リア・イエンデ Ria Jende (1898 – 1927)

Ria Jende Autographed Postcard
Ria Jende Autographed Postcard

リア・イエンデ嬢は映画の空に輝き始めた新星のひとつである。若く魅力的なこのアーティストは元は踊り子で、英国や佛国、独逸を巡業し至るところで大きな成功を収めた。とりわけポワントでの踊りは達人並で、嬢の案出せる舞踏場面は得も言われぬ魅力がある。舞台の彼女から流れるような何かを感じ取らずにはいられないのである。

最近さらに多くの映画に出演するようになっていて、ハンス・アルベルスと共演した六部作の冒険譚『君主論』やブルーノ・ケストナーとの共演になるドラマや喜劇、『晩御飯だけよ』『ロス・クエロスの雑貨店』で姿を見ることができる。

Ria Jende gehört zu den neuen Sternen am Filmhimmel. Die junge liebreizende Künstlerin war unsprünglich Tänzerin, sie bereiste Engand, Frankreich, Deutschland und hatte überall größe Erfolge zu verzeichnen. Sie beherrschte besonders die Kunst des Fußspitzentanzes, und die Tanzschöpfungen, die sie bot, waren von ganz eigenartigem Reiz; man fühlte, von dieser schönen Frau auf der Bühne ging ein gewisses Fluidum aus […].

In rascher reihenfolge spielt sie dann in einer Anzahl Films, so in dem sechsteligen Abenteurerfilm « Der Fürst » mit Hans Albers, in einigen Dramen und Lustspielen mit Bruno Kastner « Nur ein Diener » und die « Bodega von Los Guerros »[…].

第一次大戦終戦後に人気のあった女優さん。当初は老舗メスター社(UFAの基になった映画社のひとつ)のヴィゴ・ラーセン監督作品やシュテルン社のE・A・デュポン初期作に多く出演していました。このうちミステリー作品『アメリカ波止場の秘密』(Das Geheimnis des Amerika-Docks、1919年)が現存しています。

Ria Jende in « Das Geheimnis der Amerika-Docks » (eyefilm.nl)
Ria Jende in « Der Galante König »
(Zappelnde Leinwand, No. 11, 1921)

自身の名を冠したリア・イエンデ映画社を設立する一方、引用記事にあったハンス・アルベルス共演などで勢いをつけますが1922年には映画界を引退。1927年の文芸誌で「リア・イエンデは結婚して女優キャリアに終止符を打った」と言及されているのを最後に以後の消息が分からなくなっています。

1919年に出版された『活動写真(キノ)』(マックス・プレルス著)ではステラ・ハルフと並んで大きな扱いを受けていて、この時期のドイツB級映画の女王と呼べそうな面白い立ち位置を占めていたのが分かります。

[IMDb]
Ria Jende

[Movie Walker]
リア・イエンデ

[出身地]
ベルギー(ブリュッセル)

[誕生日]
10月29日

[データ]
[Verlag Ross, Berlin SW 68, 365/1. phot. Binder].
8.5 × 13.3cm

ハンナ・ラルフ Hanna Ralph (1888 – 1978) 独

Hanna Ralph Autographed Postcard
Hanna Ralph Autographed Postcard

1910年代前半に舞台デビュー後、10年代後半にスクリーンに初登場。すぐに実力を認められ大手のPAGU社でゲオルグ・ヤコビ監督作品で重用されるようになりました(この時期に共演の重なったエミール・ヤニングスと後に結婚)。

デビューがやや遅かったこともあって娘役の出演機会はほとんどなかったものの、悩める母親役など難しい役柄で重宝され1920年の『阿片(オピウム)』『アルゴール』で対応力を見せつけます。

Hanna Ralph in Helena (1924)
『阿修羅王国(ヘレナ)』でのハンナ・ラルフ

意志の強さと母性を同時に表現できるハンナ・ラルフの個性は歴史ドラマの女王役と相性の良いものでした。1922年の『女王のお気に入り』でエリザベス女王を演じた後、『阿修羅王国(ヘレナ)』でのアンドロマック役を挟み、『ニーベルンゲン』第一部でのブリュンヒルトへと続いていきます。

[IMDb]
Hanna Ralph

[Movie Walker]
ハンナ・ラルフ

[出身地]
ドイツ(バート・キッシンゲン)

[誕生日]
9月25日

[サイズ]
8.8 × 13.6cm

[データ]
Ross Verlag, 2054/2, phot. Ernst Schneider, Berlin

グリット・ヘゲーザ Grit Hegesa (1891 – 1972) 独

Grit Hegesa Autographed Postcard
Grit Hegesa Autographed Postcard

1920年代ドイツで個性派モデル、踊り子として有名だった女性。エキセントリックな未来派の服をまとった写真も多く残されていて、同時期の映画女優と異質な雰囲気を漂わせています。

20年前後にE・A・デュポン初期作(『白孔雀』『ホワイトチャペル』)で主演を務めるなど映画界との接点も持ち続けていました。1929年の『令嬢エルゼ』にも出演、スキーの名所を訪れたヒロイン(エリザベート・ベルクナー)と一緒にソリに乗っていた謎めいた貴婦人がヘゲーザさんです。

Grit Hegesa in Fraulein Else
『令嬢エルゼ』より。中央奥に主演のベルクナー。
手前にグリット・ヘゲーザ(左)とジャック・トレヴァー(右)

[IMDb]
Grit Hegesa

[Movie Walker]
グリット・ヘゲーザ

[出身地]
ドイツ (ニーダーラーンシュタイン)

[誕生日]
12月23日

[サイズ]
8.7 × 13.3cm

[データ]
Verlag Ross, Berlin SW 68, 452/1. phot. Binder.

1917-22 忘れじの独り花(28)ミア・パンコー Mia Pankau (1891 – 1974) 独


「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Mia Pankau Autographed Postcard
Mia Pankau Autographed Postcard
オランダ出身の映画監督ヤープ・シュパイアー(Jaap Speyer)氏を夫に持ち、1910年代に同氏作品に多く主演していた女優さん。

世に聞こえたオランダ出身監督ヤープ・シユパイアー氏の夫人でもあるミア・パウコー嬢は西プルシアの小さな町フリートラントにて生を受けた。同嬢の才能を最初に見出したのはオイゲン・イッレーシュ氏で、同氏は孃と契約を交わし『最新報告』(1917年)の女主人公役を委ねた。次いで嬢はグルウンバウム社、アルトフ社と契約、ミア・パンコー映画シリーズで名を上げる。最初のヒット作となったのはアルトフ社で撮られた『リリィとその良人』であつた。

世界映画辞典・1932年度版(フランク・アルノー編)
Universal Filmlexikon 1932 (Europa),
Frank Arnau (Hg.), Berlin: Universal Filmlexikon GmbH, 1932

1924年、独歴史映画の秀作『ヘルマンの戦い』ではヒロインの一人グントヒルトを好演。

Mia Pankau in Die Hermannschlacht (1924)
1924年公開『ヘルマンの戦い』(Die Hermannschlacht)より

また1928年の『妖花アラウネ』にも出演。同作は科学者(パウル・ヴェゲナー)が死刑囚の精子と売春婦の卵子を使って人工生命(ブリギッテ・ヘルム)を作り出す設定でした。冒頭で科学者に騙され、卵子目的で命を奪われる哀れな娼婦を演じていたのがミアさんでした。

Mia Pankau in Arlaune (1928)
1927年公開『妖花アラウネ』(Arlaune)より

1930年代となり、良人が監督した『南米向け踊り子募集』(Tänzerinnen für Süd-Amerika gesucht、1931年)でトーキーデビューを飾るも同作が引退作となりました。20~30年代だけ見ていると正直パッとしませんが女優業の本体は1910年代にあり、その実態は多くの失われたフィルムの先に見えなくなってしまっています。

[IMDb]
Mia Pankau

[Movie Walker]
ミア・パンコー

[出身地]
東プロイセン(フリートラント)

[誕生日]
2月14日

[サイズ]
8.7 × 13.4cm

[データ]
Verl. Herm. Leiser, Berlin-Wilm. 4356. Photogr. Max Lutze.

1917-22 忘れじの独り花(27)リタ・クレルモント Rita Clermont (1894 – 1969) 独


「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Rita Clermont 1910s Autographed Postcard
Rita Clermont Autographed Postcard

1910年代初頭から地方の劇場で女優として訓練を積み、第一次大戦中に上京、映画女優としてのキャリアを踏み出しました。娘役として人気があり、当初の軽喜劇路線から次第にジャンルを広げ始めミステリー物やメロドラマ、ホラー作品にも進出していきました。デビュー当初はオスカー・メスター社と契約、その後ノイトラール社を拠点としていきますが、デクラ社やリヒャルト・オスヴァルト社など多くの映画社に出演記録があります。

Ririta Clermont 1917 Neutral Film Ad
1917年スイスの映画誌『キネマ』掲載のノイトラール社広告。
アスタ・ニールセンやレオンティーヌ・キューンベルグと並ぶ
稼ぎ頭だった様子が伝わってきます。
1921年頃を境に人気は下り坂となり、以後は脇役に回って1924年映画界を離れました。現在思い出される機会の少ない女優さんながらもヘッダ・ヴェルノンと並びドイツ映画が花開き始めた時期を支えた先駆者の一人でもあります。

[IMDb]
Rita Clermont

[Movie Walker]

[出身地]
ドイツ(レーゲンスブルク)

[誕生日]
3月4日

[データ]
Photochemie, Berlin. K.161. Bildnis von A. Binder, Berlin

[データ]
8.5 × 13.5cm

1917-22 忘れじの独り花(26)マリア・ヴィダル Maria Widal (生没年不詳) デンマーク


「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Maria Widal Autographed Postcard
Maria Widal Autographed Postcard
1910年のアスタ・ニールセン銀幕デビューはデンマーク国内のみならず全世界的な話題を呼び、同嬢は1912年に拠点をドイツへと移し個性的な活動を展開していくこととなりました。この展開を支えたのが夫でもあったウアバン・ガーズ監督です。

同監督は1916年までニールセン短編シリーズを手掛けておりましたが、夫婦仲の悪化に伴い共同作業を解消、1917年からサチュルヌ映画社で再出発を図ります。新シリーズのヒロインとして抜擢されたのがマリア・ヴィダルという無名の新人女優でした。

Maria Widal in Die Gespensterstunde (1917)
『丑三つ時』 (Die Gespensterstunde、1917年)
現存する『丑三つ時』 Die Gespensterstundeではニルス・クリサンダーと共演。しかしニールセン程の成功を収めることは出来ず、1918年頃までサチュルヌ社に作品を残し大戦終了後に姿を消していきました。
Luzzy Werne01
1914年デンマーク『フィルメン』誌より
現代のメッサリナ』広告での「Luzzy Werne」
Maria Widal in Ned med våbnene (1915)
『武器を捨てよ!』(1915年公開、
ノルディスク社、ホルガー=マドセン監督作品)
主人公の友人である男爵夫人役として登場
(左から二番目のティアラ姿の女性)
1917年より前に「マリア・ヴィダル」が活動していた記録はありません。ドイツ的な要素を強調していたにも関わらず、その正体はデンマーク初期映画でLuzzy Werren(或いはWerne)として活躍していた女優さんでした。ガーズ監督がニールセンとの関係解消後、同郷の知己だった中堅女優を「ロンダリング」してドイツで再デビューさせたのが実際だったようです。

[IMDb]
Maria Widal

[Movie Walker]

[出身地]
不詳(推定デンマーク)

[誕生日]
未詳

[サイズ]
8.6 × 13.5cm

[データ]
Film-Sterne 112/3 phot. Nicola Perscheld Berlin W. 9

リダ・サルモノヴァ Lyda Salmonova (1889 – 1968) チェコ

「オランダ~東欧~バルト三国 [Netherlands, Eastern Europe & Baltic States]」より

Lyda Salmonova 1923 Autographed Postcard
Lyda Salmonova 1923 Autographed Postcard

遺失してしまった映画でも写真が残っているものがあって、そのうちの一枚では芝生に花の散りばめられた丘で、銀色の日差しを浴びながら少女が踊っている。同じ色調の異なった模様でパターン化されたドレスは、ハーメルンの魔法の笛にあわせて踊る時に牧草地の色味と調和を見せている。この服装に身を包まれたリダ・サルモノヴァは、ベルリン・ドイツ劇場に登場してきたオフェリアたち、ジュリエットたちにも似ている。

『呪われた銀幕』ロッテ・アイスナー

Lyda Salmonova in Der Rattenfänger von Hameln (1918)
『ハーメルンの笛吹き男』(Der Rattenfänger von Hameln, 1919)でのヴェゲナー/サルモノヴァ

Among the surviving images from these lost films there is one of a girl dancing in the silvery sunlight on a grassy flower-spangled hill. Her dress, patterned in different shades of the same tone, harmonizes with the tints in the meadow, as she dances to the magic pipe of Hameln. The young Lyda Salmonova under the spell of the music bears a resemblance in this costume to the Ophelias and Juliets of the Deutsches Theater.


The Haunted Screen, Lotte Eisner (1952)

マックス・ラインハルト門下生として舞台劇の修業を積み、初期ドイツ映画の重要作(『プラーグの大学生』『巨人ゴーレム』)のヒロインとして映画史に名を残したチェコ出身女優。アイスナーが言及していた『ハーメルン』を含め、実生活での夫でもあったパウル・ヴェゲナーとの共作を多く残しました。

Lyda Salmonova in Der Golem, wie er in die Welt kam  (1920)
『巨人ゴーレム』(Der Golem, wie er in die Welt kam, 1920)でのサルモノヴァ

[IMDb]
Lyda Salmonova

[Movie Walker]
リダ・サルモノヴァ

[出身地]
チェコ(プラハ)

[誕生日]
7月14日

[データ]
Lyda Salmonova als Frau Marte in « Hans Trutz im Schlaraffenland ». [Verl. Herm. Leiser, Berlin-Wilm. 9436] 13.3 × 8.4cm