ホッライ・カミッラ(カミーラ・フォン・ホレイ) Hollay Kamilla / Camilla von Hollay (1899 -1967) ハンガリー

「ハンガリー [Hungary]」より

Hollay Camilla 1910s Autographed Postcard
Hollay Camilla 1910s Autographed Postcard
1920年代にドイツで活躍し、カール・グルーネ監督作品(1927年『世の果』や1928年『ワーテルロー』)で日本にも紹介されていたハンガリー女優。

さかのぼっていくと第一次大戦中にハンガリーのスター映画社の花形となり若きベラ・ルゴシを相手役にメロドラマ要素の強い作品に多く出演していました。スター映画社の作品はほとんど残っていないのですが、近年の調査から少なくとも3本の現存が確認されハンガリー国立映画アーカイヴに返還。その一本『アフロディーテ』(1918年)にホッライ・カミッラ名義時代の演技を見ることができます。

Hollay Camilla in Afrodite (1918)
『アフロディーテ』(Afrodite、1918年)より
Hollay Camilla in Am Rande der Welt (1927)
『世の果』(Am Rande der Welt 、1927年)より

日本でも公開されていた表現主義調の戦争ドラマ『世の果』では準ヒロインの妊婦役を演じていました。

[IMDb]
Camilla von Hollay

[Movie Walker]
カミーラ・フォン・ホレイ

[出身地]
ハンガリー(ブダペスト)

[誕生日]
7月11日

[データ]
Színházi Élet Kiadása. Angelo Fotodrama110.

[サイズ]
8.7 × 13.7 cm

1910s – 古絵葉書から見る初期ハンガリー映画の世界

手持ちの絵葉書の整理を兼ね、1910年代にハンガリーで活躍されていた俳優の情報をまとめてみました。ウヘル・エデン監督が立ち上げたウヘル映画社、サドゥールの言及していたフェニックス映画社作品、マールトン・ガラシュを中心としたハンガリー映画社に出演していた役者が多く、同時期のドイツやオーストリアと異なったマジャール寄りの洗練を窺い知ることができます。

1)レンケッフィ・イツァ Lenkeffy Ica(1896–1955) IMDb
Lenkeffy-Ica
1910年代初頭、ハンガリー映画で最初のトップスターとなった女優さん。軽喜劇で人気を得て、その後時代劇や人情物まで活動領域を広げていきます。1922年にドイツで製作された『オセロ』(ディミトリー・ブコエツキー監督)でヒロインのデスデモナ役を演じるなど、キャリア後期には国内を越える評価を得ていました。

[データ] 1062. Bildnis von Angelo, Budapest 1918.


2)セントジョールジ・マールタ Szentgyörgyi Márta (1888 – 1918) IMDb
Szentgyörgyi-Márta
1910年代後半にアシュトラ映画社やウヘル映画社でヒロインを任され人気を得ていた女優さん。1918年に若くして亡くなっています。出演作の現存は確認できていないものの、葬儀の様子がニュース映画として記録されています。

[データ] Labori Miklós, Budapest Erzsébet tér 18.


3)シモニ・マーリア Simonyi Mária (1888 – 1959) IMDb
Simonyi-Mária
1910年代に主に舞台で活動されていた女優さん。作家モーリツ・ジグモンド(Móricz Zsigmond)の妻。20年代に一旦女優業を引退しますが、その後カムバック。30年代になって数作トーキー作品に出演しています。

[データ] 1303. Bildnis von Angelo, Budapest 1918.


4)メーサーロシュ・ギザ Mészáros Giza (1879 – 1954) IMDb
Mészáros-Giza
1900年代後半からハンガリー劇場やダウンタウン劇場に登場、着実にキャリアを積み上げていき、10年代には単発的に映画出演を果たし(フェーニックス映画社やウヘル映画社)ファッション雑誌でもその姿を見かけるようになります。20年代になってオーストリアのルネッサンス劇場と契約しその専属女優として長く活躍しました。1954年、パリ滞在時に精神不安定となっていた息子さんに射殺され亡くなっています。

[データ] 1064. Bildnis von Angelo, Budapest 1918.


5)デメテル・イロナ Dömötör Ilona (? – ?) IMDb
Dömötör-Ilona
詳細不詳。1900年代からオペレッタ、軽喜劇で活動していたと思われます。1920年代に一作映画に出演していた記録が残っています。

[データ] 984. Bildnis von Angelo, Budapest 1918.


6)ネーメト・ユリスカ Németh Juliska (1892 – ?) IMDb
Németh Juliska
1910年代にフェーニックス社のケルテース・ミハーイ(後のマイケル・カーティス)監督作品『ユダ』でクレア・ロットーと共演していた記録が残っています。

[データ] 1067. Bildnis von Angelo, Budapest 1918.


7)ヴェレー・マールタ Verő Márta (1898 – 1983)
Verő-Márta
詳細不詳。

[データ] –


8)エルデーイ・ゲーザ Erdélyi Géza (1888 – ?) IMDb
Erdélyi-Géza
現在はルーマニア領となったトランシルヴァニアの町アルバ・ユリア出身の男優。コルダ・サーンドル(後のアレクサンダー・コルダ)初期作『Mágnás Miska』(1916年)やケルテース・ミハーイ(後のマイケル・カーティス)監督によるハンガリー版『妖花アラウネ』(1919年)などに出演していました。

[データ] Kiss Pál 1918


9)サルヴァシュ・サーンドル Szarvas Sándor (? – ?)

Szarvas Sándor
詳細不詳。

[データ] Lux.


10)フェニヴェシ・エミル Fenyvesi Emil (1859–1924) IMDb

Fenyvesi-Emil

1910年代前半にサーンドル・ゴート監督作品、次いで10年代後半にハンガリー映画社マールトン・ガラシュ監督作品に多く出演していた男優さん。名女優ヴァルシャーニ・イレーンを相手役とした『アンナ・カレーニナ』が現存しています。

[データ] 985. Bildnis von Angelo, Budapest 1918


ラーバシュ・ユーツィ Lábass Juci / Lucie Labass (1896 – 1932) ハンガリー

「ハンガリー [Hungary]」より

Lábass Juci / Lucie Labass 1926 Inscribed Postcard
Lábass Juci / Lucie Labass 1926 Inscribed Postcard

ハンガリー出身の女優さんで近々、スペインの煙草売り娘から胡散臭いキャバレーの踊り子へ身を堕としていくアルゼンチニータの役でお目にかかるはずである。映画のタイトルは『麗しのマヌエラ』でクララ・ラツカの小説を基にしている。舞台は南米。

エクラン・イリュストレ誌 1924年9月11日付 第2号

Labass Jucie in La Belle Manuela
Labass Jucie in La Belle Manuela
(L’Ecran illustré 1924 issue 2)

Une artiste hongroise que l’on verra dans le rôle d’Argentinita, cigarière espagnole, devenue danseuse de cabaret borgne. Le film porte le title de La Belle Manuela, d’après le roman de Clara Ratzka. L’action se déroule en Amérique du Sud. (Cliché National Film, Berne.)

L’écran illustré 1924 Issue 2

1910年代後半~20年代前半にハンガリーで活躍していた女優さん。若くして亡くなったこともあり現在では自国でも知られていないのではないかと思います。主戦場は劇場でしたが1915年頃から映画に出演し始め『大地の囚われ人』(A föld rabjai、1917年)、『麗しのマヌエラ』(Die grüne Manuela、1923年)で主演を務めています。

手元の一枚は筆跡にスレが目立つものの1926年のメッセージ&サインが含まれています。

[IMDB]
Lucie Labass

[Movie Walker]

[誕生日]
7月22日

[メーカー]
Élet kiadásairen

[出身]
ハンガリー

[サイズ]
9.0 × 14.0 cm

1917-22 忘れじの独り花(16)エディット・メラー Edith Meller (1897 – 1953)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Edith Meller c1920 Autographed Postcard
Edith Meller c1920 Autographed Postcard
第一次大戦中の1916年にデビューし1922年頃まで旺盛な活動を見せていたハンガリー出身の女優。

初期はナチオナール映画社やPAGU社作品に多く出演。このうち助演した1917年の « Der feldgraue Groschen »が現存しており、オンラインで動画が公開されています。

« Der feldgraue Groschen »でのエディット・メラー(右端)

1920年にPAGU社で製作された恋愛アドベンチャー『熱国の呪』(Indische Rache)は日本でも公開されています。

Edith Meller in Die wilde Ursula (1918)
キノベジッツァー誌 1918年5月13日付
初期主演作 « Die wilde Ursula » の紹介記事

[IMDB]
nm0577914

[Movie Walker]
エディット・メラー

[誕生日]
9月16日

[出身]
ハンガリー(ブダペスト)

[サイズ]
8.6 × 13.6cm

[データ]
Film-Sterne 133/4. J.Brass

エルンスト・マトレイ Ernst Matráy (1891 – 1978) ハンガリー

「国別サインリスト ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」より

ernst-matray_1920-autographed-postcard-01
Ernst Matray 1920 Autographed Postcard

ハンガリー出身の舞踏家、俳優、監督兼振付師。

1910年代初頭にマックス・ラインハルトに才能を見いだされ舞台デビュー。ラインハルト劇団で話題を呼んだ『奇跡』(マリア・カルミ主演、1911年)に出演し、ダンスパートの振付も担当しました。

Ernst Matray in Hilde Warren und der Tod (1917)
1917年作品『ヒルデ・ワーレンと死神』(ヨーエ・マイ作品、脚本フリッツ・ラング)

映画では牧神、道化師、悪魔など異形の役どころが多く回ってきていたようです。フリッツ・ラングが脚本を書いた『ヒルデ・ワーレンと死神』では放蕩の生活を続け、最後母親に銃で撃ち殺されるろくでなしの息子を演じていました。

俳優時代のルビッチとも共演歴があり、短期間ながらも共同で映画会社を設立、両者の名前からMalu映画社と名付け経営を行っています。同時期に監督業にも進出し1916年に『オペラ座の怪人』を残しました。フィルム自体は現存していないものの、この小説の最初の映像化で初期ホラー愛好家が見たがっている作品の一つです。

トーキーの時代となり、1930年代にハリウッドに渡ってから新たなキャリアが開けてきます。当時の妻だった女優マリア・ソルヴェクと振付師のチームを組み、MGMなど大手作品のダンス場面を担当したのです。

Waterloo Bridge (1940)
『哀愁』(1940年)のバレエ場面

日本でもよく知られた『哀愁』(1940年)や『心の旅路』(1942年)の舞踏場面はマトレイ夫婦が振付したものでした。メロドラマ作品に一瞬現れるダンスやバレエを意識する機会はあまりないため、こんな形で無声映画の血流が続いていくのかと驚かされました。

絵葉書の写真は『吸血鬼ノスフェラトゥ』と重なります。サインの年号(1920年)を見ると同作公開より前になっています。

[IMDB]
nm0559305

[Movie Walker]
Ernst Matray

[誕生日]
5月27日

[出身]
ハンガリー(ブダペスト)

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Photochemie, Berlin. K.2289. Phot. Nicola Perscheid, ,Berlin

クレール・ロットー Claire Lotto (1893 – 1952) 独

「国別サインリスト ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」より

Claire Lotto Autographed Postcard
Claire Lotto Autographed Postcard

名優カール・デ・フォグト(Carl de Vogt)の奥さんでもあった女優で、1920年代前半~中盤のサインと思われます。

20年代前半のドイツで人気を得て幾つかの作品は日本でも公開されていました。芸歴は意外と長く1910年代中頃からすでに活躍。下積み時代にハンガリー映画に多く出演しており、マイケル・カーティス(ケルテース・ミハーイ)の初期短編の常連でもありました。

Claire Lotto in Az utolsó hajnal
Claire Lotto in Az utolsó hajnal (1917, Kertész Mihály)

1917年作品『最後の暁』マイケル・カーティス作品

カーティス初期作は現存しているものが多く、何かの機会に観ることがあればクレールさんがひょいと登場している可能性もありえます。

[異表記]
Cläre Lotto, Kläry Lotto

[IMDB]
nm0521556

[Movie Walker]
クレール・ロットー (Claire Lotto)

[誕生日]
9月23日

[出身]
ドイツ(ポメラニア)

[サイズ]
9.1 × 14.0cm

[データ]
Verlag Herm. Leiser, Berlin Wilm. 3833 Westi

ヴィルマ・バンキー Vilma Bánky (1901 – 1991)

「ハンガリー [Hungary]」より

Vilma Banky Autographed Postcard
Vilma Banky Autographed Postcard

二年前ヴィルマ・バンキーの名は映画フアンの間でも全く知られていなかった。オーストリアで数本の作品を撮っただけで、同国の監督数人だけがその才を高く評価していたのであつた。マックス・ランデ氏が仏監督ヴィオレ氏の元『曲芸王』を撮った時、地元の女優で見映えの良い者を探していてバンキー嬢の美しさと雅さの虜となつた。同嬢がヒロイン役に選ばれたのである。その後程なくして、バンキー嬢は『ポチョムキン』でジャン・アンジェロ氏と共演、同作は最近AGC社によって編纂された一作である。

ハンガリー出身の嬢の才は米映画会社の長の目に留まり、米国に招待されることと相成つた。かくしてバンキー嬢は航路ニューヨークへと向かったのである。ファーストナショナル社でロナルド・コールマン氏を相手に『ダーク・エンゼル』を取り上げた。モーリス・トゥールヌールの手になる一作である。

(「出づる星:ヴィルマ・バンキー」モンシネ誌1926年3月4日付211号)

Il y a deux ans, Vilma Banky n’était guère connue des cinéphiles; elle avait tourné quelques films en Autriche et seuls les metteurs en scène de ce pays avaient apprécié son talent. Lorsque Max Linder réalisa avec le metteur en scène français Violet Le Roi du Cirque, il chercha une jolie partenaire parmis les artistes locales et fut charmé par la beauté et la grâce de Vilma Banky. Cette dernière fut donc sa partenaire dans son film. A peu près à la même époque, Vilma Banky devint la partenaire de Jean Angelo dans Potemkine, l’oeuvre que l’Agence Générale Cinématographique a éditée récemment en France.

Le talent de cette jeune artiste, qui est Hongroise, fut remarqué par un directeur de firme américaine qui l’invita à venir tourner aux Etats-Unis. C’est ainsi que Vilma Banky s’embarqua pour New-York. Elle tourna un film à la First National l’Ange des Ténèbres (The Dark Angel) sous la direction de Maurice Tourneur.

Les Etoiles qui se lèvent : Vilma Banky
(Mon Ciné No 211, 4 Mars 1926)

ルドルフ・ヴァンチノの遺作『熱砂の舞』(1926年)の踊子役で世界中を夢中にさせ、その後もロナルド・コールマンとの共作(『夢想の楽園』)で初期映画史に確かな足跡を残した女優さん。ハリウッド映画界で初めて大成したハンガリー女優でもあります。

[IMDb]
nm0126566

[Movie Walker]
ヴィルマ・バンキー

[出身]
ハンガリー

[誕生日]
1月9日