1930年代 – 9.5mm 『時代祭 (京都平安神宮)』(伴野商店)

Banno_Jidai-matsuri
Jidai Festival (1930s Kyoto, Japan. Banno Co.)

1930年代の時代祭を収めた1リール物のドキュメンタリー。

明治維新の維新勤王隊から始まり神幸列までを丁寧に捉えています。沿道に多くの客が並び、通りに面した家の二階にも行列を楽しんでいる姿が見えます。

自転車や乗用車、路面電車なども映りこんでいて、1930年代の街の風景として見ても興味深いと思います。「水月食堂 サクラビール」「藤井大丸呉服店」「ユニオンビール」など看板の文字も解読できました。

jidai-matsuri-09
「水月食堂 サクラビール」
jidai-matsuri-18
「藤井大丸呉服店」
jidai-matsuri-23.pg
「ユニオンビール」

以前、個人が撮影した時代祭の9.5mm動画をデジタル化しました。その際のアングルとほぼ同じと思われる映像も含まれています。

左が伴野商会版、右の個人撮影動画はやや低めのアングルから撮影されています。

1930年代 – 9.5mm『捕鯨の話』(第2リール)

『捕鯨の話』
Whaling in Japan (« Hogei no Hanashi » Reel No.2, 9.5mm, 1930s, Banno Company)

1930年代の捕鯨の様子を記録したドキュメンタリー動画。

元々フランスのパテベビー映写機は子供をメインターゲットの一つに据えており、初期アニメなどの娯楽作品の他にも理科や社会につながる作品を出していました。産業を扱った作品も多く、農作物の収穫や工場の様子、また狩猟や漁(イノシシ猟、牡蠣漁、ニシン漁、イワシ漁)を記録した動画を見ることができます。

日本の伴野商店が制作した『捕鯨の話』もその流れに連なる作品です。後半の第2リールのみ入手のため全体像は不明ですが、マッコウクジラの群れを見つけ、銛で仕留め、港に運びこんで解体するまでの流れが追われています。

[メーカー]
伴野商店

[カタログ番号]
196

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 20m*2リール(第2リールのみ)

1914 – 8mm パール・ホワイト主演 『ポーリンの危難:第2章 西の果ての女神』

「8ミリ 劇映画」より

Standard 8 Pearl White in Goddess of the Far West
(1914, US Blackhawk Print)

パール・ホワイトの出世作となった名作活劇『ポーリンの危難』の第2章。ポーリンが相続した遺産を狙う悪党たちがアメリカン・ネイティヴを買収、誘拐を試みていきます。後半部には「崖を駆け降りながら巨石に追いかけられるヒロイン」の場面を含んでいます。

パール自身の中〜後期活劇と比べると全体の流れが意識されておらず章ごとの独立が高いのが特徴でしょうか。物語の整合性があやふやであったり、ご都合主義に驚く場面もありますが、辻褄を深く考えず各章の見せ場、アクションを追及していたと言うこともできます。

ブラックホーク社からの8ミリ版はコントラストがきつめで古風な質感。DVD版と比べると解像度に限界はありますが、見直していると新しい発見が出てきます。

[タイトル]
Perils of Pauline, Chapter 2 : Goddess of the Far West

[製作年]
1914年

[IMDB]
tt0004465

[メーカー]
米ブラックホーク社

[メーカー記号]
810431407

[フォーマット]
Standard 8mm 400フィート×3 (実質1000フィート)

1913 – 8mm パール・ホワイト主演 『夜に彷徨ふ女(ロスト・イン・ザ・ナイト)』 (米ブラックホーク社)

「8ミリ 劇映画」より

Standard 8 Pearl White in Lost in The Night
(1913, US Blackhawk Print)

サイレント時代に活躍した活劇俳優(ウィリアム・ダンカン、エディー・ポロ、ヘレン・ホームズ、ルース・ローランド…)たちは最初から連続活劇スターを目指していた訳ではなく、キャリア初期の試行錯誤の末に流れついた者がほとんどでした。パール・ホワイトも同様で、1910~13年の間に様々な役柄で1~2リール物の短編劇に出演しています。

このうち米ブラックホーク社が2作を8ミリで販売していました。1913年作品の『夜に彷徨ふ女』がその一つです。

パール・ホワイトは夢遊病を患った婦人役で登場。貴金属盗難をめぐるミステリと家族ドラマのどっちつかずになってしまい、当時の基準から見ても並以下の出来映えなのですが、パール・ホワイトのキャラクター作りの変遷を見ていく上で興味深い作品です。

もう一作の『紙人形(The Paper Doll)』が面白いという話も小耳に挟みました。どちらともデジタルソフト化されていませんので機会があったら8ミリで入手したいと思っています。

[タイトル]
Lost in The Night

[製作年]
1913年

[IMDB]
tt0003083

[メーカー]
米ブラックホーク社

[メーカー記号]
810-417

[フォーマット]
Standard 8mm 400フィート

1917 – 16mm 『琥珀染色版 移民』(Aネガ 米コダスコープ版 1926年)

1917 - Immigrant [Nega A - Kodascope Print] 021917 - Immigrant [Nega A - Kodascope Print] 01

The Immigrant (US Kodascope 1920s 16mm Amber-tinted Print)

1926年に米コダスコープから発売された『移民』の初期16ミリプリント。1929年初めに発売された仏パテ社の9.5ミリ版、同年末に発売された英パテスコープ社9.5ミリ版を併せ、20年代に英米仏で発売された3つが手元に揃った形になります。

『移民』初期プリントアングル比較

コダスコープ版は「Aネガ」と呼ばれる米初公開時のネガを元にしています。1917年のオリジナルネガは現存しておらず、現在市販されているバージョンは様々な版をつぎはぎして「初公開版に近いと思われる」形に再構成したものです。まだ幾つもの紛れがあるという意味では当時の観衆が見ていたものと完全に同一ではありません。

コダスコープ版も家庭映写機用に編集がされていてやはり1917年のオリジナルとは異なっているのですが、無声映画期に実際に見られていて、なおかつ完備の状態で現存しているプリントとしては最も古い一つとなります。

このプリントには琥珀色の染色が施されており、実写すると繊細な金色の情景が幻想的に浮かび上がってきます。

1931 – 9.5mm 『ジョッフル元帥葬儀』 (Funérailles du Maréchal Joffre)

「9.5ミリ動画 05c ニュース&ドキュメンタリー」より

1931年初頭に亡くなった仏軍人ジョッフル元帥 [wiki] の国葬の模様を記録した動画。同氏は第一次大戦で指揮を執ったことで知られており、戦後も外交で活躍し1922年には家族と共に来日、「現代の偉将」としてメディアでも大きく取り上げられていました。

国葬は1931年1月7日に執り行われています。ノートルダム寺院を出発した葬列がコンコルド広場経由で移動していきます。

1931 - 9.5mm 『ジョッフル元帥葬儀』 (Funérailles de Maréchal Joffre) 02

今年のGWに国立映画アーカイヴで『明治天皇 御大葬餘影』『藤田男爵 葬式の實况』『小林富次郎葬儀』を見る機会に恵まれました。初期映画における「葬列/葬儀」の役割や意味合いを考えるようになっていて、この動画もそういった流れに含まれていくのだろうと思われます。

1931 - 9.5mm 『ジョッフル元帥葬儀』 (Funérailles du Maréchal Joffre) 03

[タイトル]
Funérailles du Maréchal Joffre

[公開]
1931年

[IMDB]

[メーカー]
仏パテ社

[カタログ番号]
3058

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 20m *1リール

1916 – 9.5mm ダグラス・フェアバンクス主演 『ドーグラスの飛行』 スペイン語字幕版

「9.5ミリ動画 05a 劇映画」より

昆虫学者の主人公(フェアバンクス)がひょんなことからビジネス界大物と縁を持つようになり、業界にはびこる犯罪一味を一掃し、麗しい令嬢(ジュエル・カーメン)と結ばれるまでを描いた短編作。

日本では『ドーグラスの飛行』として知られているフェアバンクス初期の主演作品。

タイトルクレジット、題、字幕などスペイン語仕様。振られているカタログ番号は英パテスコープ社の連番と同一。同社がライセンスを取ったプリントをスペイン語字幕に置き換えたようなのですが、フィルムの製造は仏パテ社が行っています。

[タイトル]
Aristocracia Americana

[原題]
American Aristocracy

[公開]
1916年

[IMDB]
tt0006357

[メーカー]
仏パテ社?

[カタログ番号]
10.049

[フォーマット]
9.5mm (ノッチ有) 20m *3リール