1927 – VHS 『砂絵呪縛』(金森万象監督、月形龍之介主演)


物語は将軍綱吉の後継者争いが背景となっていて紀州派の柳沢吉保を元締めにした柳影組、水戸派間部詮房の天目党が互いに妨害工作を行っています。

間部詮房の下、副首領として天目党をまとめているのが勝浦孫之亟(月形龍之介)。詮房の娘である露路(河上君栄)と互いに憎からず思いあっています。普段は孫之亟の妹で武芸の心得のある千浪(松浦築枝)が露路に付き添い守っていたのですが、ある日柳影組に襲われ露路が拉致されてしまいます。

sukigata Ryunosuke as Katsuura Magonojo
月形龍之介(勝浦孫之亟)
Kawakami Kimie as Tsuyuji
河上君栄(露路)

間部詮房との交渉のカードに使うため、柳影組の鳥羽勘蔵(市川小文治)と義弟・森尾重四郎(武井龍三)は露路を一旦は柳影首領の妾であるお酉(鈴木澄子)に預けます。このお酉の父こそが先日、天目党に捕らわれた贋金作り師・黒阿弥(尾上松緑)であった…と話が進んでいきます。

Ichikawa Kobunji as Toba Kanzo
市川小文治(鳥羽勘蔵)
Takei Ryuzaburo as Morio Jushiro
武井龍三(森尾重四郎)
Suzuki Sumiko as Otori
鈴木澄子(お酉)
Onoe Shoroku as Kuroami
尾上松緑(黒阿弥)

『修羅八荒』と同様、『砂絵呪縛』は同一原作での各社競作となり当時の映画界を盛り上げていました。四社(マキノ・阪妻・東亞・日活)の配役対応表が下になります。

マキノ(金森万象) 阪妻(山口哲平) 東亞(後藤秋声) 日活(高橋寿康)
勝浦孫之亟 月形龍之介 草間実 雲井竜之介 河部五郎
森尾重四郎 武井龍三 阪東妻三郎 沢村勇 石井貫治
間部詮房 児島武彦 中村政太郎 御園晴峰 実川延一郎
露路 河上君栄 森静子 小坂照子 伊藤みはる
千浪 松浦築枝 木村正子 華村愛子 川上弥生
鳥羽勘蔵 市川小文治 中村吉松 瀬川路三郎 南光明
お酉 鈴木澄子 泉春子 原駒子 酒井米子
黒阿弥 尾上松緑 志賀靖郎 市川花紅 中村仙之助
神明の紋吉 中根龍太郎 中村琴之助
砂絵師藤兵衛 荒木忍 安田善一郎 横山運平 中村吉次
関仙兵衛 大国一郎 金井謹之助 団徳麿 嵐亀三郎

阪妻プロを除く三社は勝浦孫之亟を中心とした脚本で、阪妻は浪人・森尾重四郎を中心にしています。

露路役は各社が当時推していた若手女優が並びます。河上君栄さんと小坂照子さんがポジション的に重なっていた様子が伝わってきます。お酉には鈴木澄子・泉春子・原駒子・酒井米子と四社を代表する「ヴァンプ女優」が配されていました。

千浪には地味な味のある女優さんたち。松浦築枝と川上弥生は確かに同系統ですね。

悪役の副首領・鳥羽勘蔵に渋い演技派(市川小文治、中村吉松、南光明)を配して底上げを行い、ストーカー的な狂気を滲ませる砂絵師藤兵衛に個性派のベテラン(荒木忍、中村吉次)が回っています。

Sunae-shibari 07 Araki Shinobu as Tobei
荒木忍(砂絵師藤兵衛)
Nakane Ryutaro as Monkichi
中根龍太郎(神明の紋吉)

マキノ版ではぽっちゃり型男優・中根龍太郎がコミカルな役柄で光っていました。東亞版では諜報活動を行う謎めいた御庭番の仙兵衛=団徳麿が気になるところです。

[JMDb]
砂絵呪縛 第一篇砂絵呪縛 第二篇

[IMDb]
Sunae shibari: Dai-ippen, Sunae shibari: Dai-nihen

[フォーマット]
活弁:松田春翠
スタンダードサイズ、モノクロ、モノラルHi-Fi、89分

[発売元]
オールド・ニュー
日本無声映画名作館(Vol.4)

[製作]
株式会社マツダ映画社

VHS 『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』 (1929年、マルコ・ドゥ・ガスティヌ監督)

ジャンヌ・ダルク映画として同時期の『裁かるゝジャンヌ』と並ぶ秀作。

主演ジュヌヴォワの素朴で真っ直ぐな性格付け、脇役やエキストラの好演、衣装、オルレアン攻防の速度感ある編集など見どころが多く、リアリズム重視で中世の空気感を上手く伝えているところにその良さがあります。

[原題]
La Merveilleuse Vie de Jeanne D’Arc

[製作年]
1929年

[IMDB]
tt0020165

[メーカー]
仏ルネ・シャトー社

[フォーマット]
VHS