ファニー・ワード Fannie Ward/Fanny Ward (1872 – 1952)

早川雪洲氏と並んで1915年『チート』に主演、迫真の演技で評価を高めたのがファニー・ワードです。19世紀末には舞台女優として名を確立していて、映画に参入した時には大ベテラン、『チート』出演時には43才ですがとてもそう見えません。

謹しんで、1921年8月10日
ファニー・ワード
シャンゼリゼ通り114番

Sincèrement à vous, 10-8-21
Fanny Ward 114 Av. des Champs-Elysées

手に入れたのは仏シネマガジン製の写真で表に印刷サインあり、裏側に直筆で日付、仏語メッセージ、名前、住所まで書かれています。1920年代、女優としての活動の場が減っていくとパリに化粧品ビジネスの店を立ち上げたそうです。

Fannie Ward (1872 – 1952)

[IMDB]
nm0911531

[誕生日]
2月22日

[出身]

[サイズ]
23.8 × 17.2cm

[メーカー]
シネマガジン

[コンディション]
C+

[入手年月日]
2017年10月

リートリス・ジョイ Leatrice Joy (1893 – 1985) 米

leatrice-joy

1910年代後半から下積みを重ね、怪優ロン・チェイニー作品にもヒロイン役で出演。1921年3月に俳優ジョン・ギルバートとの婚約発表で注目度が上がり、その後セシル・B=デミル監督に招かれ同監督『屠殺者』『妻欺くなかれ』『十誡』でヒロイン〜準ヒロインを演じトップスターへと成長していきました。

lj06b-m

[IMDB]
nm0431433

[出身]
US

[生年月日]
11月7日

[コンディション]
B-

[入手年月日]
2017年6月

ジェラルディン・ファラー Geraldine Farrar (1882 – 1967)

Geraldine-FarrarGeraldine Farrar in Carmen (1915)

ジェラルディン・ファラーは初期オペラの功績者で、艶やかで温かみのある声の魅力は残された音源からも伝わってきます。

圧倒的な知名度とカリスマ性、そして美貌。ハリウッドも熱視線を送っていました。セシル・B・デミルが口説き落とし『カルメン』(1915年)を皮切りに数作のデミル作品で主演を務めます。