1937 – VHS 『恋山彦』(マキノ正博監督、阪東妻三郎主演)

「阪東妻三郎関連」より

時は元禄。信州伊那の谷に平家の末裔が住み着いていた。山腹にかかった霧の奥から御輿を担いだ男たちの姿が浮かび上がる。御輿には涙を浮かべた若い女(花柳小菊)が一人。女は村人によって人身御供とされ、山の神に差し出される運命であった。

山の神と呼ばれていたのは平家の末裔・小源太(阪東妻三郎)であった。神事を終えた小源太は掟を破り女を連れて村に戻ってきた。話を聞くと名をお品と言い、三味線の名手源四郎の一人娘だそうである。時の権力者・柳沢吉保(河部五郎)とその愛妾おさめ(原駒子)の求めに応じて名絃「山彦」の演奏を披露したのがあだとなり、三味線を奪おうとした吉保の配下の者に源四郎は殺され、お品は楽器を手にこの谷へと流れてきたのであった…

平家落人伝説を背景とし末裔の主人公が権力者の腐敗を懲らしめていく筋立てで、そこに三味線「山彦」の争奪戦や主人公のそっくりさんとの身代わり(妻三郎二役)のサイドストーリーが絡みあっていきます。

『恋山彦』の第一回目の映画化となる本作は、映画が無声からトーキーへと移り変わっていった時期に見られる幾つかの特徴を有しています。

1)マイクの感度が低く、俳優の声がエコーをかけたようにこもっていて聞き取りにくい。また、セリフの度に「サー」というノイズが入る
2)併設された録音機器のせいでカメラの動きが制限され、カメラワークの自由度が低く遅い

ハリウッドでは1928~31年位にこういった「移行期の作品」が見られたのですが、日本では30年代半ばから同傾向の作品が見られるようになってきます。マキノ監督は日本の同世代監督でも最もフレキシブルに、流動的にカメラを動かしていた一人で、本作では上記の弱点があまり目立たないような工夫が凝らしてあります。意識しなければ(特に2は)気にならない感じでした。

この作品ではモブシーンの演出が光っています。中盤で小源太が城で大暴れし、闘いの場が一階から天守閣に移っていきます。

1937-koi-yamahiko-vhs
戦闘場面にあわせてカメラが上昇していく。1ショットでの撮影

複数階のセットを組み、俳優たちが上階に上っていくとセット脇の吹き抜けに置かれたクレーンに設置されたカメラが上昇していきます。1ショットでの長回しでカメラと俳優の動きを同期させるため緊密な連携が要求される場面です。

7th-heaven
『第七天国』で、主人公のカップルがアパートの階段を上っていく場面

ボーセージ監督が『第七天国』(1927年)で同種のクレーンショットを使っていました。マキノ監督なりのオマージュでしょうか。後年、戦中の『ハナコさん』(1943年)でもバスビー・バークレーを念頭に置いた演出を組みこむなど常にハリウッドへの敬意を忘れなかった監督でもあります。

阪妻の演技は台詞回しがまだ生硬な欠点がありますがラストの能舞台の立ち回りを含めて見どころはしっかり作っています。時代劇初出演となった花柳小菊さんの可憐な演技と三味線の腕前のみならず、河部五郎、原駒子、市川百々之助などベテラン勢も登場しサイレント映画好きには楽しい一作でした。

1929 – VHS 『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』 (マルコ・ド・ガスティーヌ、白黒リストア版)

「『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』[La Merveilleuse vie de Jeanne D’Arc, 1929]」より

2011~12年頃に入手した仏VHS版。

主演のシモーヌ・ジュヌヴォワは1930年代半ばには結婚して女優業を退いていましたが、戦後、晩年の1980年代になって夫であり元映画プロデューサーのコンティ氏と共に本作の修復プロジェクトを始動させました。実際に作業の中心となったのはルネ・リヒティグ女史で1985年には琥珀色に染色された125分のリストア版が完成。この修復版を白黒で収録したのがVHS版となります。

1990年代半ばのVHSからDVDに切り替わった時期に発売されたため自国フランスでもほとんど流通せず、中古市場でも見かけることが少ない一作。1929年の初公開時にはドライヤー版のインパクトとトーキーの到来にかすんでしまった上、VHSの発売ではDVDにかき消されてしまう辺りが「フランス無声映画史上最も不運な映画」の面目躍如でしょうか。

元々2010年頃、本作をデジタル化した動画が(ユーチューブではない、そして今ではもう存在していない)動画サイトに投稿されていました。そこで初めて見て完成度の高さに驚きVHSを探し始めました。海外発送不可のセラーさんの手元にあるのを見つけ、輸入代行業者に委託して送ってもらいます。VHSの規格が日仏では異なっており手持ちのデッキでは再生できずさらに別な業者に依頼してデジタル化してもらった覚えがあります。

[原題]
La Merveilleuse Vie de Jeanne D’Arc

[公開年]
1929年

[IMDB]
tt0020165

[メーカー]
仏ルネ・シャトー社

[発売年]
1995年頃

[フォーマット]
VHS

1927 – VHS 『砂絵呪縛』(金森万象監督、月形龍之介主演)


物語は将軍綱吉の後継者争いが背景となっていて紀州派の柳沢吉保を元締めにした柳影組、水戸派間部詮房の天目党が互いに妨害工作を行っています。

間部詮房の下、副首領として天目党をまとめているのが勝浦孫之亟(月形龍之介)。詮房の娘である露路(河上君栄)と互いに憎からず思いあっています。普段は孫之亟の妹で武芸の心得のある千浪(松浦築枝)が露路に付き添い守っていたのですが、ある日柳影組に襲われ露路が拉致されてしまいます。

sukigata Ryunosuke as Katsuura Magonojo
月形龍之介(勝浦孫之亟)
Kawakami Kimie as Tsuyuji
河上君栄(露路)

間部詮房との交渉のカードに使うため、柳影組の鳥羽勘蔵(市川小文治)と義弟・森尾重四郎(武井龍三)は露路を一旦は柳影首領の妾であるお酉(鈴木澄子)に預けます。このお酉の父こそが先日、天目党に捕らわれた贋金作り師・黒阿弥(尾上松緑)であった…と話が進んでいきます。

Ichikawa Kobunji as Toba Kanzo
市川小文治(鳥羽勘蔵)
Takei Ryuzaburo as Morio Jushiro
武井龍三(森尾重四郎)
Suzuki Sumiko as Otori
鈴木澄子(お酉)
Onoe Shoroku as Kuroami
尾上松緑(黒阿弥)

『修羅八荒』と同様、『砂絵呪縛』は同一原作での各社競作となり当時の映画界を盛り上げていました。四社(マキノ・阪妻・東亞・日活)の配役対応表が下になります。

マキノ(金森万象) 阪妻(山口哲平) 東亞(後藤秋声) 日活(高橋寿康)
勝浦孫之亟 月形龍之介 草間実 雲井竜之介 河部五郎
森尾重四郎 武井龍三 阪東妻三郎 沢村勇 石井貫治
間部詮房 児島武彦 中村政太郎 御園晴峰 実川延一郎
露路 河上君栄 森静子 小坂照子 伊藤みはる
千浪 松浦築枝 木村正子 華村愛子 川上弥生
鳥羽勘蔵 市川小文治 中村吉松 瀬川路三郎 南光明
お酉 鈴木澄子 泉春子 原駒子 酒井米子
黒阿弥 尾上松緑 志賀靖郎 市川花紅 中村仙之助
神明の紋吉 中根龍太郎 中村琴之助
砂絵師藤兵衛 荒木忍 安田善一郎 横山運平 中村吉次
関仙兵衛 大国一郎 金井謹之助 団徳麿 嵐亀三郎

阪妻プロを除く三社は勝浦孫之亟を中心とした脚本で、阪妻は浪人・森尾重四郎を中心にしています。

露路役は各社が当時推していた若手女優が並びます。河上君栄さんと小坂照子さんがポジション的に重なっていた様子が伝わってきます。お酉には鈴木澄子・泉春子・原駒子・酒井米子と四社を代表する「ヴァンプ女優」が配されていました。

千浪には地味な味のある女優さんたち。松浦築枝と川上弥生は確かに同系統ですね。

悪役の副首領・鳥羽勘蔵に渋い演技派(市川小文治、中村吉松、南光明)を配して底上げを行い、ストーカー的な狂気を滲ませる砂絵師藤兵衛に個性派のベテラン(荒木忍、中村吉次)が回っています。

Sunae-shibari 07 Araki Shinobu as Tobei
荒木忍(砂絵師藤兵衛)
Nakane Ryutaro as Monkichi
中根龍太郎(神明の紋吉)

マキノ版ではぽっちゃり型男優・中根龍太郎がコミカルな役柄で光っていました。東亞版では諜報活動を行う謎めいた御庭番の仙兵衛=団徳麿が気になるところです。

[JMDb]
砂絵呪縛 第一篇砂絵呪縛 第二篇

[IMDb]
Sunae shibari: Dai-ippen, Sunae shibari: Dai-nihen

[フォーマット]
活弁:松田春翠
スタンダードサイズ、モノクロ、モノラルHi-Fi、89分

[発売元]
オールド・ニュー
日本無声映画名作館(Vol.4)

[製作]
株式会社マツダ映画社