1917-22 忘れじの独り花(24)リア・ヴィット Ria Witt (1896 – ?) 独

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Ria Witt c1919 Autographed Postcard
Ria Witt c1919 Autographed Postcard

1896年、ドイツ西部のドルトムントにほど近い町ヴァッテンシャイト生れ。本名はマリア・ヴィトリッヒ(Maria Wittlich)。食料品店を営んでいた両親を幼い時から手伝っていましたが、18歳の時首都ベルリンに出て女優として自活を目指します。

1915~16年頃の動向は不明。1917年から本名を縮めた「リア・ヴィット」名義での映画出演記録が残っています。この後アトランティック映画社と契約、1919年に「リア・ヴィット・シリーズ」の形で主演作品が次々と公開されていきました。

Ria Witt in Kinema (Zurich, 1919) No15
スイスの映画雑誌キネマ1919年4月12日付 第15号より、アトランティック映画社広告

彼女の出身地ヴァッテンシャイトにも映画館があり、公開時には町をあげて盛り上がっていたそうです。しかしこの主演シリーズのみで女優業を引退、20年代以降名を忘れられていく形となりました。総出演作品数が10作程度とされており、現存作品は確認されておりません。それでも2014年に地元ヴァッテンシャイトの郷土博物館で小規模の回顧イベントが開かれていた話が独紙で伝えられています

[IMDb]
Ria Witt

[Movie Walker]

[出身]
ドイツ(ヴァッテンシャイト)

[データ]
1522. Bildnis von Anny Eberth, Berlin.