1920年代後半 – 9.5mm 『ペナンヒル・ケーブルカー登頂』 戦前・アジア旅行記 1/7(マレーシア編)

「9.5ミリ動画 05b 個人撮影動画」より

1397


Penang And Up The Peak (Malaysia late 1920s)
US Tourists in South and South East Asia 01

5年ほど以前に入手した7本組のフィルムからで、1920年代後半に東南~南アジアを訪れた米国人旅行者が記録した動画です。現在マレーシアの一部となっているペナン島周辺を撮影しています。

冒頭に宗教建築物の遺構が映し出され、手前に立っている旅行者の姿が見えます。次いで川下りとなり、ボートを操舵している男の後ろ姿。跳ねる水に迫力があります。

その後、ペナンヒルを登っていくケーブルカーが登場。上りと下り列車がすれ違う個所だけ複線になっています。現在は高速ケーブルカーとして人気を呼んでいますがその開通は1923年。初期の車両を捉えたものと思われます。

ケーブルカーから山麓を見下ろし、ペナンヒル周辺で働いている地元民を捉えた後に動画は船上視点に切り替わり、海岸に密集する集落、船を追走してくるボートを映し出していきます。