1917-22 忘れじの独り花(33)ベルント・アルドー Bernd Aldor (1881 – 1950) 独

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Bernd Aldor c1920 Autographed Postcard
Bernd Aldor c1920 Autographed Postcard

1910年代後半に頭角を現してきたドイツ男優さんで、1916~18年頃のリヒャルト・オズヴァルト監督作品常連となりレオンティーン・キューンベルクリタ・クレルモントマンヤ・ツァッツェーワと共演、『ドリアン・グレイの肖像』などで主演を務めました。その後レックス映画社ではルプ・ピック監督の作品に出演、リア・イエンデ等のパートナーとして銀幕に登場しています。

kin-001_1919_9__1247_d-bernd-aldor-0003

kin-001_1919_9__1247_d-bernd-aldor-0004
スイス『キネマ』誌1919年第16号より『世界の鏡』(ルプ・ピック監督)広告

[IMDb]
Bernd Aldor

[Movie Walker]

[出身地]
オスマン帝国(コンスタンチノープル)

[誕生日]
3月23日

[データ]
Photochemie, Berlin. K.121. phot. von A. Binder, Berlin
8.6 × 13.5cm

1917-22 忘れじの独り花(29)ハンナ・リルケ Hanna Lierke (生没年不詳)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Hanna Lierke Autographed Postcard
Hanna Lierke Autographed Postcard

戦前ポーランド映画に功のあったダニー・カーデン(1884-1942)が最初に自身の映画社を立ち上げた際、その監督作で1918年頃デビューしたと思われる女優さん。

その後リヒャルト・オズヴァルトの映画社を経て、1920年からミュンヘンに拠点をおくバヴァリア映画社で大きな役を振られるようになっていきます。同社作品ではマンフレッド・ノア監督『賢者ナータン』(1922年)が良く知られていますが、ノア監督がその直前に撮った2部作『恐しき新婚旅行(Der heilige Hass)』でヒロイン役を演じていたのがハンナ・リルケさんでした。

Hanna Lierke in Der heilige Hass
『恐しき新婚旅行(Der heilige Hass)』でのハンナ・リルケ嬢

その後も小さなプロダクションに幾つか出演記録があるものの派手なスポットライトを浴びることはなく20年代中旬にフェイドアウトしていきました。

[IMDb]
Hanna Lierke

[Movie Walker]
ハンナ・リルケ

[出身地]
不明

[誕生日]
不詳

[データ]
Photochemie, Berlin. K.2494. phot. Atelier Walten, Berlin
8.7 × 13.6cm

1917-22 忘れじの独り花(27)リタ・クレルモント Rita Clermont (1894 – 1969) 独


「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Rita Clermont 1910s Autographed Postcard
Rita Clermont Autographed Postcard

1910年代初頭から地方の劇場で女優として訓練を積み、第一次大戦中に上京、映画女優としてのキャリアを踏み出しました。娘役として人気があり、当初の軽喜劇路線から次第にジャンルを広げ始めミステリー物やメロドラマ、ホラー作品にも進出していきました。デビュー当初はオスカー・メスター社と契約、その後ノイトラール社を拠点としていきますが、デクラ社やリヒャルト・オスヴァルト社など多くの映画社に出演記録があります。

Ririta Clermont 1917 Neutral Film Ad
1917年スイスの映画誌『キネマ』掲載のノイトラール社広告。
アスタ・ニールセンやレオンティーヌ・キューンベルグと並ぶ
稼ぎ頭だった様子が伝わってきます。
1921年頃を境に人気は下り坂となり、以後は脇役に回って1924年映画界を離れました。現在思い出される機会の少ない女優さんながらもヘッダ・ヴェルノンと並びドイツ映画が花開き始めた時期を支えた先駆者の一人でもあります。

[IMDb]
Rita Clermont

[Movie Walker]

[出身地]
ドイツ(レーゲンスブルク)

[誕生日]
3月4日

[データ]
Photochemie, Berlin. K.161. Bildnis von A. Binder, Berlin

[データ]
8.5 × 13.5cm

1917-22 忘れじの独り花(13)ペギー・ロンガルト(ロンガード) Peggy Longard (1896 – ?)

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Peggy Longard c1920 Autographed Postcard
Peggy Longard c1920 Autographed Postcard

1910年代末に女優デビュー、19年頃からメディアで名前を見かけるようになります。

Peggy Longard in 1919 Elegante Welt issue 14
エレガンテ・ヴェルト誌14号(1919 Elegante Welt)より

クレジットされていないものの1919年公開された『不思議な話』(Unheimliche Geschichten)に出演。コンラート・ファイトら男女優3名が悪魔に扮した背徳的な幻想譚です。後半に令嬢役で数カット登場している女性がペギーさんでした。

Peggy Longard in Unheimliche Geschichten (1919)
『不思議な話』(1919年, Unheimliche Geschichten)より

1921年に3部作『フォルチュナート』の女主人公に抜擢されましたが、同作はさほど話題にならず埋もれていきます。ペギー・ロンガルトも何がしかの理由でこの後映画界を離れてしまっています。実質的活動は三年ほどでした。

Die neue Kino-Rundscha 1921-01-29-21
ノイエ・キノ・ルントシャウ誌1921年1月29日号よりペギー・ロンガルト主演『フォルチュナート』3部作広告

[IMDB]
nm1800486

[Movie Walker]

[誕生日]
不明

[出身]
不明

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
« Ross » B.V.G. Berlin S.W. 68. Balász W30, Phot.

1917-22 忘れじの独り花(7)イルンガルド・ベルン Irmgard Bern

「フィア・エーマンス旧蔵サインコレクション」より

Irmgard Bern c1920 Autographed Postcard
Irmgard Bern c1920 Autographed Postcard

1920年、アスタ・ニールセンとコンラート・ファイトを主演にした映画『輪舞』(Der Reigen)が公開されました。一度は売春婦に身を崩しながらも人生を立て直そうと試みるヒロインをアスタ・ニールセンが演じ、そこに絡んでいく陰湿なヒモ男をファイトが演じた痴情物のメロドラマです。

物語の途中、アスタ・ニールセンは裕福な商人の家で子守の仕事を引き受けます。ところがこの商人がアスタに懸想し、無理矢理言い寄っていた所を奥さんに見つかり修羅場となっていきます。

Irmgrd Bern in Der Reigen
『輪舞』(Der Reigen、1920年)でのイルンガルド・ベルン
(有志による8ミリからのデジタル化)

夫に浮気され、発作を起こして急逝する奥さんの役で登場していたのがイルンガルド・ベルンでした。この前後(1919~21年)に映画出演の記録が多く『スフィンクスの謎』『愛の悲劇』など幾つかは日本でも公開されています。『スフィンクスの謎』でも主人公の許婚として登場しながら別な女性に奪われ病死する役どころでした。薄幸の麗人の位置づけでしょうか。

『輪舞』はスタッフの豪華さ(監督はリヒャルト・オズワルド)にも関わらず公開当時「並の出来映え」の評価。それでもニールセン/ファイトの共演作だったこともあり、戦後の西ドイツで8ミリ版が発売されていました。

[IMDB]
nm0075956

[Movie Walker]
イルンガルド・ベルン

[誕生日]
未詳

[出身]
不明

[サイズ]
9.0 × 14.0cm

[データ]
Verl. Herm. Leiser, Berlin-Wilm. 1094. Atelier Eberth Berlin.

アリィ・コルベルグ Ally Kolberg-Kay (? – ?) 独

「国別サインリスト ドイツ/オーストリア [Germany/Austria]」より

Ally-Kolberg-Kay03-m

1910年代初頭、ドイツ映画で最初に活躍した女性監督としてハンナ・ヘニング(Hanna Henning、1884–1925)が知られています。初期は「ブビ君(Bubi)」という悪戯少年を描いた喜劇で人気を得ていました。

『ブビ君嫉妬する』(1916年)や『彼女も男の子』(1917年)など同シリーズの常連女優としてスクリーンに登場してきたのがアリィ・コルベルグでした。

1917年頃からハンナ・ヘニングが子供向け喜劇を離れより複雑なドラマに向かう中でアリィ・コルベルグも役柄を広げ始め、1919年にはカール・ルデルマン社に移籍、「アリィ・コルベルグ劇映画シリーズ」の名で主演作の連作を発表し始めました。

Ally Kolberg Dramen-Serie (in Kinema, 1919)
スイスの『キネマ』誌に掲載された主演作シリーズ広告(1919年)

翌1920年がキャリアの頂点となり、カール・ハインツ・ベーゼやリヒャルト・オズヴァルト監督作品に出演。しかしこの年を境に出演歴が途切れています。この後に唯一クレジットされた映画では名が「Ally Kay-Bing」と変わっているため、結婚を機に引退したのではないかと言われています。

[IMDB]
Ally Kay

[誕生日]
不明

[出身]
不明

[コンディション]
B+

[メーカー]
Film Sterne

[サイズ]
13.5 × 8.5 cm

ダグニー・セルフェス Dagny Servaes (1894 – 1961) 独

『猫とカナリヤ』(1927年)で有名なパウル・レニ監督のデビュー作が『ハルト博士の日記』(1915年)です。美しい自然光に照らし出される2組の恋物語をレニは丁寧なカメラワークで追っていきます。

同作で主役を射止めたのが舞台畑のダグニー・セルファスでした。確実な演技力で評価されルビッチの『ファラオの恋』(1922年)やリヒャルト・オズワルドの『ドン・カルロスとエリザベート』(1924年)で地力を発揮していくことになります。