植物も青みがかっています。カラーバランスを修正したところ下の感じになりました。

修正前(左)と修正後(右)

肉眼で見えていたのは右の感じだったのでしょうね。HQカメラを使用した際にカラーバランスが青に寄る話は海外ユーザーからも報告 (« The whitebalance is also very “blue” ») されています。使用するレンズやセッティングに依存している可能性もありますが、今後HQカメラを使って実用的な作品を作ってみたいという方は留意しておいて良い話かと思われます。

] 映画の郷 [ 電子工作部:「綺乃九五式」にラズベリーパイのHQカメラを移植する

ラズパイ4Bが発売された時「カメラモジュールのV3が出ないかな」と密かに期待していました。そちらの音沙汰がなく不思議に思っていたところ、5月初めに新作のカメラモジュール「ハイクオリティカメラ V1」(以下「HQカメラ」)が発売されました。

センサーにSony IMX477R(英語規格書)を使用。1/2.3型で対角長7.857ミリ。センサーの縦横は実寸で4.7ミリ(高さ) ×6.2ミリ(幅)。有効画素数は12.3MピクセルでV2(8M)の約1.5倍になっています。ラズパイ4Bに接続し「vcgencmd get_camera」で確認すると無事認識されていました。

対応レンズはCS/Cマウントとなっています。手持ちのレンズを幾つか組みあわせてみましょう。

モビルスーツ風の風格があります。実際に試写した感想としてはV2カメラで発生していた「口径蝕」問題が解消されたのが何より一番の進化だと思います。

上の写真は2020年1月の雪の日にV2カメラで撮影したものです。このカメラモジュールはオリジナル以外のレンズを使うと四隅を中心に赤みがかった変色が出てしまいます。「キャリブレーション」という方法で補正をかけないと直せないもので、ラズパイベースでフィルムスキャナーを製作する際に大きな障害となっていました。

HQカメラ + ベルティオ Cinor (F20 1:1.9)で撮影した一枚。ヒストグラム右端にやや怪しい動きが見られるものの、V2カメラの欠点を修正した形になっています。

動作確認ができたので綺乃九五式スキャナーにHQカメラを移植していきます。

レンズは以前と同じくタムロンの21HA(Cマウント)。

HQカメラではイメージセンサーの幅が6.2ミリ程に広くなっています。目標としてはタムロンレンズと接写リングを組みあわせながら、この画角一杯に9.5ミリ(実際に映像が映っている部分の幅は8.5ミリほど)のフィルムを映し出していきます。

まずは必要となる接写リングの長さを計算していきます。

V2カメラの場合はセンサー幅が3.68ミリだったため3.68÷8.5=0.47。0.47倍の倍率を得るため20ミリの接写リングをあわせ、フィルム面からレンズの先端までの距離を168ミリ(16.8センチ)に設定していました。

今回センサー幅が変わりましたのでパラメーターが変わっています。

35ミリの接写リングを間に挟みます。この時CSマウント(HQカメラ)とCマウント(タムロンレンズ)の差分の5ミリがあるため、元々56ミリの焦点距離を備えていたレンズに30ミリの接写リングを組みあわせたことになります。

タムロンの仕様書に従うと、30ミリの接写リングをつけた際の最短撮影距離が119.6ミリで、その際に横幅12.1ミリの対象を画面に収めることができるようになっています。

この時、センサー面上に投影される画像の幅xは12.1:x = 119.6:86(56+30なので)となり、xは8.7ミリとなります。元々12.1ミリだった被写体がセンサー面では8.7ミリになったので0.71倍マクロレンズとして機能している訳です(ラズパイHQカメラのセンサー幅は6.2ミリですので、このセッティングで撮影すると幅8.7ミリの画像の中央の6.2ミリ分だけが切り取られて出力されます)。

最短撮影距離119.6ミリの場所に9.5ミリフィルムを置いてみます。フィルムの中で実際に映像が映っている部分の幅は8.5ミリほどです。これが0.71倍されると6.11ミリになります。ラズパイHQカメラのセンサー幅6.20ミリに上手く収まります。

V2カメラ+20ミリ接写リングの時は最短撮影距離が約16.8センチでしたが、今回のHQカメラ+35ミリ接写リングの場合は最短撮影距離が約12センチ。いままでより4.8センチカメラの先端をフィルム面に近づける必要があります。空間の余裕はあるので上手くいきそうです!

「綺乃九五式」にセッティングしたところ。

ラズパイHQカメラ + タムロン21HAレンズでの9.5ミリフィルムスキャン例(2400*1800)

1923年に発売された『パテ・マガジン 第1巻』より「金魚」の動画をスキャンしたものです。フレーム内に9.5ミリフィルムのコマがピッタリと収まっています。一部にガタツキが見られ微調整が必要ですが実用には使えそうです。

Pathé-Magazine Vol.1 « Les Cyprins Chinois »

Cマウントレンズは現在でも監視カメラなど産業用として市販されていますが、そもそも戦後の16ミリ動画カメラによく使われていた規格でした。今後クラシック・カメラ/オールド・レンズの愛好家も巻きこんで面白い作品が出てきそうな気がします。

] 映画の郷 [ 電子工作部:「綺乃九五式」スキャン画像修復プログラム(4)マウスクリックで矩形を指定しピンポイント修正を行う

この数日行っていたのがマウスクリックで画面上に領域を指定し、その部分をピンポイントで修正するプログラム製作です。画像の一部を処理する作業は「ROI(Region Of Interest)」と呼ばれているそうで、参考になるプログラムがオンラインで見つかりました。

【OpenCV】画像の一部のみ処理するROIの設定について【Python版】

このプログラムでは座標は予めコード内に記述しておく設定になっています。マウスクリックで座標を取得するプログラムは別に探しました。

OpenCVを使ってマウスイベント(手動)でテニスコート領域を選択できるようにする

クリックを4回するとその4点のxy座標をリストに格納し、その4点を頂点とする矩形を描くことができます。

「ROI」は矩形(台形などを含む)ではなく長方形しか処理できないようでしたので、4点クリックではなく左上と右下の2点クリックで座標を取得する形に修正します。ざっと書いたのが「denoising-roi2.py」(左)です。

先日スキャンした『聖女ベアトリクス伝説』からの一コマ。額の辺りに楕円形の汚れが付着しています。この部分をピンポイントで修復していきます。

sample18-roi01

プログラムを起動します。額の汚れの部分を左上と右下で挟みこむように2回クリック。すると自動でマスク画像が生成され、inpaint関数がそのマスク画像を介して元画像を修復していきます。

もう少し詳しい流れとしては:
1)加工用に元画像全体を一旦複製する(「dst_img」)
2)クリックした2点を対角線上の頂点とした長方形の画像「s_roi」を「dst_img」から抽出する
3)「s_roi」をhsv変換してからマスク画像「hsv_mask」を生成する
4)「hsv_mask」をパッチとし、inpaint関数で「s_roi」に修復をかけ画像「dst」を生成する
5)「dst」を「dst_img」の元の位置に置き換える
6)修復完了した画像を別名義で保存する(必要なら元画像を上書きする)

おでこの汚れを一か所消すだけにしては複雑な作業をしています。

参考サイトでは「ぼかし処理(blur関数)」を使っていて、これだと一行で済みます。ただぼかし処理は修復ではないんですよね。blur関数では下の結果になります。

copy-2836b-blurredcopy-2836b-blurred-detail

散らした感じとなり四角い跡が残ってしまいます。

一方のinpaint関数は設定次第でかなり綺麗な修復結果になります。設定値「uppervalue(uv)」を変えながら修正結果の違いを比較してみます。

copy-2836b-uv50
uv = 50 (7.896 秒)
ほとんど変化なし

copy-2836b-uv90
uv = 90(9.26 秒)
輪郭部分が残ってシミの様に見えます

copy-2836b-uv120
uv = 120(9.028 秒)
だいぶ薄くなりました

copy-2836b-uv150
uv = 150(9.091 秒)
かなり綺麗に消えています

copy-2836b-uv150b
uv = 150の拡大

uppervalueを150まであげるとダメージはほとんど見えなくなります。拡大するとうっすら輪郭は残っていますが、blur関数の様な不自然な感覚はありません。

フィルムのスキャン画像でダメージが一か所しかない、というのはあり得ない話で、傷や汚れは数ヶ所〜数十か所に及びます。そのまま修復システムに組みこむ感じではなさそう。それでもマウスクリック2回でxy座標を格納し、画像領域を指定してピンポイント修復出来るようになったのは収穫でした。