ゲルダ・マウルス Gerda Maurus (1903 – 1968) 墺

「ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」「フリッツ・ラング関連 [Fritz Lang Related Items]」より

Gerda Maurus Autographed Postcard
Gerda Maurus Autographed Postcard
1920年代後半、フリッツ・ラング作品のヒロインに抜擢され『スピオーネ』『月世界の女』の二作で鮮烈な印象を残した女優さん。

Gerda Maurus Autographed Postcard 2

頬骨の高さに挑発的な眼差し、同時代の他の女優と一線を画すシャープな雰囲気を漂わせていました。ラング作品以外の出演作ではフワッとした優しい空気なので落差に驚かされたりもします。トーキー移行後は次第に脇役に回り、戦後に至るまで女優活動を続けていました。

Gerda Maurus in Frau im Mond
『月世界の女』(Frau im Mond、1929年)
Gerda Maurus in Vier junge Detektive
『ちびっこ探偵五人衆』( Vier junge Detektive、1949年)
[IMDb]
Gerda Maurus

[Movie Walker]
ゲルダ・マウルス

[出身地]
オーストリア (ブライテンフルト)

[誕生日]
8月25日

[データ]
・Ross Verlag 3569/2 Fritz Lang-Film
・Ross Verlag 4254/1 UFA 「リシャール・フリペ氏 Richard Frippé」宛の献辞入り

[サイズ]
・8.9 × 13.8 cm
・8.8 × 13.6 cm

ヘルガ・トーマス Helga Thomas (1891 – 1988) スウェーデン

「国別サインリスト 北欧諸国 [Nordic Countries]」より

Helga Thomas Autographed Postcard
Helga Thomas Autographed Postcard

helga-thomas-bio

私は北スウェーデンの子です。五才の頃には生まれ故郷の原っぱでスキーに興じていたものです。運動の素晴らしさ、自然を愛する心持ちはあの時に植え付けられたのであります。

幼心に親に逆らい、舞台俳優の道を志しました。いつ終わるとやらしれぬ果てしない口論の末にようやく許可を頂くことができたのです。

ストックホルムの国立劇場で「オフィーリア」を演じていると一通の電報が届き、ベルリンのUFA社に来ないかとお誘いを受けました。新しい人生の始まりでした。スタジオのライトに照らされた世界が開けてきたのです。ルートヴィヒ・ベルガー監督の下で私の役者人生が始まりました。最初に役を受けたのは『グラス一杯の水(Ein Glas Wasser)』でした。

Ich bin ein Kind des nördlichen Schwedens. Als fünfjäriges Mädchen schon tollte ich aus Skiern über die Fluren meiner Heimat. Der gesunde Sinn für die Schönheiten des Sports und die Liebe zur Natur wurden mir hier für mein ganzes Leben eingeimpft.

Als blutjunges Ding begann ich die Offensive gegen meine Eltern, um den Weg zur Bühne frei zu bekommen. Nach endlosen Debatten willigten sie schließlich ein.

Als ich am National-Theater zu Stockholm gerade die « Ophelia » Spielte, rief mich ein Telegramm nach Berlin zur Ufa. Ein neues Leben begann. Die Welt des Jupiterlichtes tat sich mir auf. Unter Ludwig Bergers Regie begann meine Filmlaufbahn. Meinen ersten Erforg hatte ich in dem Film « Ein Glas Wasser ».

Filmkünstler : Wir über uns selbst (Sibyllen-Verlag, 1928, Berlin)

[IMDb]
Helga Thomas

[Movie Walker]
ヘルガ・トーマス (Helga Thomas)

[出身地]
スウェーデン (ヴェステルノールランド)

[誕生日]
7月8日

[データ]
Ross Verlag. phot. H.W. Mager, Berlin W.

[サイズ]
8.3 × 13.3 cm

アリス・テリー Alice Terry (1900 – 1987)

「合衆国・カナダ・オーストラリア」より

『黙示録の四騎士』の役作りとして、イングラム監督はアリスにフランス語を学ぶよう促した。無声映画の時代ではあるものの、役者が登場人物の言葉をきちんと喋るのが当然だと考える監督たちもいたのである。例えば『第七天国』では少なくともクローズアップ場面でジャネット・ゲイナーとチャールズ・ファレルが仏語を喋っているのを見て取ることができる。[…]

アリスは寛容な考え方の持ち主であつた。ラモン・ノヴァロの親友であり続け、彼が個人的にどのような状況に置かれているかよく分かっていた。1930年代、ノヴァロとバリー・ノートンやその他のゲイの男優たちにハリウッドの夜のゲイスポットに案内してもらった。ゲイ生活をカモフラージュするデコイの役割を引き受けたのである。ゲイ俳優たちといつも一緒だったため、ハリウッド・リポーター誌のゴシップ記者たちは誰をからかっているのか頭を悩ませる羽目になった。

アリス・テリーはフィルム編集でも有能で、達人イングラムから監督術も学んでいた。かくして夫の都合がつかなかったり作業の気乗りがしない時など監督の代理をすることもあつた。

『サイレント・プレイヤーズ』
(アンソニー・スライド著。2002年、ケンタッキー大学出版)

Ingram had insisted that Alice learn to speak French for her role in The Four Horsemen of the Apocalypse. Despite being a silent film, some directors did consider it appropriate that performers speak the language of the characters they were portraying. For example, in 7th Heaven, it is very obvious that Janet Gaynor and Charles Farrell are actually speaking French – at least in the close-ups. […]

Alice was very broadminded. She remained a close friend of Ramon Novarro and was fully aware of his personal situation. In the 1930s, she allowed him, Barry Norton and other gay actors to escort her to gay Hollywood nightspots, thus serving as a « beard » for their gay lifestyles. Her partnering of gay actors led a gossip columnist in the Hollywood reporter to question who she and they were trying to fool.[…]

Alice Terry was a competent film editor and sha had obviously learned direction from a master. Thus, when Ingram became incapacitated and too moody to work, she would take over direction of his features.

Silent Players: A Biographical and Autobiographical Study of 100 Silent Film Actors and Actresses
(Anthony Slide, University Press of Kentucky, 2002.)

レックス・イングラム監督夫人として『黙示録の四騎士』~『ゼンダ城の虜』~『スカラムーシュ』など数々の重要作でヒロインを務めたのがアリス・テリーでした。当時はおしどり夫婦と呼ばれており、実際二人ともそういった演出を続けていましたが、そこまで綺麗ではなかった実態が『サイレント・プレイヤーズ』で綴られていました。

Alice Terry in the Prisoner of Zenda
『ゼンダ城の虜』(1922年)でのアリス・テリー
Alice Terry & Ramon Novarro in Scaramouche
『スカラムーシュ』(1923年)でのアリス・テリーとラモン・ノヴァロ

無声映画期の女優さんとしては最も完璧な「丸顔」の持ち主で、やや面長のヴァレンチノやラモン・ノヴァロと並ぶと画面映えします。

[IMDb]
Alice Terry

[Movie Walker]
アリス・テリー

[出身地]
合衆国(インディアナ州 ビンセンズ)

[誕生日]
7月24日

[データ]
デニス氏宛、女優晩年の1970~80年代ではないかと思われる一枚

[サイズ]
8.4 × 13.2cm

1950年代 – 画伯・杉狂児(1903-1975)、東千代之介を描く

« Azuma Chiyonosuke », by Sugi Kyoji (c1957)

杉狂児の筆による東千代之介似顔絵。もう一点力道山を描いた作品もあったのですがそちらは別の収集家さんに貰われていきました。杉狂児、東千代之介、力道山の三人は1957年の『純情部隊』(東映、 マキノ雅弘監督)で共演しています。委細は不明ながらメクリ(高座で使用される出演者紹介用の紙)として入手したもので、舞台、高座またはTVで開催されたイベントの折に実使用されたと推察されます。


似ている/似ていない、上手い/下手の価値観を越えたとぼけた味わいがこの人らしく、SNSの時代に生きていたら迷画伯として愛されていた気もします。

メイ・マカヴォイ May McAvoy (1899 -1984) 米写真家ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション(4)

「ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション」「合衆国・カナダ・オーストラリア」より

May Mcavoy Early 1920s Inscribed Photo
May Mcavoy Early 1920s Inscribed Photo

メイ・マカヴォイとブルース・ゴードンは『鐘の鳴る家』のスターである。マカヴォイ嬢は時に自身を「待機する少女」と形容している。映画界の名聲への道は伝記作家たちを信じるならば数多あれど、マカヴォイ嬢の辿った道筋は中でも他に例を見ないものであつた。或る日友人の女優と待ち合わせ中、その女優んの知人が嬢を見て「紹介して」と頼んだのである。紹介のため映画スタジオを訪れ、嬢に映画の仕事を紹介する展開となつた。当座は女中の役を多く務め、(撮影現場で)多くの花形俳優を待つことになつた。その後『パーフェクト・レディ』でマッジ・ケネディー嬢の妹役を演じ、しばらくは「妹役」を続けることになつた。楽天家の彼女が尚も待ち続けていると、J・スチュアート・ブラックトン監督が声をかけてきた。一連の映画作品のヒロインを任せたいというのである。『鐘の鳴る家』はその第一弾作品である。二十歳のマカヴォイ嬢は今や自身が花形となつた。『センチメンタル・トミー』グリゼル嬢役でこれまで一番の演技を見せている。(英『ピクチャーゴア』誌1922年3月号)

May McAvoy and Bruce Gordon are the stars of The House of the Tolling Bell. May McAvoy sometimes describes herself as « The Girl Who Wailt ». There are many ways towards film fame, if we are to believe the biographers, but May’s way is all her own. Waiting for an actress friend was she one day, when a friend of that friend saw her, and asked for an introduction. This introduction led to a visit to a film studio and the introduction of May McAvoy to film work. May became a maid pro tem., and waited (for film purposes) upon many famous stars. Then she played Madge Kennedy’s sister in The Perfect Lady, and a succession of « sister » parts followed. She was waiting, Micawber-like, for another job, when J. Stuart Blackton engaged her as featured lead for a series of pictures, of which The House of the Tolling Bell is the first to be released this side. These days, twenty-year-old May is a star, and her « Grizel » in Sentimental Tommy is her biggest achievement.

The Picturegoer (VOL. 3. NO. 15. MARCH, 1922., p.54, London)

『ベンハー』と『ジャズ・シンガー』、ハリウッド無声映画史に残る二つの作品で知られているのがメイ・マカヴォイ。同時期に一世を風靡していたコリーン・ムーアやクララ・ボウの型破りな魅力はありませんでしたが、メリハリのついたカッチリした演技を得意としルビッチ作品(『三人の女』『ウインダミア夫人の扇』)でも重用されていました。

個人的には1924年の幻想ロマンス『幻の家(Enchanted Cottage)』でリチャード・バーセルメスを相手に披露した情感のこもった演技を高く評価しています。

May Mcavoy in Jazz Singer
『ジャズ・シンガー』(1927年)でのメイ・マカヴォイ
Mae Mcavoy in Ben Hur
『ベン・ハー』(1925年)でのエステル役
May Mcavoy in Lady Windermere's Fan
『ウインダミア夫人の扇』(1925年)より

[IMDB]
May McAvoy

[Movie Walker]
メイ・マカヴォイ

[出身地]
合衆国(ニューヨーク・シティ)

[誕生日]
9月8日

[撮影]
ドナルド・キース(Donald Biddle Keyes)

[サイズ]
25.3 × 31.7 cm(カーボン製フレーム含)

エセル・クレイトン Ethel Clayton (1882 -1966) 米写真家ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション(3)

「ドナルド・キース氏撮影・旧蔵サインコレクション」「合衆国・カナダ・オーストラリア」より

Ethel Clayton c1920 Inscribed Photo
Ethel Clayton c1920 Inscribed Photo

パ社の人気花形はイリノワ州の町シャンペーンで生まれ、シカゴの聖エリザベス修道院で教育を受けた。演劇世界への第一歩は舞台での演技がきっかけで、すぐにエドウィン・スティーヴンスと『悪魔』で共演することとなった。映畫界の参入は古参ルービン社である。『兵士の愛人』『マギー・ペッパー』『男と女と金』『女の武器』、ルパート・ヒューズ氏の優れた原作を映画化した『虚栄より醒めて』、『恋する女』等のフェイマス・プレイヤー社作品で大成功を収めた。身長は五尺五寸、體重は十五貫七百匁。赤みがかった金髪で灰色の瞳を有し、戸外での運動を殊に好んでいる。

This popular Paramount star was born in Champaign, Ill., and educated in St. Elizabeth’s Convent, Chicago. Her initial venture in the theatrical world was as a featured player in stock after which she was prominently cast with Edwin Stevens in « The Devil. » She began her screen career with the old Lubin company. She has achieved her greatest success upon the screen with the Famous Players company in « Pettigrew’s Girl, » « Maggie Pepper, » « Men, Women and Money, » « More Deadly than the Male » the film version of Lupert Hughes’ splendid story « The Thirteenth Commandment, » and « A Lady in Love. » Miss Clayton is five feet five inches in height and weighs a hundred and thirty pounds. She has red gold hair and gray eyes and is very fond of all outdoor sports.

Who’s Who on the Screen (New York: Ross Publishing Co., 1920.)

Ethel Clayton In lightnin'
『雷光』1925年より

米サイレント映画の終焉期(ジョン・フォード監督の『雷光』1925年やヴェラ・レイノルズ主演の『リスキー・ビジネス』1926年)に雰囲気のある母親役で登場していたのがエセル・クレイトンでした。立ち位置としてはローズマリー・セビーと重なる感じでしょうか、1910年代短編で娘役を演じていた点も共通しています。

エセル・クレイトンは当時勢いのあったルービン社(Lubin Manufacturing Compan)の花形女優でした。主演作は幾つか日本でも公開されており愛好家には知られていたようです。初期作品では1913年の『大地が揺れるとき』(When the Earth Trembled)が現存。1906年のサンフランシスコ大地震(M7.8)が物語に絡んでおり、ニュースリール映像も含まれていました。

カーボンフレームも含めると30×40センチを越える大きな写真。被写体深度を浅目にとっており、顔の肌ではなく手前のまつ毛先端辺りにピントが来ていて淡く甘い感じの仕上りとなった一枚です。

[IMDB]
Ethel Clayton

[Movie Walker]
エセル・クレイトン

[出身地]
合衆国(イリノワ州シャンペーン)

[誕生日]
11月8日

[撮影]
ドナルド・キース(Donald Biddle Keyes)

[サイズ]
33.2 × 40.5 cm(カーボン製フレーム含)

1917-22 忘れじの独り花(33)ベルント・アルドー Bernd Aldor (1881 – 1950) 独

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Bernd Aldor c1920 Autographed Postcard
Bernd Aldor c1920 Autographed Postcard

1910年代後半に頭角を現してきたドイツ男優さんで、1916~18年頃のリヒャルト・オズヴァルト監督作品常連となりレオンティーン・キューンベルクリタ・クレルモントマンヤ・ツァッツェーワと共演、『ドリアン・グレイの肖像』などで主演を務めました。その後レックス映画社ではルプ・ピック監督の作品に出演、リア・イエンデ等のパートナーとして銀幕に登場しています。

kin-001_1919_9__1247_d-bernd-aldor-0003

kin-001_1919_9__1247_d-bernd-aldor-0004
スイス『キネマ』誌1919年第16号より『世界の鏡』(ルプ・ピック監督)広告

[IMDb]
Bernd Aldor

[Movie Walker]

[出身地]
オスマン帝国(コンスタンチノープル)

[誕生日]
3月23日

[データ]
Photochemie, Berlin. K.121. phot. von A. Binder, Berlin
8.6 × 13.5cm