1926年4月17日 – 9.5mm 個人撮影動画『ニースにて/アントワーヌ・ジャロン一家』 Nice. Famille Antoine JALON 17-04-26

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

9.5mm Film d’amateur. « Nice. Famille Antoine JALON 17-04-26 »

昭和元年(1926年)に南仏ニースで撮影されたホームムービー。以前にデジタル化した『イラン・ゴレスタンの小さな家』と同一のカメラで撮影されたもの。ラベルの日付に従うならイラン編(1926年4月18日)の前日の動画。登場してくる人物も一部重なっています。

撮影場所は南仏の都市ニースの市街地。建物から出てきた家族連れが乗用車に乗りこむ前の様子を捉えています。カメラを意識している少年と蝶ネクタイの初老の男性はイラン編にも出ていました。少女が手にしている小さな傘は和傘でしょうか。彼の地でアジア趣味が好まれていた様子も伝わってきます。

デジタル化に際して幾つか問題がありました。撮影の途中フィルムが上手く回らず噛んでしまい、その部分が何度も露出され多重露出で白くなっていたのです。

sample08

フィルムを送る穴(パーフォレーション)のダメージもこの前後に見られます。フィルム送りが上手くいかなかった部分は動画化するとコマ落としした感じになってしまいました。個人による撮影なのでこの手のトラブルは時折あったと思われます。

アントワーヌ・ジャロン(Antoine Jalon)という人物が戦前フランスにいた記録は残っており末裔もご健在です。同姓同名の可能性もありますがひとまず連絡を取って確認を試みていきます。

1920年代後半 – 9.5mm 『サイゴンのフンヴーン廟/雄王庙』 戦前・アジア旅行記 2/7(ベトナム編)

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

1587c1930-the-hung-kings-temple-saigon-

The Hùng Kings Temple / Đền Hùng (Vietnam late 1920s)
US Tourists in South and South East Asia 02

以前に紹介したマレーシアでのペナンヒル登頂動画の続編。貴重な映像ですが、フィルムの状態があまり良くありません。汚れが多く、また以前湿気に触れた状態で放置されていたようで一部の映像が流れてしまっています。悪しからずご了承ください。

冒頭、地元の馬車が映し出され、川辺の風景が映し出されます。しばらくして登場してくるのが中華風の宗教建築物。カメラを引いていくと龍の欄干が見えます。往来を繰り返しているのはお参りしている人たちでしょうか。辮髪姿も見えます。

調べてみたところ紀元前にこの地を統治したとされるHùng王(雄王)にまつわる霊廟、フンブーン廟でした。元々はヴェトナムが仏領だった1926年に大戦の死者を弔うため建立されたもので、1975年にフンブーン廟と改名されています。隣接しているサイゴン動植物園も一瞬ですが登場しています。

[1966年頃のフンブーン廟]
vietnammoi.vnより

1920年代中頃 9.5mm ベルギー 個人撮影フィルム 6本

「05b 個人撮影動画」より

1920年代中盤にベルギーで撮影された家族動画。仏パテ社の20mリール×6本。元々フィルム1本+3本の組みあわせで購入したのですがが、2本おまけを付けてくれました。

自然に囲まれ、多くの動物(ウサギやヤギ、猫)を飼っている若夫婦一家を舞台とし、おそらくネリーさんという名前の娘の成長を追った内容。

1920年代中頃 9.5mm ベルギー 個人撮影フィルム 6本
Mid 1920s Belgium 6 Private Films

[01] 『絵本』Le Livre d’images – 1924
    ・テーブルで熊の人形と一緒におままごとをしている様子
[02] 『ピトゥチュ一家』La Famille de Pitoutch – 1925
    ・1925年8月30日、娘さんの3歳の誕生日に撮影された一本
[03] 『ネリーの友達』Les Amis de Nelly – 1925
    ・家で飼っているウサギや猫を主に撮影したもの
[04] 『無題』
    ・母親と一緒にヤギと戯れている様子
[05] 『無題』
    ・前半は猫を抱いてお座りしている様子、後半は屋内での入浴
[06] 『無題』
    ・この一本だけ数年の時間を置いて撮影されており、
     一人で自転車に乗っている場面と母親との菜園いじりが収められています。

9.5mm動画カメラが市販されて間もない1924年の年号が見られ、時期の特定できている手持ちのフィルムとしては最も古いものです。一部に手書き字幕が挿入されているなど技術力が伝わってきます。

2013年2月に購入したセットで何度か映写機で実写しています。左が今回行った解像度4800dpiでのスキャニング、右は1920年代末のアレフ映写機での実写(2015年7月)。アナログは上下トリミングされて粒子感が強く、画面四隅にレンズの球面収差によるボケが出ています。それでも25ワットの微弱な光源でこの解像度はなかなかではないかと。

1926年4月18日 – 9.5mm『イラン・ゴレスタンの小さな家』

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

A Golestan. La petite Villa. 18-4-26. (A Rare 1920s Iranian Family Portrait)

9.5mm Home Movie  - A Golestan (Iran) 1926

1926年に中東イランで撮影されたホームムービー。

A Golestan (Iran 1926) 9.5mm home Movie 01

一軒家の2〜3階テラスと思われる場所に家族が集合した様子を記録しています。冒頭では男性二人が話していて中央の椅子に少年が座っています。続いて家の主と思しき男性が飼い犬を抱えていて一歩体をずらすと背後に立つ女性(娘さんでしょうか)の姿が現れました。

A Golestan (Iran 1926) 9.5mm home Movie 02

登場する人物は次第に増えていき、いつの間にやら大所帯に。

A Golestan (Iran 1926) 9.5mm home Movie 03

ここでカメラの位置が変わります。男性たちが家を出たようで、残った女性陣が飼い犬とじゃれている場面。奥では奥さんがハンカチを振って遠くの男性たちに挨拶を送っています。フィルムはここで終了。

google-map-golestan-20181103

ゴレスタンはイラン北東部、カスピ海に面した州名です。モロッコやアルジェリアで撮影された9.5mmホームムービーは時折市場で目にしますが、中近東での撮影記録は非常に珍しいものです。

カメラの移動が少なく周囲の様子が分からないのが少々残念。それでも建物や服装が西欧化され洗練されている様子が伝わってきます。言われないとイスラム圏だと気付かないくらい。カメラを意識して動きがぎこちなくなっている様子も微笑ましく、興味深い内容です。

1920年代後半 – 9.5mm 『ペナンヒル・ケーブルカー登頂』 戦前・アジア旅行記 1/7(マレーシア編)

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

1397

Penang And Up The Peak (Malaysia late 1920s)
US Tourists in South and South East Asia 01

5年ほど以前に入手した7本組のフィルムからで、1920年代後半に東南~南アジアを訪れた米国人旅行者が記録した動画です。現在マレーシアの一部となっているペナン島周辺を撮影しています。

冒頭に宗教建築物の遺構が映し出され、手前に立っている旅行者の姿が見えます。次いで川下りとなり、ボートを操舵している男の後ろ姿。跳ねる水に迫力があります。

その後、ペナンヒルを登っていくケーブルカーが登場。上りと下り列車がすれ違う個所だけ複線になっています。現在は高速ケーブルカーとして人気を呼んでいますがその開通は1923年。初期の車両を捉えたものと思われます。

ケーブルカーから山麓を見下ろし、ペナンヒル周辺で働いている地元民を捉えた後に動画は船上視点に切り替わり、海岸に密集する集落、船を追走してくるボートを映し出していきます。

1920年代 -9.5mm 個人撮影動画 フランス『森の精』

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

« Le Faune », film d’amateur français des années 20

1920年代の半ば~後半に撮影されたと思われるフランスの個人撮影動画。観光で南仏を訪れた家族が寸劇を披露している様子が記録されています。

まずは字幕で場所の説明がされています。南仏ニース近郊を訪れたようで、キャンピング地として人気のあるルー川付近(Les Gorges du Loup)で撮影されたようです。

冒頭、木陰から登場人物たちが順に登場、ファッションショーのランウェイよろしくカメラに向かって歩いてきます。先頭に娘さん、続いて奥さんが登場、最後にお父さんが姿を見せます。

画面が切り替わりと木陰で休んでいる女性二人。奥の方から毛皮をまとった「森の精」が出現、逃げ出した女性を追いかけ始めます。特にオチのようなものはなく、最後は三人が仲良く肩を寄せあって幕を閉じます。

他愛ない即興の素人劇ながら素敵な思い出作りではないでしょうか。

撮影者は息子さんと思われますが、もう一台別に手回しのパテベビー動画カメラを携行していたようで画面に写りこんでいました。

2台目のカメラ
2台目の手回し動画カメラ

1930年代中頃 – 9.5mm 個人撮影動画 『無題』 (石清水八幡宮・鳩・ 中村家住宅・安居橋・木津川・京阪電鉄) 【八幡市-尼野家関連フィルム群 1/3】

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

hachiman00

『お寺参り』『時代祭』と同時期に同じカメラで撮影された一本。時折、遠景に小さく人が入りこんでくる他は主に建物や風景を記録しています。

hachiman01

動画は石清水八幡宮の碑で幕を開けます。境内に鳩が群れていて、飛び立った鳥が軒に移動する様子や接写を交えながら神社の様子を小刻みに記録しています。

hachiman02ahachiman02b-googlemap-201705

その後八幡宮を離れ、木造りの安居橋付近を撮影。白壁が美しい蔵と、その奥の二階建ての母屋が一瞬映し出されます。2012年に国登録の有形文化財に登録された中村家住宅(旧尼野氏別邸)です。現在は母屋の二階が取り壊され、蔵も一部改修されています(参考写真は2017年5月撮影のグーグルマップより)。

庭園の石灯篭

中村家の敷地内で撮影された石灯篭。現在でも中庭に残されているようです。

hachiman03

カメラはその後木津川方面に向かい、御幸橋近辺の撮影を続けていきます。橋を渡る業務用車両や、遠くを走る列車も見えています。鉄橋に近づき、八幡駅通過の京阪列車と思われる2両編成の列車を撮影、さらに大胆に線路内へと入っていき、鉄橋の様子を映しています。

hachiman04

戦前の八幡市の様子を伝える貴重な動画ですが、興味深いのは途中で一瞬映し出された中村家住宅(旧尼野氏別邸)です。先日デジタル化した『お寺参り』の動画でも尼野氏の墓石や、同氏由来の大きな石碑が映し出されていました。それを考えあわせると尼野氏別邸も偶然見つけた建物を撮影した訳ではなく、撮影者が自身にゆかりのある家を記録したのではと思われます。引き続き調査を進めていく予定です。