1933 – 9.5mm 『嵐の孤児』(パテ・ナタン社、モーリス・トゥールヌール監督) 英パテスコープ社無声版

Orphans of The Storm (« Les deux orphelines », 1933, Pathé-Nathan, dir/Maurice Tourneur) UK Pathescope 9.5mm Print

戦前フランスを代表する監督の一人、トゥールヌールによる『嵐の孤児』(1933年)の9.5ミリ版。元々トーキーとして公開されたものですがこちらは英語字幕埋めこみ版となっています。プリント状態が悪く全体に傷が目立ちます、ご了承ください。

『嵐の孤児』は革命期のフランスで生き別れとなった姉妹の運命を描いたメロドラマで、映画化作品としては1921年の無声版(グリフィス監督、リリアン&ドロシー・ギッシュ主演)がよく知られています。元々1870年代に戯曲として書かれた作品が後年小説化されたもの。グリフィス版は小説を下敷きとしつつ独自要素を多く加えていて、後半はほとんどオリジナルの展開となっていました。

ルネ・サンシール
(Renée Saint-Cyr as Henriette)

トゥールヌール版で姉アンリエットを演じたのはルネ・サンシール。戦後まで長く活躍された女優さんで、個人的にも晩年に出演した喜劇作の芸達者ぶりで記憶によく残っています。『嵐の孤児』は彼女の映画初主演作で、全盛期のダニエル・ダリューに肉薄する演技を見せています。

ジャン・フランセイとレジーヌ・ドレアン
(Jean Francey as Pierre & Rosine Deréan as Louise)

盲いた妹ルイーズを演じたのはロジーヌ・ドレアン。サッシャ・ギトリやマルク・アレグレ監督の戦前作品で活躍、化粧の仕方もあってルネ・サンシールと並ぶとリアルな姉妹感があります。

トーキー定着で俳優の入れ替えが進んでいた時期に新進女優のキャスティングに成功した一作ながら見どころは他にもあります。『嵐の孤児』には市中で拉致してきた盲目の少女(ロジーヌ・ドレアン)を物乞いにして日銭を稼がせる「貧困ビジネス」物語が含まれていました。元締めのラ・フロシャールという中年女性が登場するのですが、トゥルヌール版『嵐の孤児』ではこの女性のインパクトが姉妹の可憐さを上回っています。

イヴェット・ギルベール
(Yvette Guilbert as La Frochard)

強欲で憎々しいラ・フロシャールを演じたのはイヴェット・ギルベール。ムルナウの『ファウスト』でも存在感を見せていた戦前フランス演芸界の大物、彼女の映画女優キャリアでベストの演技になるだろうと思われます。他にも脇役で無声映画時代からのベテラン(カミーユ・ベール、ガブリエル・ガボリオ、エミー・リン)が多く出演しており演技の質全体を底上げしています。

1933年はフランスでも不況の影響が如実に表れてきた時期でした。トゥルヌール版『嵐の孤児』は小規模予算で製作されており、セットや衣装の華やかさではグリフィス版に相当見劣りします。一方で装飾がないために演技や照明・構図の重要性が否応なく増すという話でもあって、トゥルヌールの卓越したセンスが(後年のより大掛かりな作品以上に)伝わってきやすい一作になっています。

[タイトル]
Orphans of The Storm

[原題]
Les deux orphelines

[公開年]
1933

[IMDB]
Les deux orphelines

[Movie Walker]


[メーカー]
英パテスコープ社

[メーカー記号]
SB 30165

[9.5mm発売]
1935年11月

[フォーマット]
9.5mm 白黒無声 100m×4巻 ノッチ無 英語字幕

1992 – 『1895』誌 第12号 特集:エクレール撮影所 1907-1918(仏映画史研究協会編)

「『ジゴマ』/ヴィクトラン・ジャッセ [Zigomar / Victorin-Hippolyte Jasset]」より

Revue « 1895 », n° 12
Studio Eclair 1907-1918 (Octobre 1992)

1992年、伊ポルデノーネ無声映画祭でエクレール社初期作の回顧上映会が開催されました。この企画にあわせフランスの映画史専門誌『1895』からエクレール社の特集号が公刊されています。内容は大きく1)経営状況の分析、2)主要俳優紹介、3)現存初期作(≒映画祭での上映作品)の粗筋、の三本立て。

1)に関しては1907年の設立時の定款、翌年の増資、収支報告などの一次資料をまとめたもの。資本金15万旧フランという小さな規模で誕生したエクレールがどのような運営を行っていたか見えてくる資料群です。

2)は1913年のフィルム・ルヴュ誌の俳優紹介企画を転載したもので『ジゴマ』『プロテア』で主演を務めたアルキリエール、アンドリオ以外にも『ジゴマ』で探偵役を務めたアンドレ・リアベル、『猿人バラウー』や『プロテア』で存在感を見せたリュシアン・バタイユなどジャッセ映画の常連俳優が紹介されています。

またあまり脚光を浴びてこなかった喜劇連作(「ゴントラン」「ガヴロッシュ」「リトル・ウィリー」)の主演役者にも紙数が割かれていて初期エクレール社の全体像が伝わってきます。

3)もフィルム・ルヴュ誌からの記事転載。モーリス・トゥールヌールの初監督作がエクレール社で、初期作『イヴリーの女羊飼』の粗筋も含まれていました。1913年5月にジャッセが亡くなって数か月後にトゥールヌールがデビューした形。画家を志した過去があり、構図や細部へのこだわりなど共通点のある両監督の接点、因縁を感じます。

全体としては当時物の記事や紙データに特化した内容で、国外(そしてフランスでもパリ以外)では入手の難しい情報が一冊に集約されています。ジャッセ作品の背景理解だけではなく普通に読み物として読んでも楽しめる特集号でした。

[出版年]
1992年10月

[出版者]
仏映画史研究協会(l’Association française de recherche sur l’histoire du cinéma/AFRHC)

[ページ数]
192

[サイズ]
14.5 × 21.5 cm

ドリス・ケニヨン Doris Kenyon (1897 – 1979)

「 合衆国・カナダ・オーストラリア [USA/Canada/Australia]」より

Doris Kenyon Autographed Photo
Doris Kenyon Autographed Photo

映畫界の人となつたのはウォールド會社に這入つたのが最初で、その第一回の作品は「運命の質物」であつた。その他同社で撮影したものには「女皇」を初めとして「海の波」「人生の饗宴」「活動の情話」などがある。昨年の夏キネマ倶樂部に上場された「海の乙女」は、一千九百十六年に、カーライル・ブラックウェル氏と共演したものである。これは當時インターナショナル會社に依つて、同社のゴールデン・イーグル・シリーズの第三篇として公開された。

その後シェルドン・ルイス氏やアイレン・ブレテー嬢などと合同して、ホアートン氏の監督の下に働いたが、「隠れた手」を撮影するに及んで、一躍して人氣俳優の列に加はる事になつた。

自己所有の獨立會社ド・ルークス映畫會社を起こしてからは、嬢の評判は益々昂くなつたが、その第一回の作品は、サタデー・イヴニング・ポストに連載されたメリー・ロバーツ女史の小説を脚色した「七星の町」であつた。その映畫を製作すると間もなく、第二回目の作品として「青い月の宿」を撮影した。

『活動名優寫眞帳』(花形臨時増刊、大正8年、玄文社)

1897年9月5日ニューヨーク州のシラキュース生れ。パッカー公立高等学校とコロンビア大学に學ぶ。舞台劇『パット姫』で役を得た後、フェイマス・プレイヤーズ社の『運命の質物』で無声映画に参入、すぐにエッセネイ社の『裁判にて』が続いた。特筆すべき出演作としては『隠れた手』『七星の町』『しののめ』『紙箱』に『青い月の宿』等がある。1918年の舞台では『リムジンの少女』主演を演じた。ケニヨン嬢は身長5尺5寸、體重は3貫、色白、褐色の髪と灰色がかった瞳を有する。

『銀幕名鑑』(ロス出版社、1920年)

Doris Kenyon was born in Syracuse, N.Y., Sept. 5, 1897 and was educated at Packer College Institute and Columbia University. Following an engagement in the legitimate stage production « Princess Pat » she began for the silent drama with Famous Players in « The Traveling Salesman, » which was followed soon after by an Essanay picture, « On Trial. » Her most notable pictures are « The Hidden Hand, » « The Great White Trail, » « Street of Seven Stars, » « Twilight, » « The Band Box » and « The Harvest Moon. » During the season of 1918 she had a leading part in the legitimate production « The Girl in the Limousine. » Miss Kenyon is five feet six inches high, weighs a hundred and twenty-five pounds, is light complexioned and has brown hair and gray eyes.

Who’s Who on the Screen (Ross Publishing Co., Inc. New York, 1920)

1918年に米のモーション・ピクチャー・マガジンが大規模な投票型の人気コンテストを行いました。翌年1月に五千票以上の票を獲得した方々の順位が発表されています。ここで105位だったのがドリス・ケニヨン。コンスタンス・タルマッジ(108位)、コリーヌ・グリフィス(131位)やナジモヴァ(167位)より上だったのは健闘と言えます。

Doris Kenyon in A Girl's Follie (1917)
1917年の『ガールズ・フォリー』より

初期の主演作(『ガールズ・フォリー』 A Girl’s Folly 1917年)では活発で多感な少女役を演じる機会が多かったようです。時代の流れにあわせて洗練を極め20年代も主役級の輝きを見せています。

[Movie Walker]
ドリス・ケニヨン

[IMDB]
nm0448987

[誕生日]
9月5日

[出身]
米(ニューヨーク州 シラキュース)

[撮影]
National N.Y.

[サイズ]
11.5 × 17.0cm

[コンディション]
B

ヴィルマ・バンキー Vilma Bánky (1901 – 1991)

「ハンガリー [Hungary]」より

Vilma Banky Autographed Postcard
Vilma Banky Autographed Postcard

二年前ヴィルマ・バンキーの名は映画フアンの間でも全く知られていなかった。オーストリアで数本の作品を撮っただけで、同国の監督数人だけがその才を高く評価していたのであつた。マックス・ランデ氏が仏監督ヴィオレ氏の元『曲芸王』を撮った時、地元の女優で見映えの良い者を探していてバンキー嬢の美しさと雅さの虜となつた。同嬢がヒロイン役に選ばれたのである。その後程なくして、バンキー嬢は『ポチョムキン』でジャン・アンジェロ氏と共演、同作は最近AGC社によって編纂された一作である。

ハンガリー出身の嬢の才は米映画会社の長の目に留まり、米国に招待されることと相成つた。かくしてバンキー嬢は航路ニューヨークへと向かったのである。ファーストナショナル社でロナルド・コールマン氏を相手に『ダーク・エンゼル』を取り上げた。モーリス・トゥールヌールの手になる一作である。

(「出づる星:ヴィルマ・バンキー」モンシネ誌1926年3月4日付211号)

Il y a deux ans, Vilma Banky n’était guère connue des cinéphiles; elle avait tourné quelques films en Autriche et seuls les metteurs en scène de ce pays avaient apprécié son talent. Lorsque Max Linder réalisa avec le metteur en scène français Violet Le Roi du Cirque, il chercha une jolie partenaire parmis les artistes locales et fut charmé par la beauté et la grâce de Vilma Banky. Cette dernière fut donc sa partenaire dans son film. A peu près à la même époque, Vilma Banky devint la partenaire de Jean Angelo dans Potemkine, l’oeuvre que l’Agence Générale Cinématographique a éditée récemment en France.

Le talent de cette jeune artiste, qui est Hongroise, fut remarqué par un directeur de firme américaine qui l’invita à venir tourner aux Etats-Unis. C’est ainsi que Vilma Banky s’embarqua pour New-York. Elle tourna un film à la First National l’Ange des Ténèbres (The Dark Angel) sous la direction de Maurice Tourneur.

Les Etoiles qui se lèvent : Vilma Banky
(Mon Ciné No 211, 4 Mars 1926)

ルドルフ・ヴァンチノの遺作『熱砂の舞』(1926年)の踊子役で世界中を夢中にさせ、その後もロナルド・コールマンとの共作(『夢想の楽園』)で初期映画史に確かな足跡を残した女優さん。ハリウッド映画界で初めて大成したハンガリー女優でもあります。

[IMDb]
nm0126566

[Movie Walker]
ヴィルマ・バンキー

[出身]
ハンガリー

[誕生日]
1月9日