1917-22 忘れじの独り花(33)ベルント・アルドー Bernd Aldor (1881 – 1950) 独

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Bernd Aldor c1920 Autographed Postcard
Bernd Aldor c1920 Autographed Postcard

1910年代後半に頭角を現してきたドイツ男優さんで、1916~18年頃のリヒャルト・オズヴァルト監督作品常連となりレオンティーン・キューンベルクリタ・クレルモントマンヤ・ツァッツェーワと共演、『ドリアン・グレイの肖像』などで主演を務めました。その後レックス映画社ではルプ・ピック監督の作品に出演、リア・イエンデ等のパートナーとして銀幕に登場しています。

kin-001_1919_9__1247_d-bernd-aldor-0003

kin-001_1919_9__1247_d-bernd-aldor-0004
スイス『キネマ』誌1919年第16号より『世界の鏡』(ルプ・ピック監督)広告

[IMDb]
Bernd Aldor

[Movie Walker]

[出身地]
オスマン帝国(コンスタンチノープル)

[誕生日]
3月23日

[データ]
Photochemie, Berlin. K.121. phot. von A. Binder, Berlin
8.6 × 13.5cm

1917-22 忘れじの独り花(31)ヴィオレッタ・ナピエルスカ Violetta Napierska (生没年不詳)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

VIoletta Napierska 1921 Autographed Postcard
VIoletta Napierska 1921 Autographed Postcard

フェルン・アンドラに通じる硬質で神経質な雰囲気を漂わせていたのがこちらのヴィオレッタ・ナピエルスカでした。主にリヒャルト・アイヒベルク監督作品に出演し、同監督夫人でもあるリー・パリーの脇に回る形で活動を続けていました。

ある時期のアイヒベルク監督作品には、後にドラキュラ伯爵役で名を上げるベラ・ルゴシも参加しています。リー・パリー主演、ルゴシ&ナピエルスカス助演作『夜の娘』(Der Fluch der Menschheit、1921年)が短縮版で現存しています。

VIoletta Napierska in Der Fluch der Menschheit (1921)
『夜の娘』(Der Fluch der Menschheit、1921年)より

[IMDB]
Violetta Napierska

[Movie Walker]
ヴァイオレッタ・ナピエルスカ

[誕生日]
不明

[出身]
不明

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Verl. Herm. Leiser, Berlin Wilm. 7223. Phot. H.W. Mager, Berlin.
「1921年12月 ミュンヘンにて」

1917-22 忘れじの独り花(30)リィ・ノイマン Ly Neumann (生没年不詳)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Ly Neumann 1921 Autographed Postcard
Ly Neumann 1921 Autographed Postcard

1910年代前半にハリー・ピール作品の常連として人気のあったルートヴィヒ・トラウトマンが10年代後半に自身のトラウトマン映画社を立ち上げた際、同社の花形として抜擢された女優さん。

それ以前に一作、ローザ・ポルテン(ヘンニ・ポルテンの妹)が共同監督した1918年作品に名前がクレジットされています。1918~20年の数作しか出演が確認されていませんが、クレジットされていないだけで他にも出ていると思われます。

[IMDb]
Ly Neumann

[Movie Walker]

[出身地]
不明

[誕生日]
不詳

[データ]
Verlag Berliner Känstlerbilder, N6645. Photo Kuzelowsky, Berlin W., Kurfürstendamm 216
8.2 × 13.3cm

1917-22 忘れじの独り花(29)ハンナ・リルケ Hanna Lierke (生没年不詳)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Hanna Lierke Autographed Postcard
Hanna Lierke Autographed Postcard

戦前ポーランド映画に功のあったダニー・カーデン(1884-1942)が最初に自身の映画社を立ち上げた際、その監督作で1918年頃デビューしたと思われる女優さん。

その後リヒャルト・オズヴァルトの映画社を経て、1920年からミュンヘンに拠点をおくバヴァリア映画社で大きな役を振られるようになっていきます。同社作品ではマンフレッド・ノア監督『賢者ナータン』(1922年)が良く知られていますが、ノア監督がその直前に撮った2部作『恐しき新婚旅行(Der heilige Hass)』でヒロイン役を演じていたのがハンナ・リルケさんでした。

Hanna Lierke in Der heilige Hass
『恐しき新婚旅行(Der heilige Hass)』でのハンナ・リルケ嬢

その後も小さなプロダクションに幾つか出演記録があるものの派手なスポットライトを浴びることはなく20年代中旬にフェイドアウトしていきました。

[IMDb]
Hanna Lierke

[Movie Walker]
ハンナ・リルケ

[出身地]
不明

[誕生日]
不詳

[データ]
Photochemie, Berlin. K.2494. phot. Atelier Walten, Berlin
8.7 × 13.6cm

リア・イエンデ Ria Jende (1898 – 没年不詳)

Ria Jende Autographed Postcard
Ria Jende Autographed Postcard

リア・イエンデ嬢は映画の空に輝き始めた新星のひとつである。若く魅力的なこのアーティストは元は踊り子で、英国や佛国、独逸を巡業し至るところで大きな成功を収めた。とりわけポワントでの踊りは達人並で、嬢の案出せる舞踏場面は得も言われぬ魅力がある。舞台の彼女から流れるような何かを感じ取らずにはいられないのである。

最近さらに多くの映画に出演するようになっていて、ハンス・アルベルスと共演した六部作の冒険譚『君主論』やブルーノ・ケストナーとの共演になるドラマや喜劇、『晩御飯だけよ』『ロス・クエロスの雑貨店』で姿を見ることができる。

Ria Jende gehört zu den neuen Sternen am Filmhimmel. Die junge liebreizende Künstlerin war unsprünglich Tänzerin, sie bereiste Engand, Frankreich, Deutschland und hatte überall größe Erfolge zu verzeichnen. Sie beherrschte besonders die Kunst des Fußspitzentanzes, und die Tanzschöpfungen, die sie bot, waren von ganz eigenartigem Reiz; man fühlte, von dieser schönen Frau auf der Bühne ging ein gewisses Fluidum aus […].

In rascher reihenfolge spielt sie dann in einer Anzahl Films, so in dem sechsteligen Abenteurerfilm « Der Fürst » mit Hans Albers, in einigen Dramen und Lustspielen mit Bruno Kastner « Nur ein Diener » und die « Bodega von Los Guerros »[…].

第一次大戦終戦後に人気のあった女優さん。当初は老舗メスター社(UFAの基になった映画社のひとつ)のヴィゴ・ラーセン監督作品やシュテルン社のE・A・デュポン初期作に多く出演していました。このうちミステリー作品『アメリカ波止場の秘密』(Das Geheimnis des Amerika-Docks、1919年)が現存しています。

Ria Jende in « Das Geheimnis der Amerika-Docks » (eyefilm.nl)
Ria Jende in « Der Galante König »
(Zappelnde Leinwand, No. 11, 1921)

自身の名を冠したリア・イエンデ映画社を設立する一方、引用記事にあったハンス・アルベルス共演などで勢いをつけますが1922年には映画界を引退。1927年の文芸誌で「リア・イエンデは結婚して女優キャリアに終止符を打った」と言及されているのを最後に以後の消息が分からなくなっています。

1919年に出版された『活動写真(キノ)』(マックス・プレルス著)ではステラ・ハルフと並んで大きな扱いを受けていて、この時期のドイツB級映画の女王と呼べそうな面白い立ち位置を占めていたのが分かります。

[IMDb]
Ria Jende

[Movie Walker]
リア・イエンデ

[出身地]
ベルギー(ブリュッセル)

[誕生日]
10月29日

[データ]
[Verlag Ross, Berlin SW 68, 365/1. phot. Binder].
8.5 × 13.3cm

ハンナ・ラルフ Hanna Ralph (1888 – 1978) 独

Hanna Ralph Autographed Postcard
Hanna Ralph Autographed Postcard

1910年代前半に舞台デビュー後、10年代後半にスクリーンに初登場。すぐに実力を認められ大手のPAGU社でゲオルグ・ヤコビ監督作品で重用されるようになりました(この時期に共演の重なったエミール・ヤニングスと後に結婚)。

デビューがやや遅かったこともあって娘役の出演機会はほとんどなかったものの、悩める母親役など難しい役柄で重宝され1920年の『阿片(オピウム)』『アルゴール』で対応力を見せつけます。

Hanna Ralph in Helena (1924)
『阿修羅王国(ヘレナ)』でのハンナ・ラルフ

意志の強さと母性を同時に表現できるハンナ・ラルフの個性は歴史ドラマの女王役と相性の良いものでした。1922年の『女王のお気に入り』でエリザベス女王を演じた後、『阿修羅王国(ヘレナ)』でのアンドロマック役を挟み、『ニーベルンゲン』第一部でのブリュンヒルトへと続いていきます。

[IMDb]
Hanna Ralph

[Movie Walker]
ハンナ・ラルフ

[出身地]
ドイツ(バート・キッシンゲン)

[誕生日]
9月25日

[サイズ]
8.8 × 13.6cm

[データ]
Ross Verlag, 2054/2, phot. Ernst Schneider, Berlin

グリット・ヘゲーザ Grit Hegesa (1891 – 1972) 独

Grit Hegesa Autographed Postcard
Grit Hegesa Autographed Postcard

1920年代ドイツで個性派モデル、踊り子として有名だった女性。エキセントリックな未来派の服をまとった写真も多く残されていて、同時期の映画女優と異質な雰囲気を漂わせています。

20年前後にE・A・デュポン初期作(『白孔雀』『ホワイトチャペル』)で主演を務めるなど映画界との接点も持ち続けていました。1929年の『令嬢エルゼ』にも出演、スキーの名所を訪れたヒロイン(エリザベート・ベルクナー)と一緒にソリに乗っていた謎めいた貴婦人がヘゲーザさんです。

Grit Hegesa in Fraulein Else
『令嬢エルゼ』より。中央奥に主演のベルクナー。
手前にグリット・ヘゲーザ(左)とジャック・トレヴァー(右)

[IMDb]
Grit Hegesa

[Movie Walker]
グリット・ヘゲーザ

[出身地]
ドイツ (ニーダーラーンシュタイン)

[誕生日]
12月23日

[サイズ]
8.7 × 13.3cm

[データ]
Verlag Ross, Berlin SW 68, 452/1. phot. Binder.