エリノア・フェアー Elinor Fair (1903–1957)

「合衆国・カナダ・オーストラリア」より

Elinor Fair 1920s Autographed Photo
Elinor Fair 1920s Autographed Photo

エリノア・フェアー嬢は1903年ヴァージニア州リッチモンドに生を享け、幼少時に家族と共に加州ロスアンジェルスへ引っ越し、同地でセントメアリーズ高校に入学した。一時はシアトルのセントラル高校の生徒でもあつた。品のある孃は一度はバイオリン奏者になろうと思い独ライプチヒに留学している。大戦のため母国へと戻り舞台の輝きに魅せられロスのアルカザール劇場で踊り子として初めて衆人の前に登場した。嬢の美しさと才能は忽ちにして映画製作者の目に留まり、ウィリアム・ファーナム氏の「長旅の終わり」で女優デビューを果たし、「ミラクルマン」では体の不自由な富豪妹役を演じた。嬢は優れた踊り子で、ピアノの名手である。丈は五尺五寸、體重は十四貫五十両、褐色の髪と瞳を有す。

『銀幕著名人録』(ジョージ・H・ドーラン社、1925年)

1925 - Elinor Fair in Famous Film Folk
1925 – Elinor Fair in Famous Film Folk

ELINOR FAIR was born in Richmond, Virginia, in 1903, and in childhood moved with her family to Los Angeles, Cal., where she attended St. Mary’s Academy. For a time she was also a student in the Central School at Seattle. At one time dainty Miss Fair thought she would be a violinist, and went to Leipzig, Germany, to study. The World War brought her back to America, and the lure of the stage brought her before an audience for the first time on the stage of the Alcazar Theatre, in Los Angeles, where she appeared as a dancer. Her beauty and talents attracted the attention of motion picture producers, and she was cast with William Farnum in « The End of the Trail. » She was in the cast of « The Miracle Man, » playing the invalid sister. Miss Fair is a splendid dancer and pianist. She is 5 feet 4 inches tall, weighs 120 lbs., and has brown hair and eyes.

Famous film folk; a gallery of life portraits and biographies
(New York; George H. Doran company, 1925.)

Elinor Fair in Big Stakes (1922)
『ビッグ・ステイク』(1922年)
Elinor Fair in Yankee Clipper (1927)
『メリケン波止場』(1927年)

1910年代後半にフォックス映画社で活躍し始めた女優さん。当初は本名のエリナー・クロウ名義でクレジットされていました。濃い褐色の目と髪を活かしてエキゾチックな役柄も得意としており、ルイ・J・ガスニエの名作『キスメット』(1920年)でアラブのお姫様役、『ビッグ・ステイク』(1922年)ではメキシコ女性を演じるなどしています。20年代になってフォックスを離れ映画会社を転々としていきますが、20年代中盤にデミル作品ヒロインに抜擢され1926年の『ヴォルガの舟唄』と翌年『メリケン波止場』で役者としての成長を見せました。

[IMDb]
Elinor Fair

[Movie Walker]
エリノア・フェアー

[出身地]
合衆国(ヴァージニア州リッチモンド)

[誕生日]
12月3日

[データ]

[サイズ]
24.0 × 18.5 cm

ファニー・ワード Fannie Ward/Fanny Ward (1872 – 1952)

「 合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

嬢をして今日の人氣を博せしめた作品は、一千九百十四年に、早川雪洲氏やヂャック・ディーン氏などと一座して撮影した日本劇「チート」である。この映畫を製作して以来、嬢は米国映畫界の首腦女優となつた。

爾来、「テネッシーの赦罪者」「國防の爲めに」などを撮影して、益々名聲を昂めたが、昨年の始めに、パセ會社のエストラ映畫の專属女優となつた。

目下は、ラスキー會社の初舞臺當時に戀に落ちたヂャック・ディーン氏と結婚して、幸福な樂しい生活を送って居る。

當年四十四であるけれども、尚未だ二八の少女のやうに、若々しい容貌と豊かな肉體とを持つてゐる。嬢が斯界に喧傳される所以も一つには、この絢爛たる名花の趣を備へて居る爲めである。しかし、技藝そのものから云つても、嬢は優に大花形の中に加へられるだけの天分を持つて居る。

『活動名優寫眞帳』(花形臨時増刊、大正8年、玄文社)

手に入れたのは仏シネマガジン製の写真で表に印刷サインあり、裏側に直筆で日付、仏語メッセージ、名前、住所が書かれています。1920年代、女優としての活動の場が減っていくとパリに化粧品ビジネスの店を立ち上げたそうです。

謹しんで、1921年8月10日
ファニー・ワード
シャンゼリゼ通り114番

Sincèrement à vous, 10-8-21
Fanny Ward 114 Av. des Champs-Elysées

[IMDB]
nm0911531

[誕生日]
2月22日

[出身]

[サイズ]
23.8 × 17.2cm

[メーカー]
シネマガジン

[コンディション]
C+

[入手年月日]
2017年10月

リートリス・ジョイ Leatrice Joy (1893 – 1985) 米

leatrice-joy

1910年代後半から下積みを重ね、怪優ロン・チェイニー作品にもヒロイン役で出演。1921年3月に俳優ジョン・ギルバートとの婚約発表で注目度が上がり、その後セシル・B=デミル監督に招かれ同監督『屠殺者』『妻欺くなかれ』『十誡』でヒロイン〜準ヒロインを演じトップスターへと成長していきました。

lj06b-m

[IMDB]
nm0431433

[出身]
US

[生年月日]
11月7日

[コンディション]
B-

[入手年月日]
2017年6月

ジェラルディン・ファーラー Geraldine Farrar (1882 – 1967)

「合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

Geraldine Farrar Autographed Postcard
Geraldine Farrar Autographed Postcard

嬢は元来は映畫俳優ではなかつたのだが、ラスキー會社の招聘に依つて、出勤の座と合意の上、映畫劇に出演する事を承諾したのである。それは有名な「カルメン」(一千九百十三年十一月十四日發賣)の女主人公であつたが、その役が非常な好評を博した爲めに、遂ひに映畫俳優としても非凡な技能を有して居る事を認められるに至つたのである。

この成功以来、嬢自身も映畫劇に興味を感じて紐育のオペラ・シーズンの間から間まで、休演時期を利用して加州のラスキー撮影所に赴いては、特作品を撮影するのが例になつた。今日までの作品の主なものを列挙すれば「カルメン」「マリア・ロサ」「誘惑」「ヂャンヌ・ダルク」「神が忘れた女」などがある。以上の中で「ヂャンヌ・ダルク」は大正六年の十一月に帝國劇場に上演された。

今年三十八歳であるが、ヂヤンヌ・ダルクのやうな僅か十七八歳の少女を演じて、少しも無理な處が見えないのは、嬢の俳優としての生立が主に欧羅巴で送られた爲めに、米國女優には見難い艶々しさと柔か味を持つて居る事にも依るであらう。しかし、その大部分は嬢自身の芸術的天分が然らしむるものであると云はなければならない。

『活動名優寫眞帳』(花形臨時増刊、大正8年、玄文社)

Geraldine Farrar in Carmen (1915)
1915年の『カルメン』より