1936 – 『パテベビー月報 第75号』(『メトロポリス』『ハンガリー狂想曲』『撃滅』)

「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」より

Pathé Baby Monthly No.75 (1936 May Issue)
Pathé Baby Monthly No.75 (1936 May Issue)

[内容]
1)表紙:『メトロポリス』より
2)9.5mm版 『撃滅』(小笠原明峰監督、山本嘉一主演。120メートル2巻、定価48円)
4)9.5mm版 『メトロポリス』(フリッツ・ラング監督。120メートル5巻、定価60円)
5)9.5mm版 『ハンガリー狂想曲』(ハンス・シュヴァルツ監督。120メートル4巻、定価48円)
6)新型電燈點滅機 広告
7)ゲバルト社 広告
8)裏表紙:パテ社モトーカメラ広告

[発行者]
パテベビー月報社(大阪市南區安堂寺橋通)

[サイズ]
13.1 × 18.2cm

[定価]
非売品

1917-22 忘れじの独り花(14) エステル・カレナ Esther Carena (1898 – 1972)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Esther Carena c1920 Autographed Postcard
Esther Carena c1920 Autographed Postcard

女優としての活動は大正時代の後期(1916~24年)に集中しています。1916年に舞台の仕事を探しにイタリアからドイツへやってきたのですが、仕事はなく、当初は「乗り気ではなかったのだけれど」映画で生計を立て始めました。

経験を積むにつれ映画の可能性を実感していくようになり、自身の衣装デザインを手掛けるなど積極的な自己主張を見せるようになります。ケリー・ドイチュラント探偵物(ハリー・ピール主演)やウェッブス探偵物(エルンスト・ライヒャー)などミステリー作品に多く出演、イタリア時代に心得のあったアクロバットの経験も生かし、アクションや舞踏など活動派のセンスも見せています。

der kinobesitzer, 1918-06-01, seite 11-carena
キノ・ベジッツアー誌1918年6月1日号より、ハリー・ピール監督作品『彼奴の仇敵』(Sein Todfeind)紹介記事
Esther Carena in Ikarus, der fliegende Mensch (1918)
『鳥人イカルス』(1918年, Ikarus, der fliegende Mensch)より

初期作品の一つ、第一次大戦を背景にしたメロドマラマ『鳥人イカルス』はフィルムが現存しており、ドイツ映画協会のオンラインサイト、フィルムポータル.deにてデジタル版が公開されています。

[IMDB]
nm0136824

[Movie Walker]
Esther Carena

[誕生日]
8月24日

[出身]
ドイツ(ハノーファ)

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Verl. Herm. Leiser, Berlin Wilm. 3035

エレノア・ボードマン Eleanor Boardman (1898 – 1991)

eleanor_boardman01

晩年と思われるサインで、米サイン蒐集家のラヴェルヌ・デッカーさん旧蔵の一枚。右隅には「素敵なお手紙とペンをありがとう(Thank you for your nice letter pen)」の追伸が付されています。

eleanor_boardman02

写真は1929年公開の『彼女は戦に行く(She Goes To War)』のスチル。トーキー移行期の社会派ドラマ
で決して評価の高い作品ではないのですが、この映画を選ぶのが素敵かなと思います。

[Movie Walker]
エレノア・ボードマン

[IMdb]
nm0090187

[出身]

[誕生日]
8月19日

[サイズ]
20.3×25.7cm