コンスタンス・タルマッジ Constance Talmadge (1898 – 1973) 米

「 合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

Constance Talmadge c1917 Autographed Photo
Constance Talmadge c1917 Autographed Photo

 コンスタンス・タルマッジ嬢は、一千九百年四月十九日、米國紐育州のブルックリン市に生れた。一説には一千八百九十九年の四月十九日生れであるとも云ふ。ノーマ・タルマッジ嬢の實妹である。初頭教育はブルックリン市で受けたが、後に紐育市に出て、エラスマス學院に學び目出度く同學院を卒業した。嬢が卒業した頃に姉のノーマ嬢はヴァイタグラフ會社の花形として盛んに世間の人気を煽り、殊に「戰争?滅亡?」の主役を勤めて嘖々たる名聲を博してゐた。その姉の境遇を見て、コンスタンス嬢は少なからず心を動かした。そして自分も如何かして映畫界に身を投じたいと考へて、姉に相談をして見ると、姉も直に賛成したので、何等の舞臺經験も持つてはゐなかつたけれども、早速、姉の周旋に依つてヴァイタグラフ會社へ入社する事になつた。それは一千九百十五年の事で、嬢が恰度十五歳の時であつた。その第一回作品として撮影されたのは「ビル叔父さん」である。

 間もなく、姉のノーマ嬢が同社を退いてインターナショナル會社に移ると、嬢も共に去つてトライアングル會社に轉じ、ファイン・アーツ撮影所に行ってダヴィッド・グリフィス氏の配下に屬する事となつた。嬢が今日の名聲を得るに至つたのは、全く、この時にギリフィス氏の下に行つたからであると云つても可い。なぜなれば嬢の技倆を認めて、その技倆を充分に發揮せしめたのは、グリフィス氏であつたからである。グリフィス氏が豫て人に語った中に、「映畫を有名ならしめるものは俳優ではなくて監督者である。監督者は俳優を有名ならしめる事が出来る。」といふ言葉があるが、コンスタンス嬢は蓋しこの言葉を證明した人であるといつて可い。話は「イントレランス」の製作當時の事であるが、この映畫を製作するに當つて、氏は誰彼の差別なく藝の達者と役柄の相應するのとを標準にして俳優を選んだ。その時、嬢は數多の中から選ばれてバビロン時代の山の娘を勤める事になつたのである。この映畫が先頃帝國劇場に上場された時、嬢の藝風は一部の人々の問題となつた。三友館に上場された「疑問の釦」は姉のノーマ嬢がトライアングル會社に移つて來てから共演したものである。

 その後、セルツニック會社に轉じて十數本の映畫を製作したが、最近、またセレクト會社に移つたといふ。

『活動名優寫眞帖』(花形臨時増刊、大正8年、玄文社)

『活動名優寫眞帖』の後半にあるようにコンスタンス・タルマッジは1917年にファイン・アーツ社を離れ、セルズニック社に所属を移しています。

丁度この時期に姉のノーマはアメリカでも五本指に入る程の人気女優になっていたこともあり、セルズニックは好機到来と妹の売り出しにかかるのです。この1917年に撮影されたのがややうつむきがちな横顔のポートレート写真でした。

1917年12月6日付 『スキャンダル』宣伝記事
1917年12月6日付
『スキャンダル』宣伝記事

写真は万年筆のサイン入り。裏面に「セルズニック映畫社の新進花形 コンスタンス・タルマッジ」のスタンプが押されています。

”Constance Talmadge New Star om Selznick Pictures
”Constance Talmadge New Star in Selznick Pictures » stamped on the back
Constance Talmadge in Her Sister from Paris (1925)
ロナルド・コールマンと共演した喜劇『亭主教育』(1925年)より

[IMDB]
nm0848226

[Movie Walker]
コンスタンス・タルマッジ

[誕生日]
4月19日

[出身]
合衆国(ニューヨーク)

[サイズ]
19.5 × 24.3cm

[撮影]
Bangs-Selznick Photo

ルイーズ・グラウム Louise Glaum (1888 – 1970) 米

「 合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

Louise Glaum Autographed Photo
Louise Glaum Autographed Photo

一千九百十五年は米國の映畫界が一時に隆盛に赴いた年であるが、嬢が映畫劇女優として初めてパセ會社に這入つたのも實に此年の事であつた。同社に暫らく止まつて居て、やがてトライアングル會社に移つたが、其處では専らトーマス・インス氏の厳格な監督の下に映畫を制作した。一昨年富士館に上場された「佛国士官」も、今年電氣館に上場された「蠻地の奇傑」も皆この社の作である。

同社を退いてからはパラルタ會社に現はれる事となつた。その第一回の作品は「外敵」と云つて、ワレーズ・ヲースレー氏の監督に依つたもの先ごとキネマ倶樂部に上場された。第二回目は「桎梏」第三回目は「華燭の典」第四回目は「女のいましめ」

嬢は、フォックス會社におけるセダ・バラ嬢やヴァージニア・パーソン嬢のやうに、妖婦役を第一の得意にして居る。實際、嬢の妖艶な微笑の裡には、恐ろしい妖女の面影が認められる。その瞳の裡には、マドンナのそれのやうに一種の崇高な輝きがあるけれども、それに反して唇の邊には、もの凄いやうな蠱惑の色が漂つて居る。毒蛇が渦輪を巻いたやうな髪の毛は、その時々の光線の調子に依つて或ひは嫋やかな暗褐色を呈し、或ひは魔界に燃える炎の輝きを示す。天稟の素質から云つても、嬢は妖婦役に最も適して居ると云つて好い。

『活動名優寫眞帳』(花形臨時増刊、大正8年、玄文社)

1916-04-10-louise-glaum
ザ・タイムス紙1916年4月10日付より。妖婦役として定着してきた時期の紹介記事。
1917-03-11-ct-louise-glaum
シカゴ・トリビューン紙1917年3月11日付より。インス・トライアングル社期。