ロミュアルド・ジュベ Romuald Joubé (1876 – 1949) 仏

「国別サインリスト フランス [France]」より

舞台活動が中心の男優さんながら端整な雰囲気を生かして1910~20年代の仏サイレント映画に多く出演、『私は弾劾する』(1919年)や『狼の奇跡』(1924年)など、多くの名作で重要な役を演じました。

写真面だけではなくメッセージ面にも同一筆跡によるサイン有り。以前から何度か紹介しているイタリア在住のサインコレクター、エドヴィーゲ・トニさんの旧蔵コレクションからの一枚です。

[IMDB]
nm0431069

[誕生日]
6月20日

[出身]
フランス

[コンディション]
B

[サイズ]
13.5 × 8.5 cm

アベル・ガンス監督、昭和10年の手紙 Abel Gance (1889 – 1981)

Abel Gance 1935 Typed Letter

拝啓

8月19日付けのご質問に対する回答となりますが、
アルジェに映画スタジオ群が作られればとても便利だろうと思います。
計画が実現すればすぐに多くの顧客が見つかるのではないでしょうか。

心よりの敬意をこめて

アベル・ガンス

1933年に復刊されたアート誌「欧州芸術家(ユーロップ・アルティスト)」の質問に応えた短いタイプ打ちの手紙。1935年(昭和10年)9月11日の日付が打たれたもの。

レターヘッドに朱色で名前が印刷されており、便箋下部には同色で住所も記されています。

ジーナ・パレルム Gina Palerme (1885 – 1977) 英/仏

Gina-Palerme

フランス生まれながら英国で舞台デビュー、1910年代を通じて同国で活躍しました。1920年代にフランスへ帰国、映画界へ進出、ロジェ・リオンやアベル・ガンスの作品に出演しています。

Gina Palerme in Abel Gance's Au secours! (1924)
アベル・ガンス監督作品『助けて!』より

その中で1924年のガンス作品『ヘルプ!(Au secours!)』が現存。ジーナ・パレルムは主人公を現実に引き戻す婚約者役をつとめていました。

今回入手したのはイギリス製絵葉書、舞台デビューを果たした『クエーカー・ガール』公演時の一枚。1912年のものです。向かって左側、「クエーカー・ガールの思い出に!(Souvenir de Quaker Girl!)」の一文が見えます。裏面に旧所有者の筆跡で1912年の文字も残されています。

シモーヌ・ジュヌヴォワ Simone Genevois (1912- 1995) 1930年頃の直筆書簡

1930年頃と思われるシモーヌ・ジュヌヴォワ直筆の書簡。アンリ・デュブリ氏に宛てた物とされており、雑誌のアンケートに回答する内容となっています。

シモーヌ・ジュヌヴォワは1910年代に子役としてデビュー。アンリ・プークタル監督の『労働』(1920年)などにも出演し、レジーヌ・デュミアンと並ぶ人気子役として活躍しました。

『労働』(1920年)でのジュヌヴォワ
『労働』(1920年)より

学業を理由に一旦は映画界を離れるのですが、その後程なくしてカムバック。アベル・ガンスの『ナポレオン』ではシチリア島に住むナポレオンの妹役として登場しています。

その後ガスティーヌ監督の『ジャンヌ・ダルクの驚異の一生』のオーディションに応募し、見事ヒロインに選ばれました。同作が彼女にとっての代表作となりましたが、その後もガスティーヌ監督と縁が続き1930年代初めまで活躍、結婚と同時に女優業を離れています。

手紙には「お気に入りの役は?」の質問に「ジャンヌ・ダルク」と回答したやりとりが含まれています。

[IMDB]
nm0312810

[出身]

[誕生日]
2月13日

[データ]

1930年頃にアンリ・デュブリ氏宛に書かれた直筆の手紙。映画雑誌からの質問に回答する形。

[サイズ]
19.2 × 30.2cm

シュザンヌ・ビアンケッティ Suzanne Bianchetti (1889 – 1936)

第一次大戦中、撮影に参加している友人を迎えに行ったところスカウトされて映画女優のキャリアが始まったそうです。1910年代は派手な役柄が付きませんでしたが、経験を重ね20年代になって存在感を増していきます。

現代物の母親役や時代劇での女王役など貫禄のある役柄を歴任、どこか温かみのある演技スタイルが多くの監督(アベル・ガンス、アンリ・ルーセル)に大事にされていましたが、1936年に惜しまれつつ早世しています。死後、彼女の名を冠した映画賞が作られ、現在にいたるまで若手女優の登竜門となっています。

[IMDB]
nm0080572

[出身]
フランス

[生年月日]
2月24日

[コンディション]
C+

[入手]
2013年5月18日