松井 千枝子 (1899 – 1929)

「日本 [Japan]」より

Matsui Chieko Autographed Postcard
Matsui Chieko 1920s Autographed Postcard

明治三十九年十二月四日東京淺草區駒形で生る。府立第一高女を卒へ舞臺協會に一寸加はり後東京シネマに走り『村の勇者』が處女映畫である。轉じて國活に移り松波美子と名乗り島田嘉七と共に人氣を博してゐた。大正十四年二月突如として妹潤子と松竹に入社し羽振りが好い。國活では『延命院のせむし男』でお仙。松竹では『コスモス咲く頃』『受難華』『地下室』『海人』『俄か馭者』『濡衣』『海の勇者』の主演があり、最近では自分の原作脚色『哀愁の湖』で妹潤子と共に出演し、芸妓千春に扮してフワンを騒がしてゐる。

純日本趣味の藝術的なシンミリしたものを好む。

『玉麗佳集』(1928年2月、中央書院)

お風呂から上つて、涼んでゐると、高松榮子さんが這入つて來た。
「千枝子さん、どうしたんでせう、この頃ちつとも潤ちやん出て來ないけれど…病氣ぢやないかしら…」
「さあ、どうしたんでせうね」
「あたし、明日鎌倉行つてみるわ、もし病氣でもしてるといけないから」
「大丈夫よ、病氣なんかするもんですか、撮影は今無いしするから、海岸で遊んでるんでせうよ」
私は平氣でかうは云つたものゝ、この頃妹が怠けて居るのが心配でならないし、又腹立たしくもなる。
「暑いからねえ、でも…困るわね、ちつとも出て來ないんだから…」
何の氣なしに云つた高松さんの言葉が私の胸に針さゝれた樣に感じた。同じ地位にある女優さん達は一生懸命にせつせと通つてゐるのに、妹ばかりは呑氣な顔して遊んでゐる…苦闘をつゞけてこそはじめて最後の勝利は得られるものを、人は苦しまなければ駄目だと、常日頃考へてゐる私にも、たゞたゞ妹の心持がはがゆくて仕方がない。
早く秋になればいゝ、爽やかな涼風に身を浸して、しんみりとした撮影の出來る日が待ち遠しい。

「撮影所日記」(『女性』1927年10月号)

[JMDb]
松井千枝子

[IMDb]
Chieko Matsui

[出身地]
日本(東京)

[誕生日]
12月4日

[データ]
13.5 × 8.5cm

1970年代前後 スーパー8 『乱斗集』(マツダ映画社/村上プロダクション)

「8ミリ 劇映画」より

1970s-ranto-shu00

別投稿で紹介した8ミリ版『旗本退屈男』と同じ出所のフィルムで、傅次郎・阪妻・長二郎・嵐寛・千恵蔵の剣戟を中心にした編集版。80年代にVHSで市販されていた『活弁トーキー版 乱闘場面集』の原型のような内容となっています。今回は全体の2/3程に当たる大河内と阪妻の登場場面を紹介。

『素浪人忠弥』(伊藤大輔、1928年)より。右から二枚目に山田五十鈴

『薩摩飛脚 東海篇』(伊藤大輔、1932年)より

『丹下左膳 日光の巻』(渡辺邦男、1936年)より。右上に高津愛子

『血煙高田馬場』(伊藤大輔、1928年)より。右から二枚目に市川春衛

鬼気迫る『素浪人忠弥』からスタイリッシュな『薩摩飛脚』(山中貞雄監督の剣光愛欲篇とされていますが実際は前年の伊藤監督・東海篇のようです)を挟み、代表作の丹下左膳へ。

『血煙高田馬場』は殺陣の組み立て方だけではなくやじ馬連中たちの表情の切り返しが見事です。日活の老け役として活躍された市川春衛さんが飲み屋の「お勘婆」役で良い味を出しています。

『かまいたち』(東隆史、1932年)より。右から二枚目に環光子

阪妻名場面集ではコントラストの効いた『かまいたち』が目を引きます。阪妻プロで短期間ヒロインを務めた環光子さんの妖艶さよ。

『阪本竜馬』は寺田屋襲撃場面。乱闘は9.5ミリ版より若干尺が長く近藤勇との対決の前の場面が含まれています。殺陣を最小限に抑えた9.5ミリ版編集が独特だったのかな、など比べていくと色々考えさせられます。

『坂本竜馬』(枝正義郎、1928年)より。一番左森静子

情報の正確さやコンテンツの豊さでVHS版に軍配が上がるものの、コマ単位で見えてくる発見があるのが良いですね。

大河内傅次郎場面集
血煙荒神山
素浪人忠弥
薩摩飛脚
丹下左膳 日光の巻
水戸黄門 来国次の巻
血煙高田馬場

阪東妻三郎場面集
燃える冨士
かまいたち
開化異相
坂本竜馬

林長二郎傑作集
辨天小僧
侠客春雨傘
雪之丞変化
旅の陽炎
喧嘩鳶
鳥辺山心中

嵐寛寿郎傑作集
鞍馬天狗
右門一番手柄 南蛮幽霊
鞍馬天狗 江戸日記

片岡千恵蔵
放浪三昧

[フォーマット]
スーパー8 白黒 無声 1200ft
提供:マツダ映画社
編集:村上プロダクション

結城 一朗 (1904 – 1988)

「日本 [Japan]」より

<Yuki Ichiro Autographed Postcard

本名松崎一郎。明治卅七年東京に生る。原籍は長野縣。日本大学美學科に學び大正十三年松竹蒲田へ入社、後一時松竹を去つて大正十五年十一月再度蒲田の人となる。主な近作は「微笑む人生」「巨船」等。身長五尺六寸。體重十七貫。趣味はスポーツ、麻雀。

『芝居と映画 名流花形大寫眞帖』
(1931年1月、冨士新年號附録)

[JMDb]
結城一郎

[IMDb]
Ichirô Yûki

[出身地]
日本(東京)

[誕生日]
7月20日

[データ]
8.5 × 13.5cm

1928年『日本映画年鑑 第四年版』(昭和二年・三年版、朝日新聞社)

Japan Movie Annual vol.4 (1928, Asahi-shinbun-sha)
Japan Movie Annual vol.4 (1928, Asahi-shinbun-sha)
1928-japan-movie-annual-01-umi-no-yusha
『海の勇者』より。松井千枝子と鈴木伝明

1927年(昭和2年)の内外映画界を振り返った一冊。ハリウッド作品では『第七天国』『サンライズ』『あれ』『三悪人』『ビッグ・パレード』『ボー・ジェスト』などが公開され、独ウーファ社『メトロポリス』や『ヴァリエテ』が紹介されるなど、現在まで無声映画傑作として知られている作品が軒並み名を連ねています。

邦画では帝キネ(『競艶美男』)や東亞(『王政復古』)、マキノや阪妻が気を吐き日活(『尊王攘夷』『慈悲心鳥』『忠次旅日記』)と松竹(『白虎隊』)二強体制に待ったをかけています。一方では諸口十九と筑波雪子の獨立、岡田嘉子と竹内良一の駆け落ち騒動など業界全体がやや浮ついていた印象もあり。

監督特集も充実。二川文太郎、伊藤大輔、鈴木重吉、山下秀一、廣瀬五郎氏などが次世代日本映画を支えていく存在として期待されています。

その他特筆すべき特集として、ハリウッドやドイツで活躍する日系俳優の紹介、男女優(百々乃助、伏見直江)のメーキャップ特集、映画ポスター秀作紹介が目を引きました。

時代の趨勢がまさにトーキーに移りつつある中、サイレント映画が質実共に完成されつつある様子が伝わってきます。

[出版者]
東京朝日新聞發行所

[発行]
昭和3年(1928年)3月

[定価]
一圓五十銭

[フォーマット]
B5版ハードカバー、 25.7×18.5cm、152頁

岩田 祐吉 (1887 – 1980)

「日本 [Japan]」より

Iwata Yukichi Autographed Postcard
Iwata Yukichi Autographed Postcard

深刻な藝風は當代その比を見ない。性格俳優としてフアンの人氣を一身に集めてゐる。人情物、悲劇物が得意と共に、叉喜劇物の主人公をもやりこなせる人だ。先づ外國の俳優と比べても恥ずかしくない人だらう。松竹入社は大正九年六月趣味は讀書、素人寫眞。

『世界のキネマスター』
(1925年5月、報知新聞社出版部)

明治廿年三月岐阜縣大垣市で生る。廿一歳の時河合武雄の門に入り新派俳優として各地に巡業したことあり、大正九年六月松竹キネマ創設と共に映畫界に入り現に蒲田の古参の大幹部として重きを爲す。『奉仕のばら』が初演で爾来『妖女の舞』『一太郎やい』『船頭小唄』『父』『黑川博士』『虹晴』『乃木將軍』『廣瀬中佐』等枚挙に遑がない。最近では『久遠の像』『人生の浪』等の主演がある。性格俳優として益々老熟の演技を見せフアンの人氣がある。

『玉麗佳集』(1928年2月、中央書院)

本名岩田祐吉明治廿年大垣市に生る。郷里の中學校竝びに藤澤幾次郎經營の俳優學校を卒業。初め河合武雄の門に入り大正九年蒲田撮影所創立と共に入社。主な近作は「棘の樂園」「3善人」「レヴユーの姉妹」「父」等。身長五尺三寸八分、體重十四貫八百目。趣味は讀書、園藝。

『芝居と映画 名流花形大寫眞帖』
(1931年1月、冨士新年號附録)

[JMDB]
岩田祐吉

[IMDB]
Yûkichi Iwata

[出身]
日本(岐阜県大垣市)

[サイズ]
14.2 × 10.1 cm

林 千歳 (1892 – 1962)

「日本 [Japan]」より

Hayashi Chitose 1920s Autographed Postcard
Hayashi Chitose 1920s Autographed Postcard

本名河野千歳。明治廿三年八月芝琴平町に生る。女子大學卒業後坪内氏の文藝協會に入り舞臺に立ち、舞臺協會文藝座等に出演せし事あり。映畫としては最初國活に入り寒椿其他に現はる。十一年松竹に轉じ現在に至る。深刻なる女性を出すを以て知らる。

『大正名優鑑 「劇と映画」臨時増刊』
(国際情報社、1924年)

映畫女優としてよりも、文藝協會、舞臺協會、文藝座等、過去の新劇の女優として其名が高い。映畫の處女出演は、舊國での「短夜物語」りで、松竹に入つてからは井上正夫と共演の「海の人」外多數の作あり。近時側役として重きをなす。女子大學出身の能辯家、容貌も藝も立派である。

『映畫と劇』「林千歳嬢」
(國際情報社、1925年3月号)

大阪堂島の高等女學校を卒へてから目白の女子大學の英文科をも卒へた – というだけでも映畫女優中第一の學者である。東儀鐵笛氏の引きゆる文藝協會の「マクベス」を初舞臺に舞臺協會及び文藝座と劇壇の人として相當の人氣を博したものである。大正九年國活創立と共に入社して五味一派と共に「短夜物語」などを撮影して一新天地を開拓したものである。

明治二十五年八月二十一日、東京市芝區琴平町に生る。本名を河野千歳と云ふ、身長が五尺一寸二分、體重が十二貫五十匁ある。現住所は東京市外青山原宿六十三番地。

『裸にした映画女優』
(日本映画研究会、1925年)

[JMDb]
p0373860

[IMDb]
Chitose Hayashi

[出身]
日本(東京・芝)

[誕生日]
8月22日

[サイズ]
8.5 × 13.6cm.

諸口 十九 (1891 – 1960)

「日本 [Japan]」より

Moroguchi Tsuzuya 1920s Autographed Postcard
Moroguchi Tsuzuya 1920s Autographed Postcard

諸口十九は「お坊ちゃん」「カラーボタン」の二本だけで當然記録に止めらるべき人である。

諸口十九が洋行して歸つて來た。仲々スサまじい気焔を揚げた。容易に撮影にかゝらないでフアンを焦らした。吾々は實際の所、どんな事になるのかとヒヤヒヤしたものであつた。所が、第一回作品たる「お坊ちゃん」は豫想以上に「良いもの」を多分に具へてゐた。明るい、輕い、フレツシユな味は矢張り彼の專賣だつたのかとさへフアンは思つた。つゞく「カラーボタン」は更に「良いもの」を持つてゐた。臆病で、膽玉が小さくて、そして家へ歸れば女房にも當り散らす愛すべきモダーン・ボーイ櫻井としての彼は長く長く忘れられないであらう。

『日本映画年鑑 大正十五年昭和二年 第三年版』
(朝日出版社、1927年4月)

明治二十四年二月福井に生れ、十六歳の時上京して成城中學に學んだ、後藤澤の俳優學校に入り十九歳の時牛込高等演藝場で初舞臺を踏み、後一座を組織して旅を稼ぐこと數年。大正九年五月に松竹に入り蒲田第一の幹部俳優となつた。初演映畫は『新生』主演は『笑へ若者』『なすな戀』『女殺油地獄』『赤坂心中』等、等。後米國及び佛國の映畫界を視察して歸朝後『お坊ちやん』『カラーボタン』『地下室』等の特作品を出し大に新らしい方面で活躍しやうとしたが容れられず筑波雪子と手を携えて脱退し、諸口十九社を起して大に活躍してゐる。一時人氣を氣支はれたが差したることもなく相變らず筑波雪子と共にフアンの人気を博している。

『玉麗佳集』(中央書院、1928年)

[JMDB]
p0169620

[IMDB]
Tsuzuya Moroguchi

[出身]
日本(福井)

[誕生日]
2月3日

[サイズ]
8.4 × 13.4cm.