ウジェーヌ・シルヴァン (Eugène Silvain 1851 – 1930) 仏

「国別サインリスト フランス [France]」より

「シルヴァン」の芸名で長いキャリアを築いた舞台俳優さんですが、出演映画数は多くありません。ただしその出演リストには『裁かるるジャンヌ』(1928年)が含まれていました。

同作は監督のドライヤーと主演ファルコネッティについて語られがちです。視点を変え、ジャンヌを火刑に追いこむ異端審問官に注目してみると新たな発見が出てきます。

ウジェーヌ・シルヴァンの演じたピエール・コーションは仏キリスト教史で最も悪名高く、嫌われている人物でした。保身と昇進しか考えていない、偏見に凝り固まった老害の聖職者。どの時代、社会、組織にもいるであろう嫌な人物をシルヴァンは自然に演じ、狡猾にジャンヌを追いつめていきます。

実際のウジェーヌ・シルヴァンは教養ある人格者として知られていて、晩年は後進を指導する側に回っていました。ファルコネッティが国立高等音楽・舞踊学校で学んでいた時(1915年頃まで)は教鞭をとっており、コメディー・フランセーズに一時在籍した時(1924~25年)にも管理側にいて、彼女にとっていわば師匠筋にあたる人物です。

映画撮影という慣れない環境に置かれたファルコネッティにとって、顔なじみのシルヴァンがいるのは心強かったでしょうし、大先輩の前で迂闊な演技は出来ないという良い緊張感をもたらしていたと思います。

こちらのサイン絵葉書は先日のベルト・ボヴィと同じコレクターさんの旧蔵品。時期も同じで1920~21年のようです。

[IMDB]
nm0798564

[誕生日]
1月17日

[出身]
フランス(ブール=カン=ブレス)

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

1987 – 『ファルコネッティ伝』 エレーヌ・ファルコネッティ著

1987-Falconetti 01

『裁かるるジャンヌ』の主演女優、ルネ・ファルコネッティの伝記。近親者による著作としては1987年の本書が唯一となります。

いつもなら深夜でも起きているルネ が早寝をしようと心がけていた。それでも寝付くことができずにベッドで朝まで読書に耽っている。(61ページ)

古典に親しみ、新しい情報にも貪欲で、いつも寝不足続きだった若き女優の姿。こんなエピソードを紹介しているのは実の娘エレーヌさんで、幼い頃から母の言動を間近で見てきたからこその証言が多く含まれています。

本書では:

・旧知の仲だった老実業家の愛人となり認知されない娘(エレーヌ)を身ごもった
・この実業家が亡くなった際に遺産分与を受け、20年代末に自身の劇団を立ち上げた
・男優シャルル・ボワイエとの恋愛関係
・晩年、南米に移住後は不遇の生活を送り、家具もほとんどない部屋で生活をしていた

などこれまで知られていなかった女優の実像が明らかにされています。

客観的伝記の一言で片づけられない要素を含んでおり、その辺りについて別稿(「『ファルコネッティ伝』を読む」)にて詳述しております。


原題:Falconetti
著者名: Hélène Falconetti

著者による1988年7月22日付の献辞あり

出版社: Du Cerf
出版: 1987年12月1日
叢書:リストワール・ア・ヴィフ
フォーマット:ソフトカバー 274 ページ
ISBN-10: 2204028452
ISBN-13: 978-2204028455