ヴェーラ・ハロードナヤ (Vera Kholodnaya, 1893 – 1919) 露/ウクライナ

帝政ロシア/ソヴィエト初期映画史再訪 [07]

Vera Kholodnaya c1916 Autographed Postcard


帝政ロシア末期を代表する花形女優ヴェーラ・ハロードナヤ(Вера Васильевна Холодная)の直筆サイン入り絵葉書。1916~17年頃と思われます。

同時期、マクシモフやガイロフ、ナタリー・リッセンコ、オルガ・オゾフスカヤ、とりわけヴェーラ・ハロードナヤ等の役者たちが観衆によって偶像のようにもてはやされていた。ハロードナヤは貧しい士官の妻であったが夫が動員されると生活費を稼ぐために映画版『アンナ・カレーナ』の端役としてデビュー。同作は1914年にウラジミール・ガルディンが監督した一作である。1915~16年にかけ、エフゲーニー・バウエル監督作品を通じて大女優となり、一作毎に2万5千ルーブル(1万2千5百ドル)を稼ぐまでになった。大衆の熱狂はそれほどのものだった。(『世界映画史』ジョルジュ・サドゥール)

D’autres acteurs étaient à ce moment idolâtrés par le public : V. Maximov, Gaidarov, Nathalie Lissenko, Olga Ozovskaia et surtout Véra Kholodnaia. Celle-ci, femme d’un officier pauvre mobolisé, débuta, par nécessité de gagner sa vie, dans un petit rôle de la version d’Anna Karénine, dirigée, en 1914, par Gardine. E. Bauer en fit vers 1915-1916 une grande actrice qui finit par toucher 25 000 roubles (12 500 dollars) par film, tant le public l’idolâtrait.

ロシア語版ウィキペディアでの「ヴェーラ・ハロードナヤ」の項目は本文だけで2万5千字を超える内容となっています。英語版の4倍。様々な視点から女優を紹介している中にその評価をまとめている章段がありました。女優としての評価が「極端に二極化されている」とされているものの肯定的な例は僅かしかなく「同一パターンの演技を繰り返している」「情感(や創造力)に欠けている」の表現が目立ちます。

この章段で最初に取り上げられていたのがサドゥールでした。『世界映画史』を確認したところハロードナヤについてのまとまった記述を一ヶ所見つけました。

演技力や表現力、あるいは作品を通じて残した功績への言及はありません。その意味でサドゥールは女優としての評価を(少なくとも直接は)下していない、が正解になるだろうと思います。とはいえ「アイドル視する、偶像のように崇拝する(idolâtre)」の単語を繰り返し用いていることや直前でモジューヒンの創造性や功績を詳述している点を考えあわせるなら、そもそも演技力を期待する前提ではなかったと解釈することもできます。

個人的にもハロードナヤの演技にハッと驚かされたり、深い情感に心を動かされた記憶はありませんし、ロシア~ソ連の地軸、1910年代後半の時間軸どちらで見ても彼女より優っていた女優は多くいたと思います。といって見た目の美しさで刹那の人気を博しただけというのとは違うのかな、と。

『命には命を』(Жизнь за жизнь、1916年)より
背後に新郎役のイワン・ペレスチアーニ

バウエルの『命には命を』を見ていると、ある監督の価値観や世界観を表現するための「素材」、あるいは「媒介」として勝れたものを備えていたのは否定できないと思います。また女優単体の生き様、在り方が当時のロシアの社会を-様々な闇の要素を含めて-反映し、人々の欲望や不安に深く接触したからこそあれほどの共感を呼んだと考えることもできます。そういった意味ではオードリー・ヘップバーンやモンローに近い位置付けの女優さんだったことになります。


[IMDb]
Vera Kholodnaya

[Movie Walker]


[出身地]
ウクライナ(ポルタヴァ)

[誕生日]
8月5日

[データ]
8.7 × 13.4 cm
Фот. М. Сахарова и П. Орлова, 1916 (Phot. M. Sakharova and P. Orlova, 1916)

昭和6年のアンナ・ステン (1908 – 1993) Anna Sten Анна Стен

Anna Sten Autographed Postcard
Anna Sten 1931 Autographed Postcard

1910年12月1日、キエフの帝國ロシアオペラ座バレイマスターの娘として生を受けたのがアニューシュカ・ステンスキー(Anjuschka Stenski)であった。現在はアンナ・ステンとして欧州トーキー映畫界ピカ一の花形となっている。父がバレイマスターで母がモスクワ・オペラ座のプリマバレリーナであるが故、嬢の人生にはたった一つの選択肢しかなかった。バレイダンサーになることである。4才でロシア政府の援助を受けバレイのレッスンを始めた。その後両親が前線へと向かう。1917年に戦争は終わったが、ロシア帝国政府と帝国バレイスクールは過去のものとなっていた。アニューシュカの所在地は分からなくなった。その後、9歳の時に演劇学校の一種であるモスクワの専門学校にその姿を確認できる。父親が学校を辞めさせ、自身が一緒に国内興行をしていた舞踏曲芸団に籍を置くこととなった。11歳の時すでに嬢は旅芸人一座の花形となっていた。

父親の死とともに舞台に上る夢がかなう。幸運にも偉大なロシア人俳優インキジノフにその才を認められ、後にエイゼンシュタインからトーキー映画の基礎を学ぶことができたのである。現在はドイツ映畫のみに出演しておりそのキャリアは頂点に達している。『狂乱のモンテカルロ』でセンセーショナルな成功を巻き起こし、直近ではウーファのトーキー特作『激情の嵐』の女主人公を演じている。

世界映画辞典・1932年度版(フランク・アルノー編)

Am 1. Dezember 1910 wurde dem Ballettmeister an der Kaiserlich Russischen Oper in Kiew eine Tochter geboren: Anjuschka Stenski — heute Anna Sten, einer der bedeutendsten Tonfilmstars Europas. Wenn der Vater Ballettmeister und die Mutter Primaballerina an der Moskauer Oper ist. gibt es für das Kind nur einen Beruf: Ballettänzerin. Mit vier Jahren wurde die kleine Anjuschka Elevin; der russische Staat hatte die Sorge für ihre Ausbildung übernommen. Der Vater ging an die Front, die Mutter mit. Im Jahre 1917 war der Krieg zu Ende, aber das russische Kaiserreich und damit die kaiserliche Ballettschule auch. Wo Anjuschka war, wußte kein Mensch. Man fand die Neunjährige im Moskauer „Technikum », einer Art Kunstschule; sie hatte das Tanzen aufgegeben und sich dem Sprechtheater zugewandt. Der Vater holte sie zurück und fügte sie einer Tanz- und Akrobatengruppe ein. mit der er durch Rußland zog. Mit elf Jahren war Anjuschka der Star dieses wandernden Zirkus.

Erst nach dem Tode ihres Vaters konnte sie zur Bühne gehen; sie hatte das Glück, von Inkischinew, dem großen russischen Schauspieler, entdeckt zu werden. S. M. Eisenstein bildete sie für den russischen Tonfilm aus. Heute spielt sie nur Deutsch, ist auf dem Höhepunkt ihrer Laufbahn, hat in „Bomben auf Monte Carlo » einen Riesenerfolg gehabt und spielte zuletzt in dem Ufa-Großtonfilm „Stürme der Leidenschaft » die weibliche Hauptrolle.

Universal Filmlexikon 1932 (Europa),
Frank Arnau (Hg.), Berlin: Universal Filmlexikon GmbH, 1932

Anna Sten 02
『黄色の鑑札』(1928年)より

アンナ・ステンに関しては淀川長治氏の回想を通じたハリウッド期が知られています。氏の印象は好意的とはいえず、大物プロデューサーに気に入られて大役を射止めたものの、結果を出せず消えていった女優さんの位置づけでした。

この時期に何人も現れた「第二のガルボ」の一人、確かにハリウッド視点ではそうなると思います。でも元々は大きな瞳を自在に使いこなす20年代ソ連でも珍しいタイプの女優さんでした。無声映画視点からするとソ連で発掘され、ドイツで大事に育てられ、ハリウッドで使い捨てにされたと写ります。

こちらのサインはドイツで活動していた1931年の一枚、ローザ・パストールさん旧蔵品です。

[IMDb]
Anna Sten

[出身]
ロシア(ウクライナ)

[誕生日]
12月3日

マリア・オルスカ Maria Orska (1893 – 1930)

Maria Orska Autographed Postcard
Maria Orska Autographed Postcard

元々はマックス・ラインハルト劇団での舞台経験もある正統派女優さん。現存している1922年の歴史映画『フリードリヒ大王』(Fridericus Rex)にも出演しているようです。

1926年に実の妹が自殺。2年後には恋人の男性がやはり自死を遂げています。ドイツでの人気を確立していたのですが本人も後を追うように1930年に自殺。モルヒネ中毒の噂が流れました。ユダヤ系ロシア移民でファッションアイコンの面白い立ち位置にいたため早世が惜しまれます。

Maria Orska in Kino (1919)
『キノ』(1919年)掲載のポートレイト

Maria Orska (1893 – 1930)

[IMDB]
nm1335202

[出身]
ロシア/ウクライナ

[誕生日]
3月16日

[サイズ]
8.7 × 13.6cm

[コンディション]
B