泉 清子 (1909 – 1950)

「日本 [Japan]」より

Izumi Kiyoko Autographed Postcard
Izumi Kiyoko Autographed Postcard

未だ「小坂時代劇」が在つた頃、尾上紋十郎の主演映畫に出てゐたが、後アシア時代劇部に編入された年若い女優。連續映畫『孔雀の光』に重要な姫君の役を受持つてから頓にその腕を認められた。二十瞼の、髪のうつくしい、そして頬の線の整った美人である。今は、時代、現代の両刀使ひ。

『日本映画年鑑 大正十五年昭和二年 第三年版』
(大日本雄弁会講談社、1927年4月、「泉晴子[原文ママ]」)

[JMDb]
泉清子

[IMDb]
Kiyoko Izumi

[出身地]
日本(大阪府大阪市)

[誕生日]
12月21日

[データ]
8.5 × 13.5cm

櫻井 京子 / 桜井 京子 (1912 – 没年不詳)

「日本 [Japan]」より

Sakurai Kyoko Autographed Postcard
Sakurai Kyoko Autographed Postcard

本名池田善子。大正元年東京市日本橋區に生る。千代田高等女學校修業後、松竹蒲田スタヂオに入り昭和三年六月日活時代劇部に入社。最近の主な出演は「白井權八」「酒中浪人」「逃げ行く小傳次」等。純情可憐な藝風。身長五尺一寸五分。體重十一貫五百目。邦樂と踊りが趣味。

『芝居と映画 名流花形大寫眞帖』
(1931年1月、冨士新年號附録)

デビュー当初は糸浦柳子名義で衣笠貞之助監督・林長二郎作品に多く出演。昭和3年(1928年)に日活に籍を移し太秦撮影所で辻吉朗や清瀬英次郎監督作品に登場しています。日活を離れ、日本映画等に参加した後昭和10年(1935年)に極東と契約を結びます。仁科熊彦監督の下で羅門光三郎と共演を多く重ね、この内『荒木又右衛門』がVHSの形でソフト化されていました。

[JMDB]
桜井京子

[IMDB]
Kyoko Sakurai

[出身]
日本(東京)

[サイズ]
13.4 × 8.4 cm