サンライズ・サイレンツ (Sunrise Silents, 2004-2012)

sunrise00.jpg

2000年代中盤から10年代初頭にかけ、ハリウッド無声映画の理解と受容に大きな影響を与えたのが「サンライズ・サイレンツ」シリーズでした。米ロードアイランド州在住のリッチー・オリヴィエリ氏(Rich Olivieri)氏によるプロジェクトで、手作りのサイトを拠点としながら多くのサイレント作品のDVD-Rを販売していました。

クライテリオンやマイルストーン社、キノ社など無声映画のDVD化を手掛けている大手会社は幾つもありましたが、多くが手堅い有名な作品を扱っていたのに対し、サンライズ・サイレンツは長く忘れ去られてきた無名作を次々と取り上げていきます。カタログを眺めているだけで勉強になる稀有なサイトでした。

sunrise06

経営的に難しい部分があったようで2012年に活動を停止。流通量が少なかったため中古で見かける機会もなく、現在は幻のコレクターズ・アイテムと化しました。

手元にあるのは4枚。当時もっと買っておけば…と後悔しています。

1. セダ・バラ主演『愛の試練』(The Unchastened Woman, 1925)
2. ヴァイオラ・ダナ主演 『肉弾王』 (The Ice Flood, 1926)
3. ジャクリーヌ・ローガン主演 『ルックアウト・ガール』 (The Look Out Girl, 1928)
4. ガートルード・オルムステッド主演 『スゥイート・アデライン』 (Sweet Adeline, 1926)

その他インス撮影所の様子を紹介した短編や、メイ・ブッシュ主演のキーストン喜劇などおまけも充実しています。

sunrise07

1915 – アニタ・スチュワート主演 『The Juggernaut』 DVD

グリフィスの『国民の創生』(1915年4月25日公開)とほぼ同時期(4月19日)に公開されたヴァイタグラフ社の5巻物ドラマ。監督はラルフ・インス。

今回入手した2012年のDVDには第5巻目のラストシーンのみが収められています。その後残りのフィルムが一部見つかっており、版元ハーポディオン社のサイトで改良バージョンの視聴が可能です。

最終巻に蒸気機関車が煙を上げながら脱線し、川に転落する場面が収められています。本物の機関車を使った撮影で驚くほどの迫力があります。

ただ『The Juggernaut』の面白さは20年という歳月をまたいだ運命劇にあるような気がします。主演のアニタ・スチュワートが母と娘の二役を好演、その他の俳優の演技も申し分なくこの傑作サイレントを忘れがたい作品にしています。

※作品の背景や修復のプロセスについてはThose Awful Reviewsに詳しい記事あり。

1923 – 9.5mm 『いろり』 (ロベール・ブドリオズ監督)

「9.5ミリ動画 05a 劇映画」より

後に性格俳優として評価を確立していくシャルル・ヴァネル(Charles Vanel)が初めて注目を浴びた長編として知られています。

捨て子として育てられた女性アルレットをめぐり、兄弟の間で奪い合いが始まります。アルレットは弟のジャンに好意を持っていたのですが、養父は芸術家肌のジャンを認めず、兄のベルナールに無理矢理嫁がせてしまうのです。失意のうちに家を出るジャン。しかし夫の暴力に耐えきれなくなったアルレットは手紙でジャンに助けを求めるのでした…

物語は暗めで配役にも華やかさはありません。しかし兄(ヴァネル)、弟(ジャック・ド・フェロディ)、父(モーリス・シュルツ)の三者三様の演技は見応えがあり、田舎の封建的な様子をえぐっていく展開もなかなかで硬派な秀作と見ました。

[タイトル]
L’Atre

[公開年]
1923年

[IMDB]
tt0011901

[メーカー]
仏パテ社

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 200m *1リール

VHS 『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』 (1929年、マルコ・ドゥ・ガスティヌ監督)

ジャンヌ・ダルク映画として同時期の『裁かるゝジャンヌ』と並ぶ秀作。

主演ジュヌヴォワの素朴で真っ直ぐな性格付け、脇役やエキストラの好演、衣装、オルレアン攻防の速度感ある編集など見どころが多く、リアリズム重視で中世の空気感を上手く伝えているところにその良さがあります。

[原題]
La Merveilleuse Vie de Jeanne D’Arc

[製作年]
1929年

[IMDB]
tt0020165

[メーカー]
仏ルネ・シャトー社

[フォーマット]
VHS

1915 – 9.5mm 『思ひ出(アルト・ハイデルベルク)』 (ジョン・エマーソン監督、米)

「9.5ミリ動画 05a 劇映画」より

古い大学町に遊学でやってきた皇太子と旅館の看板娘の恋と別れを描いたメロドラマ。19世紀末に戯曲として出版され人気を博しました。

サイレント映画としては1927年のハリウッド版が有名ですが、その12年前に最初に映画化されたものがこちら。人気絶頂だった美形俳優のウォーレス・リードとギッシュ姉妹の妹ドロシーが主演を務めています。

後年ドロシー・ギッシュは喜劇作品に多く主演するようになり、姉(リリアン・ギッシュ)のように悲劇に出たいとこぼしていました。ただ本作でも表情や動作がやはりコメディ風なんですよね。また、薬物中毒で早世したウォーレス・リードの貴重な主演作でもあります。

[タイトル]
Alt Heidelberg

[原題]
Old Heidelberg

[製作年]
1915年

[IMDB]
tt0005823

[メーカー]
独パテックス社

[フォーマット]
9.5mm

1912- 9.5mm ナピエルコフスカの『カンボジアの舞踏』

「9.5ミリ動画 05a 劇映画」より

仏パテ社が9.5mm映画を最初に売り出した時にあった初期のフィルムで、1912年に公開された中編映画(『La Fièvre de l’or』)の一場面を抽出した内容です。

映画は金銭欲に取りつかれた男が亡父の銀行を乗っ取り投資ブームを仕掛け、人々が踊らされていく内容を描いています。途中の祝宴場面に使用されていたのがこのカンボジア風ダンスでした。

エキゾチックな舞踏を披露しているのはロシア出身のスターシャ・ナピエルコフスカ。『レ・ヴァンピール 吸血ギャング団』(1915年)や『女郎蜘蛛』で重要な役割を演じていました。

[タイトル]
Danses Cambodgiennes

[原題]
La Fièvre de l’or

[製作年]
1912年

[IMDB]
tt0250381

[メーカー]
仏パテ社

[カタログ番号]
47

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 10m *1リール

1922 – 8ミリ 『ドクトル・マブゼ』 第4巻 (フリッツ・ラング監督)

「8ミリ 劇映画」より

「テロ事件」と題された第4巻では、第2巻に登場してきた御曹司ハルが再登場してきます。マブゼは情婦の踊り子カーラをハルに接近させますが、そこから逆に足が付きカーラが逮捕されます。

敵の包囲網を感じ取ったマブゼ一味はハルとカーラの殺害を図り、さらには検事たちが集まっている警察への爆破を仕掛けていきます。

本来はこの次に完結編の第5巻があるのですがこちらは入手できなかったため今回の上映はこれまで。物語のポイントを上手く押さえ、作品の骨格にある連続活劇のリズム感を強調した素晴らしい編集でした。

[タイトル]
Dr. Mabuse: Das Attentat

[原題]
Dr. Mabuse, der Spieler – Ein Bild der Zeit

[製作年]
1922年

[IMDB]
tt0013086

[メーカー]
独DEFA社

[カタログ番号]
231

[フォーマット]
ノーマル8mm 60m(無声)